• twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

週末は田舎暮らし

ゼロからはじめた「二地域居住」奮闘記

  • 紙版
  • 電子版

週末は田舎暮らし

ゼロからはじめた「二地域居住」奮闘記

書籍情報

  • 紙版
  • 電子版
  • 馬場 未織:著
  • 定価:本体1,500円+税
  • 発行年月:2014年02月
  • 判型/造本:46並製
  • 頁数:264
  • ISBN:978-4-478-02505-5

内容紹介

山崎亮氏推薦!「すごくアナログだけど、とても未来的な生活だ。」
東京生まれ、会社勤め、共働き、子供3人。「田舎素人」の一家が、都会と里山の往復生活を通して手さぐりで見つけた、これからの豊かで新しい暮らし方。土地探しから地域との関わり方、家庭菜園まで、等身大のデュアルライフ入門。

目次・著者紹介詳細を見る▼

目次

はじめに

第1章 田舎がない。田舎が欲しい

日常に、田舎暮らしをインサートする
「はじめる」ことと「続ける」こと
遅ればせながら、自然デビュー
遊べる「外」はどこにあるか?
田舎にも家を持つことのリアリティ

第2章 理想の土地を探して

ネットではじめた土地探し
不動産巡りの日々
アクアラインを渡る決意
房総半島土地行脚

第3章 運命の土地との出合い

運命の土地
8700坪という桁違いな広さ
古い農家に宿る魅力
農地を取得するのは無謀か?
協力者との、信頼関係
売り主さんに会ってこそ、分かること

第4章 週末は農家暮らし

歴史感のある空気を上書きする「こどもおばけたち」
家には手を入れず、このままで住もう
うちは「ウエンダイ」
房総、草ぼうぼう

第5章 南房総 ── 東京往復生活

大移動の週末
生きものを喰らう
カエルの調律
自分でつくった野菜を食べる
生きものたちとの二地域居住
電車の中でひとり、イノシシに悩む
生まれ故郷は空気

第6章 迷ったり、変わったり、確かめたり

千葉ばっかりでつまんなーい
野良着とポテチ
人間の脳がつくった世界からの脱却

第7章 里山生活を内側から発信する

アウェイからホームへ
個人の実感を、活動に変えていく①里山学校
個人の実感を活動に変えていく②洗足カフェ
個人の実感を活動に変えていく③三芳つくるハウス

第8章 2つの地域に住むということ

第1の故郷、第2の故郷
緊張と弛緩
普通の人が、普通にはじめる週末田舎暮らし
出発の前に

[コラム]
東京R不動産・吉里裕也氏に聞く、リアル二地域居住情報


おわりに





著者

馬場未織(ばば・みおり)
1973年東京都生まれ。1996年日本女子大学卒業、1998年同大学大学院修了後、建築設計事務所勤務を経て建築ライターへ。プライベートでは2007年より家族5人とネコ2匹、その他その時に飼う生きものを連れて「平日は東京で暮らし、週末は千葉県南房総市の里山で暮らす」という二地域居住を実践。東京と南房総を通算約200往復する暮らしの中で、里山での子育てや里山環境の保全・活用、都市農村交流などを考えるようになり、2011年に農家や建築家、教育関係者、造園家、ウェブデザイナー、市役所公務員らと共に任意団体「南房総リパブリック」を設立し、2012年に法人化。現在はNPO法人南房総リパブリック理事長を務める。メンバーと共に、親と子が一緒になって里山で自然体験学習をする「里山学校」、東京に野菜の美味しさを届ける「洗足カフェ」(目黒区)、里山環境でヒト・コト・モノをつなげる拠点「三芳つくるハウス」の運営などを手掛ける。

NPO法人南房総リパブリック
http://mb-republic.com/

洗足カフェ
http://senzokucafe.com/

プリント版書籍は下記のストアでご購入いただけます。
  • Amazon で購入
  • e-hon で購入
  • HMV&BOOKS online で購入
  • 紀伊国屋BookWeb で購入
  • セブンネットショッピング で購入
  • TSUTAYAオンラインショッピング で購入
  • BOOKFAN で購入
  • honto で購入
  • Honya Club で購入
  • ヨドバシカメラ で購入
  • 楽天ブックス で購入

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるためお取り扱いがない場合がございます。)

電子書籍は下記のサイトでご購入いただけます。

(デジタル版では、プリント版と内容が一部異なる場合があります。また、著作権等の問題で一部ページが掲載されない場合があることを、あらかじめご了承ください。)

山崎亮氏推薦!
「すごくアナログだけど、とても未来的な生活だ。」

「平日は都会で働き、週末は田舎で過ごす」という暮らし方。
「土地探し」から「地域との関わり方」「家庭菜園」まで、
等身大のデュアルライフ入門

東京生まれ、東京育ち、ごく普通の共働き家族が、
都会での子育てに疑問を感じてたどり着いたのは、
週末だけ過ごすための、南房総8700坪の農地だった。

移住ではない、都会と里山の往復生活を通して、
「田舎素人」の一家が手さぐり 、体当たりで見つけた、
これからの豊かで新しい暮らし方とは?

増え続ける田舎暮らしや二地域居住希望者のための、
知識ゼロからの里山暮らし入門

近年、ライフスタイルの多様化に応じて、
田舎暮らし、二地域居住(デュアルライフ)のニーズが高まってきています。

これまで田舎暮らしは、定年後の暮らし方として、
あるいはUターン、Iターンによってはじめて実現できるスタイルとされてきましたが、
その常識がいま、少しずつ崩れはじめています。

会社勤めのサラリーマンでも、
「平日は都会で働き、週末は田舎で過ごす」という二地域居住が
十分可能になっているのです。

本書は、ごく普通の東京在住の家族が、
「自然の中で子育てをしたい」という思いから南房総に土地を見つけ、
平日都会、週末里山の往復生活を繰り返しながら、
豊かな暮らしとは何かを見出し、NPO法人をつくって発信していくまでの奮闘記です。

東京生まれ、会社勤め、共働き、子供3人。
およそフットワークが軽いとはいえない夫婦が、
子供を引き連れ、ゼロからはじめた新しいライフスタイル。

本書は、二地域居住の入門書でありながら、
都市生活と里山暮らしの違いとは?
人が幸せを感じる暮らし方とは?
地域とどのように関わりながら生きるのか?
自然の中での子育てにはどういう意味があるのか?
などについて、多くの示唆を与える内容になっています。

どちらか一つではない、
都会と田舎のあいだに生きるすべての人に贈る1冊。
ユニークな不動産を多数紹介する人気不動産サイト、
東京R不動産の 「リアル二地域居住情報」も掲載。

目次より

第1章 田舎がない。田舎がほしい
第2章 理想の土地を探して
第3章 運命の土地との出会い
第4章 週末は農家暮らし
第5章 南房総-東京往復生活
第6章 迷ったり、変わったり、確かめたり
第7章 里山生活を内側から発信する
第8章 二つの地域に住むということ

プリント版書籍は下記のストアでご購入いただけます。
  • Amazon で購入
  • e-hon で購入
  • HMV&BOOKS online で購入
  • 紀伊国屋BookWeb で購入
  • セブンネットショッピング で購入
  • TSUTAYAオンラインショッピング で購入
  • BOOKFAN で購入
  • honto で購入
  • Honya Club で購入
  • ヨドバシカメラ で購入
  • 楽天ブックス で購入

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるためお取り扱いがない場合がございます。)

電子書籍は下記のサイトでご購入いただけます。

(デジタル版では、プリント版と内容が一部異なる場合があります。また、著作権等の問題で一部ページが掲載されない場合があることを、あらかじめご了承ください。)

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック