地球の歩き方 A14 ドイツ 2017-2018 【分冊】 5 メルヘン街道/ハンブルクとエリカ街道・北ドイツ

内容紹介

19世紀初頭のドイツは、フランスの支配下におかれ、それまで希薄だったドイツ国家意識が高揚し始めた。言語学者で神話や伝説を研究していたグリム兄弟も、仲間たちとドイツ的なるものを模索した。民間伝承や英雄伝説などの採集から始まった活動が、結果としてグリム童話を生み出した。そんな背景を知ったうえで、兄弟の生まれた町ハーナウから、ブレーメンの音楽隊が目指した港町ブレーメンまで続く約600㎞の街道を旅してみよう。ドイツ第2の都市ハンブルクは最大の港町としての活気に満ちている。北ドイツで、車のナンバープレートを注意してみると、HHやHBなどという文字表示が頭についているのに気づく。この最初のHはハンザ同盟都市であることを示している。HHならハンザ同盟都市ハンブルク、HBなら同じくブレーメンということだ。このふたつの都市はドイツの中でも例外的に都市だけでひとつの州をなしている。

下記のサイトでご購入いただけます。

(サイトによって商品のお取扱いがない場合がございます。あらかじめご了承ください。)

ブック検索

タイトル、著者名、キーワードなどから検索できます。

  • 週刊ダイヤモンド定期購読201404
  • Adinfo
  • ダイヤモンド社「電子書籍アプリ」および「中谷彰宏文庫」サービス終了のお知らせ