• twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

「自分だけの答え」が見つかる 13歳からのアート思考

  • 紙版
  • 電子版

「自分だけの答え」が見つかる 13歳からのアート思考

書籍情報

  • 紙版
  • 電子版
  • 末永 幸歩 著
  • 定価:本体1,800円+税
  • 発行年月:2020年02月
  • 判型/造本:46並
  • 頁数:344
  • ISBN:9784478109182

内容紹介

こんな考え方…あったのか!! 論理もデータもあてにならない時代…【マティス/ピカソ/カンディンスキー/デュシャン/ポロック/ウォーホル】20世紀アートを代表する6作品だけで「アーティストのように考える方法」が手に入る! 700人超の中高生たちを熱狂させた人気授業が書籍化!!

目次・著者紹介詳細を見る▼

目次

PROLOGUE 「あなただけのかえる」の見つけ方

私たちは「1枚の絵画」すらもじっくり見られない
大人が《睡蓮》のなかに発見できないもの
「中学生が嫌いになる教科」…第1位は「美術」!?
美術はいま、「大人が最優先で学び直すべき教科」
「13歳」に戻って、思考OSをアップデートする

ORIENTATION アート思考ってなんだろう ── 「アートという植物」

つい私たちが見落とすこと ── タンポポの思考実験
アート思考を構成する「3つの要素」
「地下世界の冒険」に夢中な人たち ── 真の「アーティスト」
アート思考と似て非なるもの ── 「花職人」という道
「アート的な考え方」を体現した「知の巨人」
誰もが“アーティストのように”考えた経験がある
「正解を見つける力」から「答えをつくる力」へ
なぜ6つの「20世紀アート作品」なのか?

CLASS1 「すばらしい作品」ってどんなもの? ── アート思考の幕開け

「すばらしい自画像」を描いてみてください
「すばらしい絵」をどう選ぶのか?
「20世紀アートを切り開いた絵」は本当にうまい?
アウトプットは「鑑賞の質」を高める
妻の「公開処刑」ともいえる肖像画
「ルネサンス画家」と「20世紀アーティスト」の違い
「花職人」が目指していた「ゴール」とは?
アート界の秩序を破壊した「あるもの」
なんのために「緑の鼻すじ」を描いたのか?
「答えが変化すること」を前提にした考える技術

もう1つの視点 答えがないのに、なぜ考えるのか?

作品が稚拙なのは、技術が未熟だから?
「目に映る世界の模倣」だけが「再現」ではない

CLASS2 「リアルさ」ってなんだ? ── 目に映る世界の“ウソ”

できるだけ「リアルに」サイコロを描いてみる
「アート史上最も多作」なアーティストの代表作
「ピカソの絵にダメ出し」をしてみる
正確無比な遠近法に隠された「ウソ」
人間の視覚の頼りなさ
「模倣」ではなく「再構成」
写実的な絵画は「非現実的」である

もう1つの視点 あり得ないポーズのリアルな男たち

「鑑賞されること」を想定していない絵
「牛乳を注ぐ女」は主人の役に立てない

CLASS3 アート作品の「見方」とは? ── 想像力をかき立てるもの

「いったい、どこをどう見ればいいの?」
「どこから/そこからどう思う?」の問いで深める
「親子のクジラ」が見えますか?
「無性に惹かれる絵」を生み出す方法
アート鑑賞には「2種類のやりとり」がある
音楽を聴くとき私たちがしていること
「アートという植物」を育てるもの

もう1つの視点 「作品とのやりとり」を促すもの

なぜこんなに「情報量」に差があるのか
朝顔を摘み取ることで、そこに生まれたもの
《松林図屏風》の前に座ると、なにが起こるのか

CLASS4 アートの「常識」ってどんなもの? ── 「視覚」から「思考」へ

どこまで「常識」を脱ぎ捨てていくのか
「アートに最も影響を与えた20世紀の作品」第1位
まずは視覚だけを使う
便器を選んでサインをし、《泉》と名づけただけ
世の中を騒がせた問題作
便器を鑑賞するなんて、よほどの物好き
「この便器にもサインをしてください」
「視覚」から「思考」への最後の“ダメ押し”

もう1つの視点 デュシャン顔負けの「問題作」の茶碗

「シンプル」というよりは「お粗末」な茶碗
茶室空間から「逆算」し考えつくされた作品

CLASS5 私たちの目には「なに」が見えている? ── 「窓」から「床」へ

「気づかれていない共通点」がまだどこかにある
歴代5番目の超高額で取引されたアート作品
一風変わった描き方の先にあるもの
じつは見えていない ── 「窓」と「床」の思考実験
《ナンバー1A》が私たちに見せようとしているもの
絵画が初めて「絵画そのもの」になった瞬間

もう1つの視点 絵画のとらえ方は無数にある

「小さなアーティスト」を困惑させた問い
身体の動きを受け止める「舞台」

CLASS6 アートってなんだ? ── アート思考の極致

「どこまでがアート?」という問題
ポップなデザインの不思議な木箱
「台所洗剤」がなぜアート作品といえるのか
税関ではじかれ、カナダ行きを断念…
「なぜコピーを?」「簡単だったから」
アートという「神聖な城」は、どこにある?

もう1つの視点 「城壁」が消えた時代の美術館

「城」がないなら「貴族」かどうかは関係ない
「城壁」が消えたいま、美術館にできること

EPILOGUE 「愛すること」がある人のアート思考

「ただアーティストがいるだけ」
正解を導くだけの人、問いそのものを生む人
「愛すること」がある人は、何度も立ち直れる

おわりに



作品情報

参考文献

〔“大人の読者”のための解説〕「知覚」と「表現」という魔法の力(佐宗邦威)

[実践編]アート思考の課外授業!





著者

末永幸歩(すえなが・ゆきほ)
美術教師/東京学芸大学個人研究員/アーティスト
東京都出身。武蔵野美術大学造形学部卒業、東京学芸大学大学院教育学研究科(美術教育)修了。
東京学芸大学個人研究員として美術教育の研究に励む一方、中学・高校の美術教師として教壇に立つ。現在は、東京学芸大学附属国際中等教育学校で教鞭をとっている。
「絵を描く」「ものをつくる」「美術史の知識を得る」といった知識・技術偏重型の美術教育に問題意識を持ち、アートを通して「ものの見方を広げる」ことに力点を置いたユニークな授業を展開。生徒たちからは「美術がこんなに楽しかったなんて!」「物事を考えるための基本がわかる授業」と大きな反響を得ている。
彫金家の曾祖父、七宝焼・彫金家の祖母、イラストレーターの父というアーティスト家系に育ち、幼少期からアートに親しむ。自らもアーティスト活動を行うとともに、内発的な興味・好奇心・疑問から創造的な活動を育む子ども向けのアートワークショップ「ひろば100」も企画・開催している。本書が初の著書となる。

プリント版書籍は下記のストアでご購入いただけます。
  • Amazon で購入
  • e-hon で購入
  • HMV&BOOKS online で購入
  • 紀伊国屋BookWeb で購入
  • セブンネットショッピング で購入
  • TSUTAYAオンラインショッピング で購入
  • BOOKFAN で購入
  • honto で購入
  • Honya Club で購入
  • ヨドバシカメラ で購入
  • 楽天ブックス で購入

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるためお取り扱いがない場合がございます。)

電子書籍は下記のサイトでご購入いただけます。

(デジタル版では、プリント版と内容が一部異なる場合があります。また、著作権等の問題で一部ページが掲載されない場合があることを、あらかじめご了承ください。)

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック