• twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

読むだけであなたの仕事が変わる 「強い文章力」養成講座

  • 紙版
  • 電子版

読むだけであなたの仕事が変わる 「強い文章力」養成講座

書籍情報

  • 紙版
  • 電子版
  • 川上 徹也:著
  • 定価:本体1,300円+税
  • 発行年月:2014年06月
  • 判型/造本:46並製
  • 頁数:224
  • ISBN:978-4-478-02709-7

内容紹介

なぜ、あなたの仕事は前に進まないのか? それは、「相手を動かすこと」を考えていないから! 情報があふれるこの時代、コミュニケーションにおいて「相手を動かす文章力」がないとスタート地点にも立てないのだ。ビジネスマンなら持っておかないとヤバい、文章力の身につけ方を実況講座で楽しく学ぶ!

目次・著者紹介詳細を見る▼

目次

はじめに

1限目 自分ごとにしてもらう「何を伝えるか」を探し当てよう

●1限目で学ぶこと

STEP 1 ペンを持つ前に、文章の目的を明確にする
文章を誰に向けて書くか? どういう場面で書くか? を理解する
誰もあなたの文章を読みたいと思っていない

STEP 2 3種類のWhat to sayを使いこなす
ファクト、メリット、ベネフィットを理解する
メリットとベネフィットの違いは、「自分ごと」にあり
ベネフィットには「ハッピー」がある
文章でいちばん大切なのは相手のハッピー

STEP 3 ベネフィットを見つけるために、相手の本音をさぐる
受け手の「本音」をつかむコツとは?
優秀な営業マンは一瞬でお客さんのインサイトを読み取る

●1限目で学んだこと

2限目 相手をゆさぶる「どう伝えるか」の基本を習得しよう

●2限目で学ぶこと

STEP 1 人を動かす強い文章を書くために必要なただ1つの大前提とは?
究極のカクテルパーティ効果〜「自分ごと」にしか人は反応しない
「文章の顔」を作る能力、『キャッチコピー力』をつける
「自分に関係ある」と思ってもらう方法

STEP 2 丸覚え! 「心をつかむ一行」のための基本3カ条 〜その1〜
見出し・タイトルの3つの基本
①パンチのある強い言葉を使う

STEP 3 丸覚え! 「心をつかむ一行」のための基本3カ条 〜その2〜
②相手の心にむりやりにでも「興味」をつくり出す

STEP 4 丸覚え! 「心をつかむ一行」のための基本3カ条 〜その3〜
③思わず口にしてしまうリズムや語呂を意識する

●2限目で学んだこと

3限目 相手の心をつかむ「どう伝えるか」の型を使おう

●3限目で学ぶこと

STEP 1 相手の心をつかむ型を丸覚えしてしまえ!〜その1〜
人の心をつかむ5つの型とは?
①ターゲットをぐっと絞って呼びかける

STEP 2 相手の心をつかむ型を丸覚えしてしまえ!〜その2〜
②問いかけて心の中で答えさせる

STEP 3 相手の心をつかむ型を丸覚えしてしまえ!〜その3〜
③びしっと言い切る

STEP 4 相手の心をつかむ型を丸覚えしてしまえ!〜その4〜
④具体的な数字を魅力的に入れる

STEP 5 相手の心をつかむ型を丸覚えしてしまえ!〜その5〜
⑤心の底から真剣にお願いする

●3限目で学んだこと

4限目 仕事は「言葉」で決まる人を動かす「文章術講座」

●4限目で学ぶこと

STEP 1 読んだ人が動きたくなるビジネス文章術
仕事を前に進ませるための文章術

STEP 2 相手を説得させる文章の書き方
アリストテレスの説得の3原則とは?
何を言ったかより、誰が言ったかの方が重要
なぜ、この「ビジネス文書」を取り上げるのか?

STEP 3 あなたのビジネス人生を左右するメール文章術
普段メールと勝負メールを書き分ける
勝負メールも、ロゴス、パトス、エトス
普段メールで距離を縮める

STEP 4 相手を本気にさせる企画書とは?
企画書はあなたのビジネスを切り拓く道具
企画書はタイトルが9割
企画書の序破急

STEP 5 メディアが思わず取り上げたくなるプレスリリース
プレスリリースに不可欠な要素とは?
プレスリリースの構成

●4限目で学んだこと

5限目 より深い共感を与える「ストーリー」を加えよう

●5限目で学ぶこと

STEP 1 ストーリーで書くことの基本
なぜこのタイトルだとテレビを見たくなるのか?
ストーリーはどのような文章に有効か?
プレスリリースにストーリーを取り入れる
ストーリーの肝は「人」
「ストーリー」を使うメリット
覚えておくべき「序破急」の構成

STEP 2 「ストーリーの黄金律」で大きく心を揺さぶる
人類共通の感動のツボ 「ストーリーの黄金律」とは?
自己PR文でも使える「ストーリーの黄金律」

STEP 3 ストーリー・ブランディングの「3本の矢」とは?
情報の価値を「見える化」する

●5限目で学んだこと

おわりに

特別付録1 How to say(どう伝えるか)の型 厳選36

特別付録2 思わず買いたくなるセールス文章7つの型

      チラシ、商品紹介、ECサイト、メルマガ、DMなどで有効

特別付録3 「心を動かす文章」を書きたい時の7つの型

      就職、転職、ブログ、社内報、SNS、メルマガなどで有効








著者

川上徹也(かわかみ・てつや)
コピーライター/湘南ストーリーブランディング研究所代表
広告でのコピーライティングにとどまらず、「経営理念」「スローガン」「制度名」「プロジェクト名」などの「言葉」を変えることで、会社や団体の業績を伸ばすのが仕事。
大阪大学人間科学部卒業後、大手広告代理店を経て独立。サントリー、ENEOS、ロート製藥、トヨタ自動車、KDDI、コクヨなど50社近くの企業の広告制作に携わる。東京コピーライターズクラブ新人賞、フジサンケイグループ広告大賞制作者賞、広告電通賞、ACC賞など受賞歴は15回以上。並行して、舞台・ドラマ・ゲームソフトなどの脚本も手がける。2008年より作家としても活動。ロングセラーになっている『キャッチコピー力の基本』(日本実業出版社)ほか現在までに17冊の本を出版している。
このような仕事を通じて「文章の強い/弱い」がビジネスの成否を決めることを痛感。普通のビジネスパーソンに向けての「強い文章力の養成」に力を入れることを決意。宣伝会議クリエイティブライティング講座講師をはじめ、全国各地での講演や講座で「強い文章力」の重要性を説いている。
今後は、ビジネスにとどまらず、色々な分野の「言葉を変える」ことで「社会を変える」「世界を変える」ことを目指している。
信条は、「言葉が変われば世界が変わる」。

プリント版書籍は下記のストアでご購入いただけます。
  • Amazon で購入
  • e-hon で購入
  • HMV&BOOKS online で購入
  • 紀伊国屋BookWeb で購入
  • セブンネットショッピング で購入
  • TSUTAYAオンラインショッピング で購入
  • BOOKFAN で購入
  • honto で購入
  • Honya Club で購入
  • ヨドバシカメラ で購入
  • 楽天ブックス で購入

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるためお取り扱いがない場合がございます。)

電子書籍は下記のサイトでご購入いただけます。

(デジタル版では、プリント版と内容が一部異なる場合があります。また、著作権等の問題で一部ページが掲載されない場合があることを、あらかじめご了承ください。)

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック