• twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

だから、また行きたくなる。

伝説の外資系トップ営業が教える「選ばれるサービス」の本質

  • 紙版
  • 電子版

だから、また行きたくなる。

伝説の外資系トップ営業が教える「選ばれるサービス」の本質

書籍情報

  • 紙版
  • 電子版
  • 川田 修 著
  • 定価:本体1,500円+税
  • 発行年月:2018年07月
  • 判型/造本:46並製
  • 頁数:256
  • ISBN:978-4-478-06843-4

内容紹介

伝説の外資系トップ営業が「リピートや紹介を生む法則」と「お客さまに選ばれ続けるサービスの絶対法則」を50の写真付事例で解き明かす。読んでワクワク、すぐに自分の仕事で実践したくなる「体験型」のビジネススキル本。営業、販売、飲食など「接客」に携わるすべての人に今すぐ役立つ!

目次・著者紹介詳細を見る▼

目次

少しだけ違う「何か」に気づきますか?

はじめに なぜ、お客さまは1つの商品を「選ぶ」のか?

第1章 Chapter1 なぜ、あのお店は「選ばれる」のか?

松の葉に込められた「おもてなし」とメッセージ
「安心」と「信頼」を感じた体重計カバー
「お客さまのお客さま」を気遣う緩衝材
「身体を冷やさない」を徹底する小さな毛布
受け取る人の気持ちを考えたお礼状
売れるか、売れないかは「商品の差」ではない
「自分が買う」と「誰かに紹介する」の間にあるもの
「小さな感動」が人を集める

第2章 Chapter2 「普通の仕事」をほんの少し超える方法 ── 「レベル10」「レベル11」という考え方

お客さまの頭の中には「普通」の基準がある
「普通」をほんの少し超えるだけで、心は動く
「やったほうがいいこと」をやってみる
「みんなと同じ」では選ばれない
まずは自分の職業の「レベル10」を知る
「印鑑を押した領収書」をどう渡すか?
味噌汁の「おかわり」をどう提供するか?
朝食のスクランブルエッグを、より美味しく食べてもらう工夫
アイスコーヒーをどのグラスに入れるか?
ゴルフのキャディが「ふつう、やらないこと」

第3章 Chapter3 「先味」「中味」「後味」 ── お客さまの心を動かす3つのステージ

お客さまの心を動かす「3つの味」
商品「だけ」を売っても、選ばれない
先味・中味・後味が、あなたのファンをつくる
 先味=商品やサービスに触れる前に感じるもの
 中味=商品やサービスそのものに触れているときに感じているもの
 後味=商品の魅力を味わった後に感じるもの

「先味・中味・後味 × レベル11」 事例その1「大阪の老舗ホテル」
 【先味】部屋に入ってくるポーターさんが……
 【中味】洗面台の椅子に……
 【後味】ドアが閉まっているのに……

「先味・中味・後味 × レベル11」 事例その2「白金の小料理屋」
 【先味】入口の看板の「ひと言」
 【中味】タンシチューのあとで
 【後味】徹底した「トイレ掃除」

私が実践している「ちょっとしたこと」
 【先味】かばんはハンカチの上に置く
 【中味】必要のない商品を売らない
 【後味】「はい、◯◯さん、川田です」

第4章 Chapter4 みんなの周りにある「3つの味」

先味 4つの事例
 【先味1】喜ばざるをえない記念品
 【先味2】つい開けてしまった不動産会社のDM
 【先味3】自然と笑顔になれたカメラマンの「鏡」
 【先味4】欲しい情報がどんどん集まるたった1枚の貼り紙

中味 6つの事例
 【中味1】逆さまに字を書く本当の意味
 【中味2】非日常を演出する日本の宿の「おもてなし」
 【中味3】地球の裏側の「おもてなし」
 【中味4】「ありがとう」は連鎖する①
 【中味5】「ありがとう」は連鎖する②
 【中味6】「ありがとう」は連鎖する③

後味 3つの事例
 【後味1】「お見送り」だけでお客さまが急増した歯医者さん
 【後味2】3つ星レストランを支える「味以外」のこだわり
 【後味3】また乗りたいと思ったタクシーの「おつり受け」

第5章 Chapter5 心が動かされる場所に隠された秘密

「社長」の肩書きがないネームプレート
「考える人」と「やる人」が同じ自動車販売会社
「考え方」を褒めるゴミ清掃会社
全員が「責任者」になる飲食チェーン
超大企業も「考え方」1つで変わる
プルデンシャル生命がコマーシャルを打たない理由

終章 Epilogue あなたは、明日から何を始めますか?

仕事で「小さな感動」を生み出す研修プログラム
この研修によって、2か月後に変わること

「おわりに」にかえて ──





著者

川田修(かわだ・おさむ)
プルデンシャル生命保険株式会社エグゼクティブ・ライフプランナー。1966年東京都墨田区生まれ。慶應義塾志木高等学校、慶應義塾大学法学部卒業。小学校5年から大学4年までサッカー漬けの生活を送り、1989年株式会社リクルート入社。入社から退職まで96カ月のうち、月間目標を95カ月達成。部署最優秀営業マン賞を数回、全社年間最優秀営業マン賞を受賞。
1997年プルデンシャル生命保険株式会社入社、営業職の最高峰であるエグゼクティブ・ライフプランナーに昇格。その年の年間営業成績(2001年度の社長杯)でトップとなり、全国約2000人中の1位のPT(President’s Trophy)を達成。現在は、エグゼクティブ・ライフプランナーとして活動するかたわら、「保険」だけでなく「本当の顧客満足とは」「紹介をしてもらえる営業」「お客様に感動を与える営業」などをテーマに企業からの講演・研修依頼を年に40回程度受けるなど、営業のプロフェッショナルとして多彩な活動を行う。保険営業や講演・研修を通して、これまで1000人以上の経営者と出会い、約800社の企業を訪問してきた。
主な著書に『かばんはハンカチの上に置きなさい』『僕は明日もお客さまに会いに行く。』(以上、ダイヤモンド社)、『仕事は99%気配り』(朝日新聞出版)、『「営業の仕事」についてきれいごと抜きでお話しします』(三笠書房)、『一流の営業マンはなぜお客様から何度もゴルフに誘われるのか』(PHP研究所)などがある。

プリント版書籍は下記のストアでご購入いただけます。
  • Amazon で購入
  • e-hon で購入
  • HMV&BOOKS online で購入
  • 紀伊国屋BookWeb で購入
  • セブンネットショッピング で購入
  • TSUTAYAオンラインショッピング で購入
  • BOOKFAN で購入
  • honto で購入
  • Honya Club で購入
  • ヨドバシカメラ で購入
  • 楽天ブックス で購入

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるためお取り扱いがない場合がございます。)

電子書籍は下記のサイトでご購入いただけます。

(デジタル版では、プリント版と内容が一部異なる場合があります。また、著作権等の問題で一部ページが掲載されない場合があることを、あらかじめご了承ください。)

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック