• twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

国連機関にリスク管理とコスト意識を持ち込む(DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー論文)

  • 電子版

国連機関にリスク管理とコスト意識を持ち込む(DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー論文)

書籍情報

  • 電子版
  • 発行年月:2020年05月

内容紹介

UNOPS(国連プロジェクトサービス機関)は、国連機関の中でも異色の存在だ。1990年半ばまでUNDP(国際連合開発計画)のプロジェクト実行部門の一つだったが、そのあり方が利益相反と批判を受け、1995年にみずから資金調達を行う独立事業体となった。当初は損失続きで運営もうまくいかなかったが、2006年に当時の事務局長が、経営立て直しに着手し、成功を収める。そしてその後を継いだ本書の筆者グレテ・ファレモがさらなる改革を追求し、国連組織の中の反対に遭いながらも財務規律を守り、リスクを取る文化を根付かせた。そして当然だが、国連が持つ大きな目標も達成しようとしている。この試みは多くのNGOにとっても大きな教訓となることだろう。


*『DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー(2019年10月号)』に掲載された記事を電子書籍化したものです。

電子書籍は下記のサイトでご購入いただけます。

(デジタル版では、プリント版と内容が一部異なる場合があります。また、著作権等の問題で一部ページが掲載されない場合があることを、あらかじめご了承ください。)

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック