パートナー間の利害調整でイノベーションを実現する(DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー論文)

内容紹介

今日では、数多くの業界で製品・サービスのシンプルなイノベーションでさえ、複雑なものになりがちである。なぜなら各企業が相互のつながりが強い有力なステークホルダーで構成されるエコシステムの中で事業を展開しているからだ。筆者たちはイノベーションを円滑にする概念化プロセスを考案した。ある製薬会社はそれを活用してサービスのイノベーションを成功裡に進めた。本書では、この製薬会社の事例をもとに、プロセスの6つのステップを解説する。

*『DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー(2017年6月号)』に掲載された記事を電子書籍化したものです。

下記のサイトでご購入いただけます。

(サイトによって商品のお取扱いがない場合がございます。あらかじめご了承ください。)

ブック検索

タイトル、著者名、キーワードなどから検索できます。

  • 週刊ダイヤモンド定期購読201404
  • Adinfo
  • ダイヤモンド社「電子書籍アプリ」および「中谷彰宏文庫」サービス終了のお知らせ