• twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

すばらしい人体

あなたの体をめぐる知的冒険

  • 紙版
  • 電子版

すばらしい人体

あなたの体をめぐる知的冒険

書籍情報

  • 紙版
  • 電子版
  • 山本 健人 著
  • 定価:1870円(本体1700円+税10%)
  • 発行年月:2021年08月
  • 判型/造本:46並
  • 頁数:376
  • ISBN:9784478113271

内容紹介

人体の構造は美しくてよくできている。本書は外科医けいゆうとして、ブログ累計1000万PV超、Twitterフォロワー8万人の著者が、人体の知識、医学の偉人の物語、ウイルスの発見やワクチン開発のエピソード、現代医療の意外な常識などを紹介。人体の素晴らしさ、医学という学問の魅力を紹介するサイエンス書!

目次・著者紹介詳細を見る▼

目次

はじめに

第1章 人体はよくできている

私たちの体は重い
 立ち上がることができますか? ◆ 宇宙飛行士と筋肉

意外に知らない目の働き
 あなたの視野はかなり狭い ◆ 盲点の実験 ◆ 明順応と暗順応

目の動きをコントロールする力
 この本を揺らして読めますか? ◆ 耳は平衡感覚を司る

涙の理由
 涙と鼻水はなぜ一緒なのか? ◆ 耳と鼻もつながっている

舌が持つ多彩な機能
 「味を感じる」以外の役割 ◆ 味蕾は年齢とともに減る

おたふく風邪と唾液腺
 一日に分泌される唾液の量 ◆ 唾液の働き

頭から大量の血が流れても重症とは限らない
 頭皮は出血しやすい ◆ 目の周りがパンダになったとき

心臓の拍動のしくみ
 心臓にまつわる人類の疑問 ◆ 心臓は筋肉でできている

脳が呼吸をコントロールする
 呼吸の不思議 ◆ 呼吸を止めても…… ◆ 肺は風船のようなもの

ピロリ菌とノーベル賞
 胃がんの最大の危険因子 ◆ ピロリ菌の発見

便はなぜ茶色いのか
 十二指腸は交通の要所 ◆ 赤い便・黒い便・白い便

本当に怖い膵臓の外傷
 膵臓の特殊な性質 ◆ 管腔臓器と実質臓器

腸の長さと人体の「遊び」
 人体の「遊び」 ◆ 「盲腸」という病名のまちがい ◆ 臓器にも個性がある

おならは何でできているのか?
 おならとげっぷの共通点 ◆ 何かを食べると便意を催す理由

とてつもない肛門の機能
 実弾と空砲 ◆ 肛門の外傷は必ず防ぐべき ◆ 人工肛門はどのようなものか?

がんが転移する臓器は偏る
 肝臓は人体の「物流基地」 ◆ 肝臓の解毒作用 ◆ なぜ黄疸が出るのか?

陰茎はどのように伸び縮みするか
 ダビデ像のリアルな造形 ◆ 尿道の長さは男女で違う

あなたはできますか? ── 深部感覚
 あなたはできますか? ◆ 健康な人が床ずれにならない理由

肘をぶつけるとなぜ電気が走るのか?
 しびれるのは薬指と小指だけ ◆ 血管の走る場所

第2章 人はなぜ病気になるのか?

人は何が原因で命を落とすのか
 日本の死因別の死亡率 ◆ 「がんが死因」が増えた意外な理由 ◆ 人が死ぬ最大の要因は……

何も飲み食いせずに生きていく方法
 どのくらいの水と栄養を摂るべきか ◆ 「摂取不足」によって起こる病気 ◆ 日本の国民病だった「脚気」

病気と健康の境目はどこにある?
 意外に難しい問い ◆ 「がん」か否か ◆ 「リスク因子」の発見

免疫は「自己」と「非自己」を見分ける
 免疫の2つの方法 ◆ ワクチンのしくみ

アレルギーが起こる理由
 無害な相手を敵と見なす ◆ 免疫が誤作動を起こす病気 ◆ がんと免疫の深いかかわり

がんと遺伝子
 遺伝するがん ◆ 体の設計図と遺伝子 ◆ 親から引き継ぐ遺伝子の変異 ◆ DNAという暗号文 ◆ 遺伝子という「概念」を発見した偉人たち

ミクロの世界で起こる「進化」
 ダーウィンの恐るべき慧眼 ◆ 病気であることが「有利」になるとき

第3章 大発見の医学史

医学のはじまり
 アスクレピオスの杖 ◆ 医師の君主ガレノス ◆ ヴェサリウスの革命的な偉業

血液は循環している
 ハーヴィーの実験 ◆ 医学の世界の革命

顕微鏡の発明と感染症の原因
 顕微鏡が明らかにした世界 ◆ 18世紀以前の瘴気説 ◆ 世界初・手洗いの効果を示した産科医

すべての細胞は細胞に由来する
 病理学者の慧眼 ◆ 根強かった自然発生説

消毒を広めた外科医
 リステリンの由来 ◆ 微生物学の巨人 ◆ 魔法の弾丸

偶然が生んだ大発見
 戦地における感染症 ◆ ノルマンディー上陸作戦を支える

顕微鏡でも見えない病原体
 細菌とウイルスは全く異なる ◆ ウイルスの増え方 ◆ 感染症とワクチン ◆ B型肝炎ウイルスとノーベル賞 ◆ 奇跡の技術

免疫が破壊される病気
 ある奇妙な報告 ◆ 性感染症患者の傾向 ◆ 不治の病が治る病気に

日本で生まれた全身麻酔
 誰も想像できなかった ◆ 全身麻酔を広めた歯科医たち ◆ 論争と悲劇の結末

糖尿病は恐ろしい
 失明原因の第3位 ◆ 奇跡のインスリン発見 ◆ 遺伝子工学の成果

ギネスブックに載った「痛み止め」
 痛み止めの歴史 ◆ アスピリンで痛みが止まる理由

第4章 あなたの知らない健康の常識

自分の血液型を知る必要はない
 血液型申告の不思議 ◆ たくさんある血液の型 ◆ Rhの発見 ◆ 日本人と血液型診断

あぶない寄生虫アニサキス
 胃や腸の壁に突き刺さる ◆ アニサキス症を予防する方法

最強の猛毒ボツリヌス
 極めて強力な神経毒 ◆ 38億年前の地球 ◆ 自然界に存在する猛毒

生肉についての誤解
 新鮮な生肉は…… ◆ 食中毒を予防する方法

誰にでも起こりうるエコノミークラス症候群
 血栓が肺に詰まる ◆ 病院でも行われる血栓症対策

すり傷の正解
 消毒液は傷の治りを悪くする ◆ うがいの効果は限定的

医療ドラマと全身麻酔
 よく見かける覚醒の場面 ◆ 「麻酔」と「鎮静」は異なる

第5章 教養としての現代医療

体温はすごい
 私たちの持つ恒常性 ◆ 体温計はどのように生まれたか

体の中を覗き見る技術
 透視する光線 ◆ 体の断面を見る技術 ◆ 「CTよりもMRI」は誤解

聴診器と2つの音
 聴診器の発明 ◆ 死亡確認の際に必要なこと ◆ アイントーベンの三角形

ある日本人が発明した画期的な医療機器
 赤血球とヘモグロビン ◆ 医学史に残る偉業

酸素ボンベと人工呼吸器
 地球上の空気の組成 ◆ 鉄の肺

穴を開けて行う手術
 へそに穴を開けても大丈夫 ◆ ロボットが手術する? ◆ 内視鏡にまつわる誤解 ◆ 世界最初の胃カメラ

驚くほど進化した手術器具
 人名のついた鋼製小物 ◆ 裁縫と手術の違い ◆ メスは意外に使わない

なぜ医師のガウンは水色なのか?
 目の疲れを軽減 ◆ よく使われる「使い捨て物品」 ◆ N95マスクは息苦しい

血液はどうして赤いのか?
 透明な輸血 ◆ 「血液をそのまま輸血」はほとんどない ◆ 息を呑むほど美しい自然の摂理

おわりに

読書案内

参考文献





著者

山本健人(やまもと・たけひと)
2010年、京都大学医学部卒業。博士(医学)。外科専門医、消化器病専門医、消化器外科専門医、感染症専門医、がん治療認定医など。運営する医療情報サイト「外科医の視点」は開設3年で1000万ページビューを超える。Yahoo!ニュース個人、時事メディカルなどのウェブメディアで定期連載。Twitter(外科医けいゆう)アカウント、フォロワー8万人超。著書に『医者が教える正しい病院のかかり方』『がんと癌は違います〜知っているようで知らない医学の言葉55』(以上、幻冬舎)、『医者と病院をうまく使い倒す34の心得』(KADOKAWA)、『もったいない患者対応』(じほう)ほか多数。

プリント版書籍は下記のストアでご購入いただけます。
  • Amazon で購入
  • e-hon で購入
  • HMV&BOOKS online で購入
  • 紀伊国屋BookWeb で購入
  • セブンネットショッピング で購入
  • TSUTAYAオンラインショッピング で購入
  • BOOKFAN で購入
  • honto で購入
  • Honya Club で購入
  • ヨドバシカメラ で購入
  • 楽天ブックス で購入

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるためお取り扱いがない場合がございます。)

電子書籍は下記のサイトでご購入いただけます。

(デジタル版では、プリント版と内容が一部異なる場合があります。また、著作権等の問題で一部ページが掲載されない場合があることを、あらかじめご了承ください。)

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック