• twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

ハーバード・ビジネス・レビュー[EIシリーズ] マインドフルネス

  • 紙版
  • 電子版

ハーバード・ビジネス・レビュー[EIシリーズ] マインドフルネス

書籍情報

  • 紙版
  • 電子版
  • ハーバード・ビジネス・レビュー編集部 編/DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー編集部 訳
  • 定価:本体1,400円+税
  • 発行年月:2019年02月
  • 判型/造本:46変並製
  • 頁数:152
  • ISBN:978-4-478-10495-8

内容紹介

グーグル、ゴールドマンサックスをはじめ、世界の名だたる企業はなぜ、マインドフルネスを導入しているのか。そのメリットとデメリットは? EQ・EI提唱者ダニエル・ゴールマン、マインドフルネスの母エレン・ランガーら世界の名だたる執筆陣による、多角的な論文や記事が、この1冊で気軽に読める

目次・著者紹介詳細を見る▼

目次

[日本語版に寄せて] マインドフルネスは時代の要請から生まれた

三宅陽一郎 日本デジタルゲーム学会理事

1 マインドフルネスはEIを向上させる

ダニエル・ゴールマン 心理学者
マシュー・リピンコット 著述家

2 マインドフルネスには科学の裏づけがある

クリスティーナ・コングルトン アクソン・コーチング コンサルタント
ブリッタ・K・ヘルツェル 心理学博士
サラ・W・ラザー マサチューセッツ総合病院精神科准研究員

3 グーグル、ゴールドマン・サックスはなぜマインドフルネスに取り組むのか

ウィリアム・W・ジョージ ハーバード・ビジネススクール教授

4 いまマインドフルネスが注目される理由

エレン・ランガー ハーバード大学心理学部教授
アリソン・ビアード 『ハーバード・ビジネス・レビュー』(HBR)シニアエディター

5 マインドフルネスは4つの確かな成果をもたらす

ダニエル・ゴールマン 心理学者

6 会議中でもマインドフルになれる2つの簡単なテクニック

マリア・ゴンザレス アルゴノータ・コンサルティング創設者

7 朝起きて、通勤、会議前……すきま時間の活用法

ラスムス・フーガード ポテンシャル・プロジェクト創設者
ジャクリーン・カーター ポテンシャル・プロジェクト パートナー

8 休息と瞑想が、集中力を高める

ダニエル・ゴールマン 心理学者

9 たった10分間の瞑想で、創造性が高まる

エマ・ショートストラ リッピンコット コンサルタント
ダーク・ダイヒマン エラスムス大学ロッテルダム・スクール・オブ・ビジネス助教授
エフゲニア・ドルゴバ エラスムス大学ロッテルダム・スクール・オブ・ビジネス リサーチャー

10 マインドフルネスは目標達成のお役立ちツールではない

シャーロット・リーバーマン ライター

11 マインドフルネスを職場ぐるみで実践するリスク

デイビット・ブレンデル 医学博士

12 マネジメント手法としてのマインドフルネスの歴史

ジム・ブッチャー エンテグラ・パートナーズ創設者

13 マインドフル・リーダーシップのすすめ

エレン・ランガー ハーバード大学心理学部教授

14 「マインドフルネスの母」からの教え

エレン・ランガー ハーバード大学心理学部教授







著者

『Harvard Business Review』(HBR)とは
ハーバード・ビジネス・スクールの教育理念に基づいて、1922年、同校の機関誌として創刊された世界最古のマネジメント誌。米国内では29万人のエグゼクティブに購読され、日本、ドイツ、イタリア、BRICs諸国、南米主要国など、世界60万人のビジネスリーダーやプロフェッショナルに愛読されている。

『DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー』(DHBR)とは
HBR誌の日本語版として、米国以外では世界で最も早く、1976年に創刊。「社会を変えようとする意志を持ったリーダーのための雑誌」として、毎号HBR論文と日本オリジナルの記事を組み合わせ、時宜に合ったテーマを特集として掲載。多くの経営者やコンサルタント、若手リーダー層から支持され、また企業の管理職研修や企業内大学、ビジネススクールの教材としても利用されている。

三宅陽一郎(みやけ・よういちろう)
日本デジタルゲーム学会理事、「人工知能のための哲学塾」主催。ゲームAI開発者。京都大学で数学を専攻、大阪大学(物理学修士)、東京大学工学系研究科博士課程(単位取得満期退学)。2004年よりデジタルゲームにおける人工知能の開発・研究に従事。東京大学客員研究員、理化学研究所客員研究員、IGDA日本ゲームAI専門部会設立(チェア)、DiGRA JAPAN 理事、芸術科学会理事、人工知能学会編集委員。著書に『人工知能のための哲学塾』『人工知能のための哲学塾 東洋哲学篇』(ビー・エヌ・エヌ新社)、『人工知能の作り方』(技術評論社)、『なぜ人工知能は人と会話ができるのか』(マイナビ出版)、『と』(iCardbook)。共著に『絵でわかる人工知能』(SBクリエイティブ)、『高校生のための ゲームで考える人工知能』(筑摩書房)などがある。

プリント版書籍は下記のストアでご購入いただけます。
  • Amazon で購入
  • e-hon で購入
  • HMV&BOOKS online で購入
  • 紀伊国屋BookWeb で購入
  • セブンネットショッピング で購入
  • TSUTAYAオンラインショッピング で購入
  • BOOKFAN で購入
  • honto で購入
  • Honya Club で購入
  • ヨドバシカメラ で購入
  • 楽天ブックス で購入

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるためお取り扱いがない場合がございます。)

電子書籍は下記のサイトでご購入いただけます。

(デジタル版では、プリント版と内容が一部異なる場合があります。また、著作権等の問題で一部ページが掲載されない場合があることを、あらかじめご了承ください。)

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック