「ETCカード」をお得に発行できるクレジットカードを紹介! ETCカードの発行手数料や年会費が無料のクレジットカードに申し込んで、お得にETCカードを保有しよう!

高速道路などの有料道路を利用する人なら欠かせない「ETCカード」だが、その発行手数料や年会費はクレジットカードによって異なっている。そこで、今回は、ETCカードの発行手数料や年会費が無料で、お得にポイントも貯まるクレジットカード8枚を紹介。仕事やプライベートで自動車によく乗る人は、この記事を参考にして、お得にETCカードを発行できるクレジットカードに申し込もう!

クレジットカード「還元率が高いおすすめカード11枚」 を比較! 多数のクレジットカードの中から、高還元で 注目のお得なクレジットカード11枚を厳選して紹介!
クレジットカード「マイルが貯まりやすい、おすすめ の12枚」を比較! クレジットカードを使うと、ANA やJALなどのマイルがお得に貯まるカード12枚を紹介
ゴールドカード「おすすめの高還元&付帯特典充実の カード15枚」を比較! 多数のゴールドカードの中から 還元率が高い&付帯特典がお得なカード15枚を紹介!
プラチナカード「おすすめの高還元&付帯特典が充実の カード13枚」を比較! プラチナカードの中から高還元 &年会費のモトがすぐ取れるお得なカード13枚を紹介
クレジットカード「年会費無料のおすすめカード12枚」 を比較! 多数のクレジットカードの中から、年会費が 無料(もしくは実質無料)の注目カード12枚を紹介!
クレジットカード「即日発行など、すぐに使えるおすす めカード13枚」を比較! 多数のクレジットカードの中 から、発行が早くてお得な注目のカード13枚を紹介!
クレジットカード「ETCカードが無料のおすすめカー ド11枚」を比較! ETCカードの年会費や発行手数料が 無料&高還元の注目のクレジットカード11枚を紹介!
 クレジットカードおすすめ比較【2022年最新版】

【2024年5月10日時点】
ETCカードの年会費&発行手数料が無料の「おすすめクレジットカード」を紹介!

還元率 クレジットカードの年会費
(税込)
ETCカード(税込)
発行手数料 年会費

JCB カード W(ダブル)

1.0~10.5%
(※)
永年無料 無料 無料
JCB カード Wの券面
【JCB カード Wのおすすめポイント】
大手カード会社が発行するクレジットカードとしては珍しく、通常還元率1.0%と高還元のうえに年会費無料なのが魅力! また「ORIGINAL SERIESパートナー加盟店」のセブン-イレブンなどでは還元率2%、「ポイントアップ登録(無料)」をすればAmazonでも還元率2%、スターバックスでは「スターバックスカード」へのチャージで還元率5.5%、「Starbucks eGift」の購入で還元率10.5%に大幅アップ! 申し込めるのは39歳以下だけだが、40歳以降も継続して保有できるので、これからクレジットカードを作りたい20~30代の人におすすめ!
※貯まったOki Dokiポイントを「JCB PREMO」に交換した場合の還元率。
【JCB カード Wの関連記事】
JCB カード Wの還元率や年会費、付帯特典など、おすすめポイントを解説!
「JCB カード W」は、ETCカードの発行手数料と年会費が無料のうえに、ETC利用時に1%分のポイントが貯まるお得なクレジットカード!

三井住友カード(NL)

0.5~7.0%
(※1)
永年無料 無料 初年度無料
次年度以降も条件次第で無料※2
三井住友カード(NL)の券面
【三井住友カード(NL)のおすすめポイント】
通常還元率は0.5%だが、セブン-イレブン、ローソン、マクドナルド、サイゼリヤ、バーミヤンなどでは、「三井住友カード(NL)」を登録したApple PayやGoogle Payによる「Visaのタッチ決済」または「Mastercardタッチ決済」を利用すると還元率7%でお得!(※3) さらに、対象の「三井住友カード」を保有する家族を登録すると還元率がアップする「家族ポイント」も活用すれば、対象のコンビニや飲食店で最大12%還元と驚異の高還元に! 獲得できる「Vポイント」は、dポイントやPontaポイントなどのポイントに交換できるほか、「キャッシュバック」を利用すれば「1ポイント=1円分」としてキャッシュバックできるなど、ポイントの使い道が幅広いのも魅力! また、券面にカード番号が記載されていない「ナンバーレス(NL)」タイプのクレジットカードなので、セキュリティが高いのもメリット(カード番号はアプリで確認可能)。
※1「1ポイント=1円相当」のポイントや景品などに交換した場合の還元率。※2 次年度以降は年会費550円(税込)。ただし、年1回でも利用すれば次年度以降も年会費無料。※3 一部店舗では還元率7.0%とならない場合あり。また、一部店舗および一定金額を超える支払いでは「Visaのタッチ決済」や「Mastercardタッチ決済」が利用不可の場合あり。iD、カードの差し込み、磁気取引による決済は7.0%還元の対象外。
【三井住友カード(NL)の関連記事】
三井住友カード(NL)の還元率や年会費、付帯特典など、おすすめポイントを解説!
「三井住友カード(NL)」は、ETCカードがお得なだけでなく、対象のコンビニや飲食店では最大12%還元なのが魅力!

イオンカードセレクト

0.5~1.0% 永年無料 無料 無料
イオンカードセレクトのカードフェイス
【イオンカードセレクトのおすすめポイント】
通常の「イオンカード」では、電子マネー「WAON」へのチャージでポイントを獲得できないが、「イオンカードセレクト」なら0.5%分のポイントが貯まるのでお得! さらに、イオンやダイエーなどのイオングループでは、いつでも還元率1.0%にアップするほか、毎月10日はイオングループ以外でも還元率1.0%の高還元に! また、毎月20日・30日の「お客様感謝デー」には、イオンやマックスバリュなどで買い物代金が5%オフになったり、イオンシネマで映画鑑賞券が1100円の格安料金で買えたりと、イオングループで利用できるお得な優待特典が盛りだくさん!
【イオンカードセレクトの関連記事】
イオンカードセレクトの還元率や年会費、付帯特典など、おすすめポイントを解説!
還元率 クレジットカードの年会費
(税込)
ETCカード(税込)
発行手数料 年会費

エポスカード

0.5~10.0% 永年無料 無料 無料
エポスカードの券面
【エポスカードのおすすめポイント】
通常還元率は0.5%だが、マルイのバーゲン「マルコとマルオの7日間」では10%オフになるので、マルイの中に入っている無印良品やユニクロなどでお得に買い物できる! しかも、年会費無料のクレジットカードながら、最高3000万円を補償する海外旅行保険が付帯するのも大きな魅力! このほかにも「エポスカード」会員だけが使える優待特典として、イオンシネマの映画鑑賞券が1800円⇒1400円になる特典や、カラオケ館の室料が30%オフになる特典など、全国1万店以上の飲食店やレジャー施設などを割引価格で利用できる! さらに、ある程度カードを利用すると、空港ラウンジなども利用できる上位カード「エポスゴールドカード」を年会費無料(通常は税込5000円)で保有できるインビテーション(招待状)が届く!
【エポスカードの関連記事】
エポスカードの還元率や年会費、付帯特典など、おすすめポイントを解説!

セブンカード・プラス

0.5~5.0% 永年無料 無料 無料
セブンカード・プラスの券面
【セブンカード・プラスのおすすめポイント】
通常還元率は0.5%と一般的なクレジットカードと同じだが、「セブン-イレブン」や「イトーヨーカドー」などでは、いつでも還元率1.0%! しかも、カードタイプの「nanaco」にチャージ可能&0.5%分のポイントが貯まる唯一のクレジットカードとなっているほか、毎月8のつく日(8日、18日、28日)は全国のイトーヨカドーで5%オフで買い物できるなど、セブン&アイグループの店舗を利用する人におすすめ! また、券面デザインはミッキーマウスが描かれた「ディズニー・デザイン」を選ぶこともできるのも魅力。
【セブンカード・プラスの関連記事】
セブンカード・プラスの還元率や年会費、付帯特典など、おすすめポイントを解説!

ライフカード

0.5~1.5% 永年無料 無料 初年度無料
次年度以降も条件次第で無料※1
ライフカードの券面
【ライフカードのおすすめポイント】
通常還元率は0.5%だが、初年度は1.5倍の還元率0.75%になるほか、毎年の誕生月は3倍の還元率1.5%にアップするのが魅力。さらに、年間50万円以上の利用で翌年は還元率0.75%、100万円以上の利用で還元率0.9%、200万円以上の利用で還元率1.0%にアップするほか、年間50万円以上を利用すると300ポイント(=1500円相当)がプレゼントされるなど、カードを使えば使うほど還元率がアップする! また、オンラインショッピングモール「L-Mall」を経由すれば「楽天市場」や「Yahoo! ショッピング」などで還元率1.0~12.5%の高還元に!
※1 次年度以降は年会費1100円(税込)。ただし、年1回でも利用すれば次年度以降も無料。
【ライフカードの関連記事】
ライフカードの還元率や年会費、付帯特典など、おすすめポイントを解説!
還元率 クレジットカードの年会費
(税込)
ETCカード(税込)
発行手数料 年会費

楽天カード

1.0~3.0% 永年無料 無料 550円
※楽天ダイヤモンド会員、プラチナ会員は無料
楽天カードの券面
【楽天カードのおすすめポイント】
年会費無料のうえに通常還元率1.0%と高還元で、クレジットカード、楽天ポイントカード、電子マネー「楽天Edy」の3つの機能が一体化していて利便性も高いので、初めての1枚にもピッタリ! 特に、楽天市場や楽天ブックスなどでは最低でも還元率が3.0%以上になるので楽天ユーザーはフル活用するのがおすすめ! また、獲得した楽天ポイントは楽天市場などで利用できるほか、カード利用額に充当、スマホ決済の「楽天ペイ」にチャージ、楽天証券でのポイント投資など、さまざまなサービスで「1ポイント=1円」として利用できるので、ポイントの使い道に困らないのも大きなメリット!
【楽天カードの関連記事】
楽天カードの還元率や年会費、付帯特典など、おすすめポイントを解説!

セゾンカードインターナショナル

0.5~1.0% 永久無料 無料 無料
セゾンカードインターナショナルの券面
【セゾンカードインターナショナルのおすすめポイント】
貯まるポイントは有効期限のない「永久不滅ポイント」なので、ポイントの失効を気にする必要がないのが魅力! また、Webから申し込めば、最短でその日のうちに全国のららぽーとなどにあるカードカウンターで受け取れるほか、ETCカードの年会費も“永久無料”なので、ETCカードが欲しい人にもおすすめ。そのほか、全国の遊園地や美術館などの料金が割引される、お得な優待特典も利用可能!

ETCカードの発行手数料や年会費がお得で、
ポイントも貯まりやすい高還元クレジットカード2枚を紹介!

 クレジットカードに申し込むなら、ETCカードの発行手数料や年会費がお得なだけでなく、ポイントも貯まりやすい高還元クレジットカードに申し込みたいところだ。

 そこで、ここからは、ETCカードをお得に発行できて、普段の買い物などでもポイントが貯まりやすい、ダイヤモンドZAiオンラインα編集部おすすめのクレジットカード2枚を紹介。それぞれポイントが貯まりやすいサービスやシーンなどが異なるので、ETCカードの発行を考えている人は、ぜひ、参考にしてほしい。

「JCB カード W」は、ETCカードの発行手数料と年会費が無料のうえに、
ETC利用時に1%分のポイントが貯まるお得なクレジットカード!

 続いて、大手カード会社のJCBが発行する「JCB カード W(ダブル)」を紹介しよう。18歳~39歳しか申し込めないクレジットカードだが(40歳以降も継続して保有することは可能)、その分、大手カード会社としては珍しく、年会費無料で通常還元率1%とお得なのが特徴だ。
【※関連記事はこちら!】
JCB カード Wの還元率や年会費、付帯特典など、おすすめポイントを解説!

 「JCB カード W」のETCカードは、発行手数料と年会費がそれぞれ無料。しかも、通常還元率1%と高還元で、ETC利用でも1%分のポイントが貯まるのが大きなメリットだ。もちろん、スーパーやコンビニ、飲食店、ネットショップなどでも1%還元なので、ポイントが貯まりやすくなっている。

 さらに「JCB ORIGINAL SERIESパートナー加盟店」のセブン-イレブンなどで利用すると還元率2%、事前に「ポイントアップ登録(無料)」をすれば、Amazonでも還元率2%、スターバックスでは「スターバックスカード」へのチャージで還元率5.5%、「Starbucks eGift」の購入で還元率10.5%になるなど、さらに還元率がアップする

 また「JCB カード W」は、ETCカードの発行手数料と年会費が無料なのも魅力。もちろん、ETCカードの利用でも1%分のポイントが貯まるので、ドライブが好きな人や有料道路をよく利用する人などにもおすすめだ。

JCB カード W(ダブル)
還元率 1.0~10.5%
※貯まったOki Dokiポイントを「JCB PREMO」に交換した場合の還元率。
「JCB CARD W(ダブル)」のカードフェイス
 
発行元 JCB
国際ブランド JCB
年会費 永年無料
家族カード あり(永年無料)
ポイント付与対象の
電子マネー
QUICPay
「JCB CARD W(ダブル)」の公式サイトはこちら

「三井住友カード(NL)」は、ETCカードがお得なだけでなく、
対象のコンビニや飲食店では最大12%還元なのが魅力!

 最後に、年会費無料のクレジットカード「三井住友カード(NL)」を紹介しよう。ちなみに「NL(ナンバーレス)」とは、券面にカード番号が表記されていないことを意味し、決済時などにカード番号を他人に見られない分、一般的なクレジットカードよりもセキュリティが高くなっている。
【※関連記事はこちら!】
三井住友カード(NL)の還元率や年会費、付帯特典など、おすすめポイントを解説!

 「三井住友カード(NL)」のETCカードは、初年度の年会費が無料で、次年度以降は年会費550円(税込)だが、年1回でもETCカードを利用すれば次年度以降も年会費無料になる。

 また「三井住友カード(NL)」は、通常還元率0.5%と一般的なクレジットカードと同等だが、セブン-イレブン、ローソン、マクドナルド、サイゼリヤ、バーミヤンなどでは、「三井住友カード(NL)」を登録したApple PayやGoogle Payによる「Visaのタッチ決済」または「Mastercardタッチ決済」を利用すると“還元率7%”に大幅アップするのが最大のメリット。通常の14倍のポイントが貯まることになるので、日常的にコンビニを利用している人は驚くほどポイントが貯まるはずだ(一部店舗では還元率7.0%とならない場合あり。また、一部店舗および一定金額を超える支払いでは「Visaのタッチ決済」や「Mastercardタッチ決済」が利用不可の場合あり。iD、カードの差し込み、磁気取引による決済は7.0%還元の対象外)。

 さらに、対象の「三井住友カード」を保有する家族を登録すると還元率がアップする「家族ポイント」というサービスもある。具体的には、二親等内の家族に対象の「三井住友カード」の本会員がいると、その人数に応じて、セブン-イレブン、ローソン、マクドナルド、サイゼリヤ、バーミヤンなどでの還元率が+1%され、最大で還元率が+5%もアップするサービスとなっている。

 たとえば、自分以外の家族5人が対象の「三井住友カード」を保有して「家族ポイント」に登録すれば、対象コンビニやマクドナルドでそれぞれのカードの還元率が+5%になる。しかも、前述の「Visaのタッチ決済」および「Mastercardタッチ決済」の特典も併用できるので、対象のコンビニや飲食店では、最大で還元率12%という驚異の高還元に到達するのだ。

 また「三井住友カード(NL)」の利用で貯まる「Vポイント」は、dポイントやPontaポイント、ANAのマイルなどに交換できるほか、「キャッシュバック」というサービスを利用すれば「1ポイント=1円分」としてカード利用額に充当できるので、ポイントの使い道に困らないのもメリットと言える。

三井住友カード(NL)
還元率 0.5~7.0%
※セブン-イレブン、ローソン、マクドナルドなどの対象のコンビニ・飲食店で、Apple PayやGoogle PayによるVisaのタッチ決済またはMastercardタッチ決済を利用すると還元率7.0%(一部店舗および一定金額を超える支払いでは指定の決済方法を利用できない場合、または指定のポイント還元にならない場合あり。iD、カードの差し込み、磁気取引による決済は7.0%還元の対象外。「1ポイント=1円相当」のポイントや景品などに交換した場合の還元率)
「三井住友カード ナンバーレス」のカードフェイス
発行元 三井住友カード
国際ブランド VISA、Master
年会費 永年無料
家族カード あり(年会費無料)
ポイント付与対象の
電子マネー
iD
詳細はこちら(公式サイトへ)

 以上、ETCカードの発行手数料や年会費がお得で、ポイントも貯まりやすい、おすすめのクレジットカード2枚を紹介した。現在、年会費がかかるETCカードを利用している人は、今回の記事も参考にして、クレジットカードを乗り換えることも検討してみよう。