• twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

リッツ・カールトンとBARで学んだ高野式イングリッシュ

本当に使える!体当たり英語

  • 紙版
  • 電子版

リッツ・カールトンとBARで学んだ高野式イングリッシュ

本当に使える!体当たり英語

書籍情報

  • 紙版
  • 電子版
  • 高野 登 著
  • 定価:本体1,429円+税
  • 発行年月:2011年11月
  • 判型/造本:46並製
  • 頁数:208
  • ISBN:978-4-478-01681-7

内容紹介

長野の戸隠村から世界最高級のリッツ・カールトンへ!リッツ・カールトンの舞台裏英語を初公開!表(ホテル)と裏(BAR)で学んだ高野式体当たり英語満載。文法ガチガチの日本人が世界の舞台で活躍するには、中3までの英単語で十分!ブロークン英語でも心が通うキラーフレーズが満載!

目次・著者紹介詳細を見る▼

目次

はじめに

English Takano Way : “Seven Credos”

高野式イングリッシュ“7つのクレド”

prologue 「ディスカウントホテルの高野です」 “Ritz-Carlton is nobody. ”

「ディスカウントホテルの高野です」 “Ritz-Carlton is nobody. ”
●日本では「無名」だったリッツ・カールトン
●リッツ・カールトン・ホテルではなく、「ディスカウントホテル」
●「ザ・リッツ・カールトン大阪」は、「Start from scratch」

閉ざされていた心の扉が開かれ、「ホテルマン」になることを決意する
●「人見知り」だった少年時代
●高3の夏に訪れた「人生最大のミステリー」
●修学旅行先の西海岸で、運命を変える出来事に直面

「ストリート・スマート英語」は生きていくための「道具」である
●名門大学に通っても、「生きた英語」は学べない
●「ストリート・スマート」と「アカデミック・スマート」
●「現場」で英語力を身につける
●「ストリート・スマート力」で、先の見えない時代を生き抜く

「地雷→失敗→挽回」の繰り返しで、「ストリート・スマート英語」は磨かれる
●失敗は恐れない! 失敗の数だけ英語力は高まる
●「ストリート・スマート英語」を土台に、洗練された英語を上積みする
●高野 登[個人年表]

episode 「ホテルの英語」と「BARの英語」2つの英語を使い分ける

01 ブロークン・イングリッシュのままでもいい
●「自分らしさ」と「弱点」を活かせる表現を持つ
●コミュニケーションとは、相手の文化を受け入れること
高野式イングリッシュ 『リッツ・カールトンの舞台裏英語①』

02 リッツ・カールトンに「妥協」はない
●What do you think?(で、君ならどう思う?)
●妥協すれば、それはリッツ・カールトンではない
高野式イングリッシュ 『リッツ・カールトンの舞台裏英語②』

03 トップに立つ人ほど、気配り力に長けている
●ホルスト・シュルツィ氏との衝撃的な出会い
●一流のホテルオーナーから「息子」と認められたこと
高野式イングリッシュ 『リッツ・カールトンの舞台裏英語③』

04 「negotiation」には、「ユーモア」も必要
●「バカ話」をしながら、ものの見方を刺激する
●男性の脳が、女性の脳よりも高い理由
高野式イングリッシュ 『リッツ・カールトンの舞台裏英語④』

05 リッツ・カールトンの舞台裏で交わされる「男性こきおろしジョーク」
●「バカ話」をしながら、ものの見方を刺激する
●男性の脳が、女性の脳よりも高い理由
高野式イングリッシュ 『英語にも「回文(palindrome)」がある』

06 英語力よりも先に「感性」を磨く
●「リッツ・カールトンの英語」も時代とともに変わる
●フォーマルな英語だけでは、心が通じない
高野式イングリッシュ 『リッツ・カールトンの舞台裏英語⑤』

07 アグレッシブよりも「謙虚さ」が評価される時代
●ローマは「廊下の立ち話」からつくられた
●なぜ「謙虚さ」が大事なのか
高野式イングリッシュ 『リッツ・カールトンの舞台裏英語⑥』

08 「help」は、ホテルマンへの魔法の言葉
●「自分の思い」の伝え方は、何百通りもある
●単語をつなげるだけでいい
高野式イングリッシュ 『リッツ・カールトンの舞台裏英語⑦』

09 参考書を熟読しても、「伝わる英語」は身につきにくい
●アメリカ人にとっても「英文法」は難しい
●「正しい英語」=「文法の正しさ」という思い込み
高野式イングリッシュ 『日本人が踏んでしまいやすい地雷フレーズ①』

10 生き抜くために必要なのは、「泥つきのストリート英語」
●薄汚れたBARの扉を開け、「生きた英語」の世界へ
●21歳で出合った「ビジネス英語」と「アングラBAR英語」
高野式イングリッシュ 『BARで学んだ“ちょっとアブナイ英語”』

11 日本人の英語は「名刀正宗」、中国人の英語は「青龍刀」
●中国人が決して「I'm sorry.」とは言わない理由
●右手に日本刀、左手に青龍刀。アメリカでは2本の刃が必要
高野式イングリッシュ 『YouとMeと、Eat Meat』

12 「It's on the house.」がお客様を喜ばせる
●「スリー・マティーニ・ランチ」で“心の会話”を
●「酒飲みの機知」からおもてなしを学ぶ
高野式イングリッシュ 『リッツ・カールトンの舞台裏英語⑧』

13 お金を稼ぐ知恵がないなら、汗を流して稼げばいい
●「苦しい」と思うのは、苦しみの原因がわからないから
●BARの会話で、アメリカの現実を知る
高野式イングリッシュ 『日本人が踏んでしまいやすい地雷フレーズ②』

14 英語の実力は、2次関数的に伸びていく
●ある日突然、BARでの会話が聞き取れるようになったのはなぜ?
●英語の知識を持つことと、運用することは別
高野式イングリッシュ 『発音が苦手なうちは「very」より「so」』

15 「英語を話すのは苦手でも、聞くのは何とかなる」という勘違い
●「東のハーレム」で、アパートを借りた理由
●「こいつを知っているか?」——夜中に突然現れたポリス
高野式イングリッシュ 『「話す力」「書く力」「読む力」は別物』

16 「表の英語」と「裏の英語」、2つの武器を使い分ける
●なぜ、20年間、アメリカ社会で生き残ってこられたのか
●日本の政治家が現地人の心をつかめなかったのは……
高野式イングリッシュ 『日本人が踏んでしまいやすい地雷フレーズ③』

17 早口を直さない限り、正しい発音は身につかない!?
●「water」は「ウォーター」が正解か? 「ワラ」が正解か?
●半年の間続いたマイク式“真夜中の発音レッスン”
高野式イングリッシュ 『発音を鍛える魔法の単語“Trefethen”』

18 微妙なニュアンスは、身をもって知るしかない
●「I can manage.」では、あなたのやる気は伝わらない
●無意識のうち女性を傷つけてしまった「I'm bored.」
高野式イングリッシュ 『日本人が踏んでしまいやすい地雷フレーズ④』

19 時には地雷を踏み、痛い思いをしてみる
●英語が母国語でない以上、地雷は避けて通れない
●失敗を恐れず、まずは話しかけてみよう
高野式イングリッシュ 『日本人が踏んでしまいやすい地雷フレーズ⑤』

20 動機は不純でもかまわない
●私の人生を変えた「プラザホテル」との出会い
●「英語を習う」ではなく、「英語で習う」
高野式イングリッシュ 『その場にふさわしい“受け答え”をする』

21 「argument」(議論、口論)は、口ゲンカとは違う
●アメリカ人の口論は、なぜ遺恨を残さないのか?
●「サラダ社会」と「漬物社会」の違い
高野式イングリッシュ 『心の距離が近づくほめ言葉①』

22 cook(コック)? それともchef(シェフ)?
●戸隠の野生が求めた、アメリカの荒々しさ
●鉄板焼きは、食のエンターテインメント
高野式イングリッシュ 『一字一句発音すると伝わりにくい英語』

23 一流ホテルには、統一された「verbiage」がある 134
●覚えたての「プラザ言語」で、ドアマンに話しかける
●プラザの歴史の重みに言葉を失う
高野式イングリッシュ 『リッツ・カールトンの舞台裏英語⑨』

24 つたない英語でも、「対話」はできる!
●ダスティン・ホフマンの秘書になったマリアン
●しゃべれないなら、聞けばいい
高野式イングリッシュ 『心の距離が近づくほめ言葉②』

25 アメリカでは「日本語」もまた、武器になる!?
●プラザホテルが、私に関心を持った理由
●英語はそこそこでも、日本語がきちんと話せるかが大切
高野式イングリッシュ 『“unbelievable”と“incredible”』

26 言葉は文化!使う表現で「お里が知れる」
●「世の中、そんなもんさ」はどう表現する?
●使う言葉、ニュアンス、イントネーションで出身がわかる
高野式イングリッシュ 『心の距離が近づくほめ言葉③』

27 「Who ARE you?」で心をつかんだ客室乗務員
●ホテルを成功に導く「3要素」とは?
●客室乗務員のひと言が、機内を和ませる
高野式イングリッシュ 『いちばん言いたいこと(単語)を強く発音する』

28 伝説のホテリエが見せた、ストリート・スマート」の真骨頂
●サンフランシスコ大地震で発した伝説ホテリエの言葉
●「危機的状況でなすべきこと」を瞬時に判断できるか?
高野式イングリッシュ 『心の距離が近づくほめ言葉④』

29 ストリートガールから学んだ「生きた英語」
●生まれて初めて出会った、ユーモアにあふれる売春婦
●デボラから届いた、最高の贈り物
高野式イングリッシュ 『“英文法の正しさ”にこだわらなくていい!?』

Q&A 高野式イングリッシュへの「Q&A」

●外国人と話す(接する)機会をつくるには、どうしたらいいですか?
●これから英会話の勉強を始めようと思っていますが、何から手をつけたらいいでしょうか?
●英会話の勉強をしていますが、長続きしません。長続きするコツ(習慣にするコツ)はありますか?
●英語に自信がなく(恥をかくのが怖くて)、話しかける勇気がありません。どうすれば話しかけられるようになりますか?
●いま、60歳です。この歳からでも英語の勉強は始められますか?
●高野さんは、いまも英語の勉強をされていますか?しているとしたら、どのような勉強をされていますか?
●さまざまな英会話教材が販売されていますが、どれを使っていいのか、さっぱりわかりません。
●そもそも、「グロービッシュ」とはどういう英語のことですか?
●海外に行ったことがない「非ネイティブ」が、ネイティブに通じる発音を身につけるためには、どのような一歩を踏み出したらいいですか?
●英語をモノにするために、「読む」「話す」「聴く」はどういう順番で勉強したら、いちばん早く身につくのでしょうか?
●単語が覚えられません。文法ハチャメチャな私でも、覚えられる、“高野式単語暗記法”があったら伝授してください。
●英語初心者でもとっつきやすく、気づきの多い「洋書ベスト1」を教えてください。その本の何がいいのかも含めて。

special presents 01 「ストリート・スマート」に生きる7つの心得

1 「99度の水と100度に達した水の違いを意識せよ」 
  「At 99 degrees, water is hot. At 100 degrees, it boils.」

2 「今日は残りの人生の第1日目。これから、どう生きますか?」
  「Today is the first day of the rest of your life. How do you live today?」

3 「人生は、さながらあみだくじのようなものである」
  「Life is like an “AMIDAKUJI”.」

4 「理念は物語で伝えないと伝わらないものだ」
  「Mission would not be understood unless it is told in the form of story.」

5 「『labor, job, work,そしてPLAY』あなたの仕事のレベルは?」 
  「『labor, job, work, and PLAY』which level are you?」

6 「それはモチベーションですか?テンションではありませんか?」
  「Is it really a motivation, or just a tension?」

7 「誰でもできる普通のことを、誰もがやらないエネルギーレベルでやる」
  「Do your ordinary work with the extraordinary energy level.」

special presents 02 リッツ・カールトンで育まれたホスピタリティの言葉

special presents 03 リッツ・カールトン創業メンバーたちから学んだこと

おわりに





著者

高野 登(たかの・のぼる)
人とホスピタリティ研究所所長。前ザ・リッツカールトン・ホテル日本支社長。
1953年、長野県戸隠生まれ。長野商業高校卒。プリンスホテルスクール(現日本ホテルスクール)第1期生。卒業後、単身ニューヨークに渡り、ホテル業界に就職。昼はホテルの英語、夜はBARの英語にもまれ、文法ハチャメチャでも十分通じる英語=「高野式イングリッシュ」を体当たりで開発する。
ザ・キタノ・ニューヨーク、バレーフォージ・ヒルトン、NYスタットラー・ヒルトンなどを経て、1982年、念願のNYザ・プラザ・ホテルに勤務。その後、LA(ロサンゼルス)ボナベンチャーホテル、SF(サンフランシスコ)フェアモントホテルでマネジメントを経験。
90年、ザ・リッツ・カールトン・サンフランシスコ開業に携わる。
93年、ザ・リッツ・カールトン・ホテル・ホノルルオフィスを開設。
94年、ザ・リッツ・カールトン・ホテル日本支社長として帰国。ブランディング活動を展開しながら、97年に大阪、2007年に東京の開業をサポート。
2009年、長野市長選出馬のため退社。3週間の準備期間で現職に651票差に迫るも惜敗。
2010年、人とホスピタリティ研究所設立、現在に至る。
おもな著書に、『リッツ・カールトンが大切にするサービスを超える瞬間』(かんき出版)、『リッツ・カールトン 一瞬で心が通う「言葉がけ」の習慣』(日本実業出版社)などがある。
リッツ・カールトンをはじめ、有名ホテルの成功事例を中心に、企業活性化、人材育成、社内教育などの研修・講演依頼があとを絶たない。

プリント版書籍は下記のストアでご購入いただけます。
  • Amazon で購入
  • e-hon で購入
  • HMV&BOOKS online で購入
  • 紀伊国屋BookWeb で購入
  • セブンネットショッピング で購入
  • TSUTAYAオンラインショッピング で購入
  • BOOKFAN で購入
  • honto で購入
  • Honya Club で購入
  • ヨドバシカメラ で購入
  • 楽天ブックス で購入

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるためお取り扱いがない場合がございます。)

電子書籍は下記のサイトでご購入いただけます。

(デジタル版では、プリント版と内容が一部異なる場合があります。また、著作権等の問題で一部ページが掲載されない場合があることを、あらかじめご了承ください。)

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック