• twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

幸福の「資本」論

あなたの未来を決める「3つの資本」と「8つの人生パターン」

  • 紙版
  • 電子版

幸福の「資本」論

あなたの未来を決める「3つの資本」と「8つの人生パターン」

書籍情報

  • 紙版
  • 電子版
  • 橘玲 著
  • 定価:本体1,500円+税
  • 発行年月:2017年06月
  • 判型/造本:46並製
  • 頁数:280
  • ISBN:978-4-478-10248-0

内容紹介

「ひとは幸福になるために生きているけれど、幸福になるようにデザインされているわけではない」「金融資産」「人的資本」「社会資本」という3つの資本の意味と、その組み合わせによって生まれる8つの人生パターンを解説し、あなたが目指すべき「幸福な人生」を考えます。

目次・著者紹介詳細を見る▼

目次

Prologue あなたがいまここに存在することがひとつの奇跡

Part0 「お金持ち」と「貧乏人」の三位一体幸福論

Chapter1 幸福の3つのインフラ
幸福の3つのインフラ/「資本」と「資産」はコインの裏表/金融資本と金融資産/人的資本と社会資本

Chapter2 「最貧困」から人生を考える
リア充とプア充/デフレ化するセックス/風俗で働く高学歴女子大生/貧困への「3つの障害」

Chapter3 人生の8つのパターン
幸福の製造装置

Part1 自由のための金融資産

Chapter4 お金と幸福の関係
「市場原理主義者」からの問い/誰でも億万長者になれる残酷な時代/サラリーマンが生涯に払う「税金」は1億円/お金が増えても幸福にはなれない?

Chapter5 マイナス金利の世界
市場は複雑系/資本主義ってなんだろう?/やせほそる金融資産/日本が破産したらどうする?

Part2 自己実現のための人的資本

Chapter6 人的資本は「富の源泉」
ダイエットで自己実現できる理由/経済合理的に倹約する/ノーベル賞学者の人的資本理論/20代で5500万円の人的資本/自己実現という「聖杯」/かけがえのない自分になること

Chapter7 クリエイティブクラスとマックジョブ
リベラル化する世界/トランプ現象はリベラル化への反動/知識社会に適応できなければ脱落する/クリエイティブクラスとマックジョブ/月並みの国と果ての国/ブラックスワンを夢見て/マックジョブに自己実現はあるのか

Chapter8 サラリーマンという生き方
仕事で自己実現を目指してはいけない/働くために生きているのかわからなくなってからが人生/ジョブ型とメンバーシップ型/ネットオークションが善人をつくる?/ポジティブゲームとネガティブゲーム/電気ショックを与えられたイヌ/長時間労働はうつ病の原因ではない/日本では医者もサラリーマン/「身分差別社会」日本/日本人は会社が大嫌い/会社への信用も労働生産性も先進国で最低/それでも若者は「優遇」されている/日本的雇用のメリットと末路

Chapter9 オンリーワンでナンバーワンの戦略
優秀なバイオリニストは個人学習から/スペシャリストになるには/ゾウリムシに競争戦略を学ぶ/弱者の3つの戦略/会社はなぜすべてを支配しないのか?/組織の取引コストは市場より大きい/大企業からはイノベーションは生まれない/アウトソーシングされるイノベーション/フリーエージェントへの道

Chapter10 超高齢社会の唯一の戦略
日本人は何歳まで生きるか?/「老後問題」とは老後が長すぎること

Part3 幸福のための社会資本

Chapter11 友だちとはなんだろう?
3つの世界/友情の核は平等体験/「市場の倫理」と「統治の倫理」/「人殺し」は政治空間でしか起こらない/愛情に包まれた億万長者は物語のなかにしかいない

Chapter12 個人と間人
日本語に混乱する日本人/「日本化」するアメリカ人/アメリカの過労死/日本的経営で変容するアメリカ企業/カルト宗教の洗脳?/搾取されるやりがい/日本の閉塞感の正体

Chapter13 うつは日本の風土病なのかうつとセロトニン/遺伝子によって未来がわかる?/うつ病になりやすいひとがもっとも楽天的?/日本人はもっと幸福になれる

Chapter14 幸福になれるフリーエージェント戦略
フットサルのルールは一人参加/高校生のセックス相関図/幸福は伝染する/煩悩から自由になった「ソロ充」/公務員とフリーエージェント/フリーエージェントという戦略/「幸福な人生」の最適ポートフォリオ

Chapter15 「ほんとうの自分」はどこにいる?

Epilogue それでも幸福になるのは難しい

マイケルは幸福だったのか/幸福と逆境の不都合な関係

あとがき





著者

橘玲(たちばな・あきら)
作家。2002年、金融小説『マネーロンダリング』(幻冬舎文庫)でデビュー。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』(幻冬舎)、『日本の国家破産に備える資産防衛マニュアル』『橘玲の中国私論』(以上ダイヤモンド社)『言ってはいけない 残酷すぎる真実』(新潮新書)などがある。メルマガ『世の中の仕組みと人生のデザイン』配信やダイヤモンド社との共同サイト『海外投資の歩き方』など精力的に活動の場を広げている。

プリント版書籍は下記のストアでご購入いただけます。
  • Amazon で購入
  • e-hon で購入
  • HMV&BOOKS online で購入
  • 紀伊国屋BookWeb で購入
  • セブンネットショッピング で購入
  • TSUTAYAオンラインショッピング で購入
  • BOOKFAN で購入
  • honto で購入
  • Honya Club で購入
  • ヨドバシカメラ で購入
  • 楽天ブックス で購入

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるためお取り扱いがない場合がございます。)

電子書籍は下記のサイトでご購入いただけます。

(デジタル版では、プリント版と内容が一部異なる場合があります。また、著作権等の問題で一部ページが掲載されない場合があることを、あらかじめご了承ください。)

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック