• twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

入門 考える技術・書く技術【スライド編】

  • 紙版
  • 電子版

入門 考える技術・書く技術【スライド編】

書籍情報

  • 紙版
  • 電子版
  • 山﨑康司 著
  • 定価:本体1,500円+税
  • 発行年月:2016年11月
  • 判型/造本:A5並製
  • 頁数:164
  • ISBN:978-4-478-10147-6

内容紹介

スライド/パワポというと、ビジュアルが重視されがちです。しかしプレゼンでも社内報告でも、肝心なのは、説明した場でウケるだけでなく、単体で「報告書」として通用するかどうかです。
バーバラ・ミントの「ピラミッド原則」を使って、ロジカルで説得力のあるプロフェッショナルのスライド作成法を指南します。

目次・著者紹介詳細を見る▼

目次

はじめに

序章 スライド作成の誤解

   スライド作成にありがちな誤解とは何か?

わかりにくいスライドが氾濫する
  これほどの枚数で、言いたいことはこれだけか?
  結局、何を言いたいのか?
  どうしてこんな結論になるのか?

スライド作成に誤解あり
  5分でOKが取れるプレゼン資料?
  あなたに求められるスライドとは?

スライド・レポートの基本は「考えの構成」にある

第1章 スライド・レポートとは何か?

    「スライド・レポート」と「プレゼン資料」の違いを知る

スライド・レポートとは
  スライド・レポートとプレゼン資料
  スライド・レポートの原則

ピラミッドからスライド・レポートへ
  ピラミッドの作成
  ピラミッドから文書レポートへ
  ピラミッドからスライド・レポートへ

1章の終わりに
  1章サマリー
  よくある質問

第2章 スライド・メッセージの鉄則

    一瞬で自分の考えが伝わるようにする

スライド・メッセージの表現
  スライド・メッセージの表現ルール
  スライド・メッセージの表現フォーマット
  スライド・メッセージ事例

スライド・メッセージとサポート・データの関係
  So What?(それで何が言いたいのか)
  実際の作業はトップダウンで

例外スライド
  例外1:メッセージがないスライド
  例外2:2つのメッセージがあるスライド

2章の終わりに
  2章サマリー
  よくある質問

第3章 サポート・データの要点

    図表/グラフで読み手(聴衆)を引きつける

文章データ
  箇条書きデータのメリット
  箇条書きのルール
  文章データの図表化

グラフィック・データ
  グラフィック・データのメリットとデメリット
  グラフィック作成の3原則
  グラフとメッセージ

サポート・データ作成のルールとエチケット
  データ・タイトル
  複数のサポート・データの配置
  グラフィック・データの補足説明
  出典の記載

3章の終わりに
  3章サマリー
  よくある質問

第4章 スライド・レポートの構成

    「表紙」から「結び」まで基本フォーマットを知る

表紙のルール

目次/章見出し/ゴースト
  目次
  章見出し
  ゴースト

導入部
  導入部とピラミッド
  導入部の内容
  導入部事例
  導入部と序文

結び
  今後のステップ
  決意の言葉など

4章の終わりに
  4章サマリー
  よくある質問

第5章 ストーリーラインの完成

    ロジックを壊さず読み手を引き込むように展開させる

ストーリー展開の方針
  OPQ、ピラミッドの再チェック
  読み手(聴衆)の姿勢チェック
  主メッセージを冒頭に置くか、最後に置くか

ストーリーボード
  ストーリーボード例1:トップダウン型
  ストーリーボード例2:ボトムアップ型(重複回避)

ストーリーライン最終チェック
  ストーリーラインのチェック
  追補の活用

5章の終わりに
  5章サマリー

終章 事例研究

   「A社買収ケース」事例に学ぶ

A社買収事例

巻末資料 ピラミッド・レビュー

ピラミッド原則
  ステップ1:「書く」前に「考える」
  ステップ2:「考える」プロセスを標準化する

ピラミッドの基本パターン
  考えの種類、考え構成の種類
  ピラミッドの基本3パターン
  その他のパターン






著者

山㟢康司(やまさき・こうじ)
隗コンサルティングオフィス株式会社代表。豊富な経営コンサルティング経験をもとに、様々な大企業にて『考える技術・書く技術』関連の教育・研修を実施している。著書に『入門 考える技術・書く技術』『オブジェクティブ&ゴール』『P&Gに見るECR革命』、訳書に『考える技術・書く技術』『不合理のマネジメント』『仕事ストレスで伸びる人の心理学』『正しいこと』など。 1980年ペンシルベニア大学ウォートン・スクール卒業(MBA)、1976 年東京大学建築学科卒業。福岡県出身

プリント版書籍は下記のストアでご購入いただけます。
  • Amazon で購入
  • e-hon で購入
  • HMV&BOOKS online で購入
  • 紀伊国屋BookWeb で購入
  • セブンネットショッピング で購入
  • TSUTAYAオンラインショッピング で購入
  • BOOKFAN で購入
  • honto で購入
  • Honya Club で購入
  • ヨドバシカメラ で購入
  • 楽天ブックス で購入

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるためお取り扱いがない場合がございます。)

電子書籍は下記のサイトでご購入いただけます。

(デジタル版では、プリント版と内容が一部異なる場合があります。また、著作権等の問題で一部ページが掲載されない場合があることを、あらかじめご了承ください。)

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック