サントリーと創業家(週刊ダイヤモンド 特集BOOKS)

内容紹介

2014年の米ビーム買収や創業家以外から初となる新浪剛史社長の招聘は、サントリーホールディングス社内に混乱を招いた。変化の中で、社内には創業家を求心力とした経営や企業文化に対する渇望が湧き上がっている。サントリーにとって創業家とはどんな存在なのか。グローバル企業となる中でどう存在すべきなのか。『週刊ダイヤモンド』(2017年2月25日号)の第2特集を電子化したものです。雑誌のほかのコンテンツは含まれません。

下記のサイトでご購入いただけます。

(サイトによって商品のお取扱いがない場合がございます。あらかじめご了承ください。)

ブック検索

タイトル、著者名、キーワードなどから検索できます。

  • 週刊ダイヤモンド定期購読201404
  • Adinfo
  • ダイヤモンド社「電子書籍アプリ」および「中谷彰宏文庫」サービス終了のお知らせ