• twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

稲盛和夫経営講演選集 第6巻 企業経営の要諦

  • 紙版
  • 電子版

稲盛和夫経営講演選集 第6巻 企業経営の要諦

書籍情報

  • 紙版
  • 電子版
  • 稲盛和夫 著/京セラ株式会社 編
  • 定価:本体3,980円+税
  • 発行年月:2016年04月
  • 判型/造本:46上製
  • 頁数:528
  • ISBN:978-4-478-06817-5

内容紹介

「稲盛和夫経営講演選集」第6巻のテーマは、シリーズの集大成となる「企業経営の要諦」。京セラ、KDDI、日本航空という巨大企業の立ち上げから成長発展、そして再建を成し遂げてきた稲盛氏の経営の真髄をまとめる。稲盛氏がまさに日本航空の再建にあたった2010年代珠玉の講演選集。

目次・著者紹介詳細を見る▼

目次

稲盛和夫経営講演選集 第6巻 企業経営の要諦 ── 発刊にあたって

京セラフィロソフィの3つの要素について

盛和塾ハワイ開塾記念講話 ── 2010年1月20日

悩み、考え続けた末に見つけた経営の考え方と方法
基準となる考え方に全社員がベクトルを合わせる
企業経営の規範となるルール、約束事を確立する
会社の目的、目標を明確に示す
どの山にのぼるのか
企業に「人格」(社格)を与える
信頼と尊敬を勝ち取らねば、人を治めることはできない
言葉が通じなくても、信頼され尊敬されるためには
哲学の実践は「日々の反省」から
人間社会に求められるリーダーの資質
人格はときとともに変化する。ゆえに人格を高め、維持するよう努め続ける

フィロソフィこそ経営の源泉

盛和塾福島開塾式講話 ── 2011年6月2日

未曾有の困難と懸命に闘う皆さんへ
経営の要諦は「フィロソフィ」に尽きる
「フィロソフィ」は逆境の中で悩み抜いて、ようやく見つけたもの
人並み程度の能力で、人並み以上のことを成し遂げるには
際限のない努力が成功をもたらす
考え方がマイナスなら、結果もマイナスに
講演聴講者から贈られた即興詩
日本航空の意識改革は、フィロソフィがもたらした
フィロソフィが社員の心に火をつけ、お客様の感動の声を呼び起こした
社員の意識と会社業績は連動する

アメーバ経営が持続的な企業成長をもたらす

2011 稲盛和夫経営哲学広州報告会講演 ── 2011年9月25日

経営の実践の中から生み出されたアメーバ経営
アメーバ経営の3つの目的
1.マーケットに直結した部門別採算制度の確立
原理原則に基づいた部門別採算制度
2.経営者意識をもつ人材の育成 ── 共同経営者としての仲間を増やす
3.経営哲学をベースとした全員参加経営の実現 ── 経営理念と情報の共有化で従業員の経営者意識を高める
アメーバ経営運用にあたっての留意点 ── アメーバ組織づくりの3つのポイント
アメーバ間の値決めをどうするか
会社全体のモラルと利益を損なわせる「利益の対立」
アメーバ経営のリーダーにはフィロソフィが必要
「人にやさしい経営」を可能にする経営システム
全世界の隅々まで浸透したアメーバ経営

京セラ会計学

──  今こそ求められる経営のための会計学  ──
2011 稲盛和夫経営哲学大連報告会講演 ── 2011年10月23日

経理の専門家ではない私が確立した、会計の原理原則
経営の原点と会計 ── 物事の本質に立ち返って考える
経理部長とのやりとりを通して生まれた会計学
1.キャッシュベース経営の原則
2.1対1対応の原則
3.筋肉質経営の原則
4.完璧主義の原則
5.ダブルチェックの原則
6.採算向上の原則
7.ガラス張り経営の原則
より堅固な経営管理体制で、さらなる発展を

リーダーの資質

稲盛和夫経営哲学重慶報告会講演 ── 2012年6月3日

企業活動の先頭に立つ者はいかにあるべきか
幌馬車隊の隊長が示す、リーダーの5つの要件
1.使命感をもつ
集団の幸福を実現するという大義名分
2.目標を明確に描き、実現する
心を込めて語り、エネルギーを転移する
リーダーは強い意志で目標を達成する
3.新しいことに挑戦する
能力を未来進行形でとらえる
楽観的に構想し、悲観的に計画し、楽観的に実行する
4.信頼と尊敬を集める
リーダーは何よりも「公正」でなければならない
リーダーには困難にもひるまぬ「真の勇気」も必要
さらに、リーダーは「謙虚」でなければならない
加えて、リーダーは「常にポジティブ」であるべき
5.思いやりの心をもつ
真のリーダーシップとはどのようなものか

人と企業を成長発展に導くもの

──  日本航空再建の真の要因と日本経済の再生について  ──
第20回盛和塾世界大会講話 ── 2012年7月19日

人と企業を成長発展に導くものとは
日本航空再建の真の要因
盛和塾生による「利他の心」の実践
なぜ日本航空再建は順調に進んだのか
フィロソフィに基づく意識改革
アメーバ経営による組織改革
「隠れ念仏」によって育まれた感謝の思い
奇跡的な回復をもたらしてくれたサムシング・グレートの存在
「人間として何が正しいのか」で判断したアメリカン航空との提携継続
ことほどさように、経営とは波瀾万丈
経営者にはすさまじい闘争心が必要不可欠
「京セラ社員よ、闘争心を持て」
低迷する日本経済に足りないもの
燃える闘魂をもち、美しい心を羅針盤とする

企業統治の要諦

──  従業員をモチベートする  ──
盛和塾ロサンゼルス塾長例会講話 ── 2012年10月2日

経営の原点に立ち返る
従業員をパートナーにする
従業員が社長に惚れ込むようになるには
ひたすら仕事の意義を説く
すばらしいビジョンを掲げる
会社の目的とは何か。ミッションを確立する
高邁な大義こそが事業の成功を導く
全部門で大義名分を掲げる
フィロソフィを社員と学び、共有する
フィロソフィを自分のものとするよう心を高める
企業統治の要諦は従業員をモチベートすること
意識改革によって生まれ変わった日本航空
日本航空再建の真の要因について

経営12ヵ条(第1条〜第4条)

盛和塾西日本忘年塾長例会講話 ── 2012年12月11日

「経営12ヵ条」の力を信じて実践する

1.事業の目的、意義を明確にする
  ── 公明正大で大義名分のある高い目的を立てる ──
2.具体的な目標を立てる
  ── 立てた目標は常に社員と共有する ──
3.強烈な願望を心に抱く
  ── 潜在意識に透徹するほどの強く持続した願望をもつこと ──
4.誰にも負けない努力をする
  ── 地味な仕事を一歩一歩堅実に、たゆまぬ努力を続ける ──

経営12ヵ条(第5条〜第12条)

第21回盛和塾世界大会講話 ── 2013年7月18日

5.売上を最大限に伸ばし、経費を最小限に抑える
  ── 入るを量って、出ずるを制する。利益を追うのではない。利益は後からついてくる ──
6.値決めは経営
  ── 値決めはトップの仕事。お客様も喜び、自分ももうかるポイントは一点である ──
7.経営は強い意志で決まる
  ── 経営には岩をもうがつ強い意志が必要 ──
8.燃える闘魂
  ── 経営にはいかなる格闘技にもまさる激しい闘争心が必要 ──
9.勇気をもってことにあたる
  ── 卑怯な振る舞いがあってはならない ──
10.常に創造的な仕事をする
  ── 今日よりは明日、明日よりは明後日と、常に改良改善を絶え間なく続ける。創意工夫を重ねる ──
11.思いやりの心で誠実に
  ── 商いには相手がある。相手を含めて、ハッピーであること。みんなが喜ぶこと ──
12.常に明るく前向きに、夢と希望を抱いて素直な心で






著者

稲盛和夫(いなもり・かずお)
1932年、鹿児島県生まれ。鹿児島大学工学部卒業。59年、京都セラミック株式会社(現京セラ)を設立。社長、会長を経て、97年より名誉会長。84年に第二電電(現KDDI)を設立、会長に就任。2001年より最高顧問。10年に日本航空会長に就任し、代表取締役会長、名誉会長を経て、15年より名誉顧問。1984年に稲盛財団を設立し、「京都賞」を創設。毎年、人類社会の進歩発展に功績のあった人々を顕彰している。また、若手経営者が集まる経営塾「盛和塾」の塾長として、後進の育成に心血を注ぐ。
主な著書に『生き方』(サンマーク出版)、『アメーバ経営』(日本経済新聞出版社)、『ゼロからの挑戦』(PHP研究所)、『成功の要諦』(致知出版社)、『人生の王道』(日経BP社)、『ど真剣に生きる』(NHK出版)、『君の思いは必ず実現する』(財界研究所)、『働き方』(三笠書房)、『燃える闘魂』(毎日新聞社)などがある。

プリント版書籍は下記のストアでご購入いただけます。
  • Amazon で購入
  • e-hon で購入
  • HMV&BOOKS online で購入
  • 紀伊国屋BookWeb で購入
  • セブンネットショッピング で購入
  • TSUTAYAオンラインショッピング で購入
  • BOOKFAN で購入
  • honto で購入
  • Honya Club で購入
  • ヨドバシカメラ で購入
  • 楽天ブックス で購入

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるためお取り扱いがない場合がございます。)

電子書籍は下記のサイトでご購入いただけます。

(デジタル版では、プリント版と内容が一部異なる場合があります。また、著作権等の問題で一部ページが掲載されない場合があることを、あらかじめご了承ください。)

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック