• twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

自分のままで圧倒的に美しい

  • 紙版
  • 電子版

自分のままで圧倒的に美しい

書籍情報

  • 紙版
  • 電子版
  • 佐伯裕介 著
  • 定価:本体1,500円+税
  • 発行年月:2019年10月
  • 判型/造本:A5並
  • 頁数:144
  • ISBN:9784478109106

内容紹介

流行りのメイクや、コスメを試す前に知ってほしい、「自分の美しさを引きだす」メイクの基本。「アイシャドウはボックス型に入れる」「鼻下と小鼻にもシェーディングを入れる」など、新テクニック満載!「何をしたか分からない」ほど薄く、自然なメイクで、圧倒的に美人に見せる。

目次・著者紹介詳細を見る▼

目次

はじめに

1 ベースメイク BASE MAKE

「顔が美しく見える光と影」を再現するベースメイク

下地
 下地は、無色でのびのよいものを

ファンデーション
 ファンデーションは、ダイヤモンドラインを意識して塗る
 手のひらにのばしてから塗ると、薄く密着する
 きれいに仕上げたいところから塗る
 アジア人の肌に合うファンデーションの選び方

コンシーラー
 コンシーラーは、ハイライターとしても使う
 目の下のハイライトは、「鼻に沿った三角」が正解
 さらに立体的な顔にするワンポイント
 上がる光で、顔をリフトアップ
 カバーする位置が、誤解されがちなポイント
 顔の中の高い部分を、印象づける

フェイスパウダー
 フェイスパウダーは、必要以上にのせない

シェーディング
 シェーディングは、入っているとわからないくらいが理想
 細く、小さく、高く見せる鼻のシェーディング
 顔の横幅を狭くして、小顔に見せる
 キュッと上がったきれいなフェイスラインをつくる
 小さく、シャープなあごに見せるシェーディング
 ノースリーブを着る日の肌は、肩に合わせる
 シェーディングブラシの選び方

ベースメイク コスメ

2 アイメイク EYE MAKE

 目を大きく見せるポイントは、まつげの根元の密集度

アイライン
 アイラインは、引くのではなく点を打つ
 アイラインは、入れる位置で効果が変わる
 下まつげのアイラインで、顔の間延び感がなくなる

アイシャドウ
 アイシャドウは、まつげの影
 アイシャドウは、「横長の四角」に入れる
 目が離れている、寄っている場合のアイシャドウの入れ方
 基本のアイシャドウは、「グレイッシュブラウン」
 アジア人に似合う装飾としてのアイシャドウ

ビューラー
 白目を守れば、目はもっと大きくなる

マスカラ
 マスカラは、まつげの根元を濃くするためのもの
 マスカラは温めてから使うと、濡れたようなツヤのあるまつげになる
 眉、目、鼻、唇まで使える万能ブラシ

3 アイブロウ EYE BROW

 眉は、顔立ちを決めるパーツ

アイブロウ
 眉は、四角と三角に分けて考える
 眉は、眉尻の上側から描くとうまくいく
 眉の下側を濃く描くと、彫りが深く見える
 眉尻は短いほうが若く、目が大きく見える
 眉を、左右対称に描くコツ
 眉頭を、平行にぼかす
 アイブロウブラシを大きくすると、眉がうまく描ける

アイメイク&アイブロウ コスメ

4 リップ LIP

 唇は主役級の存在感を持つパーツ

リップクリーム
 固めのリップクリームがあれば、ルージュはよれない、落ちない

ルージュ
 リップライナーを使って、唇をきれいな形に整える
 リキッドルージュは、内側からじわっとにじみ出るように塗る
 リップスティックは、上唇の山の形を取ってから塗る
 正統派美人に見える色は、「ローズベージュ」
 赤リップの日は、ベースメイクの後リップから塗る

5 チーク BLUSH

 究極のチークは、自然に上気した子どもの頬のような血色

チーク
 顔を小さく、若く、明るく見せるチークの入れ方はひとつしかない
 チークは、耳の前からきて、まっすぐ垂直に下ろす
 チークのちょうどいい濃さの見極め方
 チークは、「こんなに明るくて大丈夫?」というくらいクリアな色を
 テクニック以上にチークの仕上がりを左右するのはブラシ

リップ&チーク コスメ

スキン&ボディケア コスメ

ショップリスト

おわりに





著者

佐伯裕介(さえき・ゆうすけ)
メイクアップアーティスト(eight peace所属)
ヘアサロン勤務を経て独立した後、世界的メイクアップアーティスト和田吉元氏に師事。2009年にフリーランスとして活動を開始。2010年に渡米。帰国後は、雑誌、広告、映像、ショーメイクなどを幅広く手掛け、日本をはじめ、韓国、中国などのアジア圏を中心にグローバルに活躍。計算し尽くされたメイクテクニックと、仕上がりの圧倒的な美しさが話題となり、アジアを代表する女優・モデルから「ここぞ!」という仕事で指名されるなど、絶大な信頼を得ている。人種、年齢、顔立ちに関係なく、すべての人の顔を「誰が見ても美しいと感じるバランス」に導くメイク法は、メイクのテイストや流行に左右されない、普遍的なテクニックとして支持されている。

プリント版書籍は下記のストアでご購入いただけます。
  • Amazon で購入
  • e-hon で購入
  • HMV&BOOKS online で購入
  • 紀伊国屋BookWeb で購入
  • セブンネットショッピング で購入
  • TSUTAYAオンラインショッピング で購入
  • BOOKFAN で購入
  • honto で購入
  • Honya Club で購入
  • ヨドバシカメラ で購入
  • 楽天ブックス で購入

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるためお取り扱いがない場合がございます。)

電子書籍は下記のサイトでご購入いただけます。

(デジタル版では、プリント版と内容が一部異なる場合があります。また、著作権等の問題で一部ページが掲載されない場合があることを、あらかじめご了承ください。)

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック