• twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

データの力で隠れた価値を見つけ、形にする(インタビュー)(DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー論文)

  • 電子版

データの力で隠れた価値を見つけ、形にする(インタビュー)(DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー論文)

書籍情報

  • 電子版
  • 発行年月:2020年01月

内容紹介

三木谷浩史氏が1997年に創業したベンチャー企業は、「楽天市場」という日本最大級のインターネット・ショッピングモールを運営し、世界30カ国以上で70を超えるサービスを展開する巨大グローバル企業に成長した。そうして多種多量なデータを取り扱うようになったことで、その価値を最大限に活かすという新たなミッションが生まれた。楽天でチーフ・データ・オフィサーを務める北川拓也氏は、同社でそのミッションを牽引する。データドリブンの組織に変わるには、トップが明確なビジョンを示すことに加え、現場がビジョン達成に向けて泥臭く汗をかくことが重要だと北川氏は語る。

*『DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー(2019年6月号)』に掲載された記事を電子書籍化したものです。


電子書籍は下記のサイトでご購入いただけます。

(デジタル版では、プリント版と内容が一部異なる場合があります。また、著作権等の問題で一部ページが掲載されない場合があることを、あらかじめご了承ください。)

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック