• twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記憶に残る人になる

トップ営業がやっている本物の信頼を得る12のルール

  • 紙版
  • 電子版

記憶に残る人になる

トップ営業がやっている本物の信頼を得る12のルール

書籍情報

  • 紙版
  • 電子版
  • 福島 靖 著
  • 定価:1760円(本体1600円+税10%)
  • 発行年月:2024年06月
  • 判型/造本:46並
  • 頁数:368
  • ISBN:9784478119037

内容紹介

興味を持たれ、記憶に残るような人間になってはじめて、お客様は営業の言葉を聞いてくれる。リッツ・カールトンでホスピタリティを学び、31歳で挑戦したアメリカン・エキスプレスの法人営業では、わずか1年で紹介数&顧客満足度トップに輝いた「高卒営業」が初めて明かす。一瞬で信頼を生み出す「12のルール」。

目次・著者紹介詳細を見る▼

目次

はじめに ── ガツガツしなくても「選ばれる人」がやっていること

第1章 顧客より先に「ファン」をつくる ──「関係性」のルール

エピソード 忘れられない「面接官」
サザエさん一家に「高級外車」を売るには?
1日100件のテレアポより、一度の「飲み会」
「見込み客」を探すよりも、意味のあること
「売るための言葉」は、誰の耳にも届かない
「仕事の話」をいっさいしなくても僕が契約をいただける理由
あなたは「売らない」という選択ができますか?
友人や家族にも、決断を迫りますか?

第2章 すべてに対して「意味づけ」をする ──「印象」のルール

エピソード 忘れられない「サーモンのお寿司」
「丁寧なだけ」の人は、記憶に残らない
マナーを守ることが、「失礼」になるとき
お客様に見せる最後の姿が「頭頂部」でいいのだろうか?
僕がお辞儀を「4秒」にした理由
「当たり前」を変えるからこそ、大きな印象を残せる
その行動には、どんな「意味」があるのか?
僕のかばんに「鍵」がついている理由
自分に興味を持ってもらう「落とし穴」をつくる
自分の「色」を持つことを恐れてはいけない

第3章 「5秒間」だけ立ち止まる ──「気遣い」のルール

エピソード 振り返らない「ホスピタリティの達人」
商談の結果は、話す前に決まっている
誰でも気遣いできる人になれる「3つのステップ 」
考えなくても気遣いできる「アイテム」を用意する
お客様が感じている「気まずさ」に気づけるか
目の前のお客様を「周りの人」はどう見ているか
「目の前にいる人」だけがお客様ではない
「すぐに行動する」ことが裏目に出るとき
「気遣い」が武器になる本当の理由
「何かしてあげたい」気持ちは、どんなスキルにも勝る

第4章 「傘」を持っていてもささない ──「説得力」のルール

エピソード 高級外車に乗った「販売員」
「説得力」を身につけるより、大切なこと
説得力が「ある人」と「ない人」の違い
使っている言葉の「意味」をわかっているか?
当事者にならないと、わからないことがある
当事者になって気づけた小さな気遣い
「傘」を持っていても、ささない人でありたい
「当事者」でなくても信頼される人がしていること
向かい合うのをやめて「同じ景色」を見る

第5章 素朴な「鏡」へと姿を変える ──「提案」のルール

エピソード 人生を変えた「一冊の本」
ニーズに応えているのになぜ「YES」を引き出せないのか?
お客様の心が動かないただひとつの理由
リッツ・カールトン流「ホスピタリティ」の正体
お客様の心の奥に眠る「潜在的ニーズ」を引き出す方法
「脱線」したときこそニーズをとらえるチャンス
観察して、仮説を立てて、勇気を出して実行する
5年越しに叶った「あるご婦人」の願い
6年間で気づいた、感動が生まれる「仕組み」
相手の願望を映し出す「鏡」になれ

第6章 「無駄」を追究して効率化を実現する ──「効率」のルール

エピソード 契約をあえて逃した「ある後輩」
「結果を出せない人」が最初に指導されること
効率化が招いた当たり前すぎる「お叱り」
お客様だって「その他大勢」にはなりたくない
リッツ・カールトンのお客様にいちばん喜ばれた「贈り物」とは
この世界でもっとも価値のあるもの
丁寧な対応を邪魔する「最大の天敵」とは
リッツ・カールトンを成功に導いた「地味すぎる戦略」
本当に「無駄」なことって、それほどない
「無駄」という、魅力に溢れた人になろう

第7章 「感謝」の方法を決めない ──「感謝」のルール

エピソード リッツ・カールトンにいた「優秀な営業」
相手にとって「特別な存在」になる方法
独りよがりだった僕を変えた後輩のキツい「ひと言」
「すべての人」に、感謝を伝えているだろうか?
お客様の心を動かした「隠されたメッセージ」
お茶の下に隠したメッセージの予想外な反響
「仲間」に感謝できない人がお客様に信頼されるわけがない
社内で嫌われている営業は活躍できない
これまで見てきた「いい会社」の共通点
「未来のお客様」に向けて感謝を伝える
感謝の方法や対象にこだわってはいけない
失って初めて気づく「当たり前」の価値

第8章 「緊張」できる場面を自らつくる ──「挑戦」のルール

エピソード 挑戦し続ける「保育園経営者」
「緊張していない」のは、営業として危機的な状況
「挑戦する機会」は、だいたいすでに訪れている
大惨事の研修が僕にもたらしたもの
「ひとつの感謝」に依存するのは危険
なぜ独立直後の僕は「Uber Eats」に挑戦したのか
挑戦する人の周りに、人が集まる理由
「挑戦する気持ち」を与える存在になろう

第9章 つねに「Unko」でいる ──「強み」のルール

エピソード 僕が憧れた「営業のAさん」
プレッシャーに負けた人は自分を偽りだしてしまう
着こんだ鎧よりも本当の素顔が見たい
「コンプレックス」が一瞬で強みに変わる方法
なぜ東大卒は僕の学歴を絶賛したのか
優れているか、劣っているかなんて、決めつけなくていい
あなたは「ゾウ」のことを知っていますか?
営業で売れている人が、みんな知っていること
自分を「う×こ」だと思えるだろうか

第10章 誰よりも自分がいちばんに「感動」する ──「持続」のルール

エピソード 夢を諦めなかった「難病の青年」
本当に難しいのは変わることより「続ける」こと
感動を知らない人が、他人を感動させられるはずがない
ネガティブな僕の背中を押してくれる「感動の記憶」
心のエネルギーを涸らさずに働くには
30歳で挑戦した「パイロット」への道
果たせなかった約束が、僕に残したもの

第11章 「最後尾車両」に乗ってカーブを待つ ──「目標」のルール

エピソード 肩の荷を降ろしてくれた「常連のTさん」
「目標」を持つことが正しいとはかぎらない
じつは成功者には「2つのタイプ」がいる
地図の代わりに「コンパス」を手にして歩む
目標を持たない人だけが辿り着ける場所がある
目指す価値のある「真の目標」とは
成績好調な僕の心にふたたび吹いた「すきま風」
最後尾車両に座って「その時」を待とう

第12章 「人間」になる努力を怠らない ── いちばん大切なルール

エピソード 最年少の「人生の師匠」
ただの「優秀な営業」になっていった個性豊かな仲間たち
「表彰式」で周りが盛り上がるなか、僕の心は冷めていった
僕は役割をこなしていただけの「つまらない人間」だった
娘たちが教えてくれた、営業として「いちばん大切なこと」
「正しさ」ばかりの時代に僕たちはどう在るべきか
ただ「人間」らしくありさえすればいい

おわりに ──「自分を騙した経験」が、在り方を教えてくれる





著者

福島 靖(ふくしま・やすし)
「福島靖事務所」代表。経営・営業コンサルティング、事業開発、講演、セミナー等を請け負う。高校時代は友人が一人もおらず、「俳優になる」ことを口実に18歳で逃げ出すように上京。居酒屋店員やバーテンダーなどフリーター生活を経て、24歳でザ・リッツ・カールトン東京に入社。同社が大切にするホスピタリティを体現し、6年間で約6,000人のお客様に名前を尋ねられるほどの「記憶に残る接客術」を身につける。31歳でアメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッドに入社し、法人営業を担当。当初は営業成績最下位だったが、リッツ・カールトン時代に大切にしていた「記憶に残る」という在り方を実践したことで、1年で紹介数、顧客満足度、ともに全国1位に。その後、全営業の上位5%にあたるシニア・セールス・プロフェッショナルになる。38歳で株式会社OpenSky(プライベート・ジェット機の販売・運航業)に入社。40歳で独立し、個人事務所を設立。本書が初の著書となる。

プリント版書籍は下記のストアでご購入いただけます。
  • Amazon で購入
  • e-hon で購入
  • HMV&BOOKS online で購入
  • 紀伊国屋BookWeb で購入
  • セブンネットショッピング で購入
  • TSUTAYAオンラインショッピング で購入
  • BOOKFAN で購入
  • honto で購入
  • Honya Club で購入
  • ヨドバシカメラ で購入
  • 楽天ブックス で購入

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるためお取り扱いがない場合がございます。)

電子書籍は下記のサイトでご購入いただけます。

(デジタル版では、プリント版と内容が一部異なる場合があります。また、著作権等の問題で一部ページが掲載されない場合があることを、あらかじめご了承ください。)

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加