• twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

知覚力を磨く

絵画を観察するように世界を見る技法

  • 紙版
  • 電子版

知覚力を磨く

絵画を観察するように世界を見る技法

書籍情報

  • 紙版
  • 電子版
  • 神田 房枝 著
  • 定価:本体1,800円+税
  • 発行年月:2020年10月
  • 判型/造本:A5変並
  • 頁数:264
  • ISBN:9784478111628

内容紹介

目のつけどころがいい人は世界をどう観ているか? データ予測、意思決定、創造的思考……あらゆる知的生産の土台となる「見えないもの」を観る力——。メトロポリタン美術館、ボストン美術館で活躍し、イェール・ハーバード大で学んだ著者が明かす、全米100校で採用された知覚力トレーニング

目次・著者紹介詳細を見る▼

目次

はじめに 観ているつもりで、見えていない私たち

第1章 すべては知覚からはじまる

    ── あなただけが観ている世界

私たちが見ている「個人的な世界」のポテンシャル
新しいものは「誰かの主観」から生まれる
「『すべてが何か違う』と感じるところを私は気に入った!」
「集められた知覚」が持つ爆発力
「グラスの水」からドラッカーが導き出した意味
主観的な決断は“いい加減”なのか?── LEGOのデータ分析
データ時代に問われるのは、マネジャーの「人間観」
「感じ方」を磨くと、「学び方」も磨かれる
知覚は「コントロール」できない ── 知覚と思考の差異
歴史を塗り変えた日本人の知覚 ── セイコーの「クオーツ革命」
思考力が優れているのに、なぜ活躍できない?

第2章 観察する

    ── 知覚力の源泉

知覚力を磨く「最も確実な方法」とは?
なぜ「独学者ダ・ヴィンチ」は、圧倒的な業績を残せたのか?
『手稿』から見えてくる「知覚重視」の痕跡
「よく観ること」への異常なこだわり
「肉眼での観察力」が「アイディアを観る力」につながる
リベラルアーツとは「幅広い教養の習得」ではない

第3章 見えない世界を観る

    ── マインドアイの系譜

私たちの眼は「検索モード」にとらわれている
「ゴリラ」を見落とすとき、何が起きていたのか?
「目的なく見る力」が価値を持ちはじめた
「発見」にとらわれない見方が「発見」を導いた
AIの眼はいまだに「サルと人間」を見分けられない
「人間の眼」と「機械の眼」の圧倒的な差
「知覚する脳」はコントロールできない ── 「見る」の弱点
最新脳科学とプラトンが見抜いた「真実をとらえる眼」
洞窟のなかで「見えないもの」を観てみよう
あなたのマインドアイは、どれくらい観えているか?
アインシュタインの「絵」で考える力

第4章 何を観るか

    ── 絵画を観察するように世界を見る技法

クロサワの圧倒的な「視覚的ストック」
「得体の知れない作品」を前にした美術史学者のように
ノーベル賞受賞者の9割以上が「アート愛好者」
経営者のアート収集は、単なる道楽ではない
生まれつき「絵を観るように」世界を見ている人たち
たった3時間で「診断する力」が13%向上する
ハーバード大も導入、アートを使った観察力トレーニング
なぜ絵画でなければならないのか── 3つのメリット
「よく観た」と言える時間は、いったいどれくらい?
あなたの観察力を試してみよう
「細部をじっくりと観る」では不十分 ── ホームズの17段の階段
私たちの知覚力を奪う「敵」とは?
「ラベルなしに観る感覚」をつかむ

第5章 どう観るか

    ── 知覚をブーストする4つの技術

細部にとらわれない人は、眼球をどう動かしている?── 技術①
マインドアイで「具体性に満ちた全体」をとらえる
ドラッカーが日本美術のコレクターだった理由
マネジャーは「水墨画」のように組織をとらえよ
複雑な世界に立ち向かう「組織的観察」── 技術②
レクサスを生んだ「トヨタの観察」
ブラインドスポットには「宝」が眠る ── 技術③
御社は「周縁部での変化」を見落としていないか?
イノベーターは「見えないつながり」を観る ── 技術④
絵を観るだけで「関連づける力」が高まる

第6章 知覚する組織へ

    ── リベラルアーツ人材の時代

共感力とは「自分の知覚を超える能力」である
「初対面の人の心」も知覚できるようになる
マッキンゼーの人材開発でも「絵画」が用いられている
なぜアップルの研修では、ピカソを観るのか?
オフィスに絵画を飾る意味
OODAループやデザイン思考も「観察」からスタートしている
どんな観察が「イノベーティブな組織」を生むのか?
トヨタ流・知覚力の磨き方── 「現地現物」
クルマの組み立てがうまいのはどっち?── 人間VS.ロボット
組織はリベラルアーツ化していく ── ジョブズの予言
企業は「教養ある知識人」など求めていない
テクノロジー部署以外にも「スター」が隠れている
グローバル企業のトップに多い「リベラルアーツ専攻」

終章 さあ、曖昧な世界「答え」をつくろう

   ── The Age of Perception

おわりに 太古に「未来」を知覚する

謝辞





著者

神田房枝(かんだ・ふさえ)
法人教育コンサルタント/美術史学者
ダヴィンチ研究所ディレクター

埼玉県さいたま市出身。日本航空に勤務し、同社を留学のため退職後、イェール大学大学院にて美術史学博士号取得。在学中にニューヨーク・メトロポリタン美術館でキュレーターアシスタントを務める。その後、ハーバード大学ポストドクトラルフェロー、ボストン大学講師を経て、ボストン美術館研究員となる。国際美術史学会誌『The Art Bulletin』でのリード記事を含め、多数の研究論文を発表。

現在は法人向け教育コンサルタントとして、ビジュアルIQ®アセスメントを考案。絵画をツールとしながら知覚力・思考力・コミュニケーション力を向上させるトレーニングを、企業・大学・病院に提供している。熱心な絵画コレクターでもある。

プリント版書籍は下記のストアでご購入いただけます。
  • Amazon で購入
  • e-hon で購入
  • HMV&BOOKS online で購入
  • 紀伊国屋BookWeb で購入
  • セブンネットショッピング で購入
  • TSUTAYAオンラインショッピング で購入
  • BOOKFAN で購入
  • honto で購入
  • Honya Club で購入
  • ヨドバシカメラ で購入
  • 楽天ブックス で購入

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるためお取り扱いがない場合がございます。)

電子書籍は下記のサイトでご購入いただけます。

(デジタル版では、プリント版と内容が一部異なる場合があります。また、著作権等の問題で一部ページが掲載されない場合があることを、あらかじめご了承ください。)

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック