背徳のシャープ(週刊ダイヤモンド 特集BOOKS)

内容紹介

創業100年を超える大手の電機メーカーが、初めて外資に身売りすることとなった。日本の産業史に刻まれる出来事にもかかわらず、交渉の過程を見れば、経営陣や取引銀行のモラルを疑う言動が随所に見られる。シャープを手中にする郭台銘会長率いる鴻海精密工業(ホンハイ)の野望と、企業・産業の在り方が問われた今回の買収劇の真相に迫った。『週刊ダイヤモンド』(2016年5月21日号)の第1特集を電子化したものです。雑誌のほかのコンテンツは含まれません。

下記のサイトでご購入いただけます。

(サイトによって商品のお取扱いがない場合がございます。あらかじめご了承ください。)

ブック検索

タイトル、著者名、キーワードなどから検索できます。

  • 週刊ダイヤモンド定期購読201404
  • Adinfo
  • ダイヤモンド社「電子書籍アプリ」および「中谷彰宏文庫」サービス終了のお知らせ