• twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

稲盛和夫経営講演選集 第2巻 私心なき経営哲学

  • 紙版
  • 電子版

稲盛和夫経営講演選集 第2巻 私心なき経営哲学

書籍情報

  • 紙版
  • 電子版
  • 稲盛和夫 著/京セラ株式会社 編
  • 定価:本体3,980円+税
  • 発行年月:2015年09月
  • 判型/造本:46上製
  • 頁数:384
  • ISBN:978-4-478-06630-0

内容紹介

「稲盛和夫経営講演選集」シリーズ第2巻のテーマは哲学。創業直後に掲げた「全従業員の将来にわたる物心両面の幸福を追求する」という経営理念と「人類社会の進歩発展に貢献する」という思いが、いかに京セラ発展の原動力となり、いかなる結果につながったか。経営と哲学の関係を語り尽くした1990年代珠玉の講演集。

目次・著者紹介詳細を見る▼

目次

稲盛和夫経営講演選集 第2巻 私心なき経営哲学 ── 発刊にあたって

経営者に求められる人間性

盛和塾神戸塾長例会講話 ── 1990年2月19日

「盛和塾」誕生の経緯
京セラを創業するまで
本田宗一郎の謦咳に接する
「人間性の成長」が経営を伸ばす
経営で求められる勇気
経営の要諦は「売上最大、経費最小」
メンタリティを変える

リーダーシップと判断基準

旧郵政省講演 ── 1991年5月31日

省庁にこそ求められるリーダーシップ
リーダーの第一条件は、組織に影響力を及ぼすこと
現在の経営状態は、日々の判断の積み重ね
「判断基準」がリーダーの価値を決めていく
たどっていくと、人間の本能にたどりつく
理性による判断とその限界
理性を超えた先にある、魂のレベルでの判断
人間の本質とは何か。外国人幹部たちとの3日間の議論
われわれ凡人は、どうすれば魂のレベルで判断できるのか
「動機善なりや、私心なかりしか」
リーダーがもつべきは、すばらしい心根と哲学

企業における自己革新

第16回研究・開発のための開発管理科学講座講演 ── 1991年6月5日

発明発見は哲学の領域
コンセプトありきで発想する
自己革新できない日本社会の風土
研究者にとっての唯一の頼りは、心の羅針盤
すばらしい人間性がないと、物事の核心を衝けない
野蛮な勇気と真の勇気は、紙一重
本能と理性の役割
苦難に遭遇したら、逃げずに真正面から取り組む
雑念を払拭すれば、パラダイムシフトも見える

経営と闘魂

盛和塾札幌開塾式講話 ── 1992年8月26日

トップの哲学が経営を決める
従業員を守るのは、並大抵のことではない
マラソンにおける闘魂とは
「不言実行」よりも「有言実行」
全力で先頭集団についていけ
オーバーペースで走り続けることで、成長発展する
人々が「決してできるわけがない」と言ったことをやる

企業経営を好転させる哲学

盛和塾関東ブロック合同塾長例会講話 ── 1994年8月9日

社長としての心構え
社長心得八ヵ条
なぜ経営に哲学が必要なのか
社風とは、従業員の心がつくるもの
烈風吹きすさぶような厳しさを含んだ優しさを
私心なき動機で成功に導いた、通信事業の創業
善意の買収が、業績向上の鍵となる

心を高める、経営を伸ばす

第1回経営講座トップセミナー講演 ── 1995年5月12日

「心を高める、経営を伸ばす」
経営はトップの考え方、意志で決まる
会社の業績は、経営者の意識そのもの
プリミティブな判断基準のおかげで、今日の京セラがある
人生・仕事の結果は「考え方×熱意×能力」
人は心で判断する
本能、感覚、感情、理性では判断できない
あなたの魂は、何が正しいかを知っている
せめて1日20分ぐらいは、心を静める
魂のレベルで経営を行えば、ビジネスはうまくいく
フィロソフィに全従業員が共鳴しているか
哲学を血肉化させよ
「動機善なりや、私心なかりしか」と自らに問い続ける
第二電電の成功で証明した、考え方の大切さ
日本社会の繁栄のために

経営における「六つの精進」

第5回盛和塾全国大会2日目講話 ── 1996年7月6日

人生の目的、意義とは
たった1回しかない、やりなおしの利かない人生
世のため人のために尽くす
われわれは、利他行を行うために生まれてきた
経営における「六つの精進」
六つの精進一.誰にも負けない努力をする
六つの精進二.謙虚にして驕らず
六つの精進三.反省ある毎日を送る
六つの精進四.生きていることに感謝をする
六つの精進五.善行、利他行を積む
六つの精進六.感性的な悩みをしない
「六つの精進」の実践で、偉業を成し遂げられる
白隠禅師の「坐禅和讃」

才能を私物化せず、世のため人のために尽くす

京都市幹部職員研修会講演 ── 1996年8月30日

リーダーとは、どうあるべきか
東洋哲学をベースにしたストイックなリーダー論
人間の本質とは何か
リーダーは才能を私物化してはならない
思念は業をつくる
災難とは業が消えるとき
まず考えるべきは「人生の意義」
「世のため人のために」が、公僕の生き方
それでもリーダーは、判断しなくてはならない
「率先垂範」こそ真のリーダーの姿






著者

稲盛和夫(いなもり・かずお)
1932年、鹿児島県生まれ。鹿児島大学工学部卒業。59年、京都セラミック株式会社(現京セラ)を設立。社長、会長を経て、97年より名誉会長。84年に第二電電(現KDDI)を設立、会長に就任。2001年より最高顧問。10年に日本航空会長に就任し、代表取締役会長、名誉会長を経て、15年より名誉顧問。1984年に稲盛財団を設立し、「京都賞」を創設。毎年、人類社会の進歩発展に功績のあった人々を顕彰している。また、若手経営者が集まる経営塾「盛和塾」の塾長として、後進の育成に心血を注ぐ。
主な著書に『生き方』(サンマーク出版)、『アメーバ経営』(日本経済新聞出版社)、『ゼロからの挑戦』(PHP研究所)、『成功の要諦』(致知出版社)、『人生の王道』(日経BP社)、『ど真剣に生きる』(NHK出版)、『君の思いは必ず実現する』(財界研究所)、『働き方』(三笠書房)、『燃える闘魂』(毎日新聞社)などがある。

プリント版書籍は下記のストアでご購入いただけます。
  • Amazon で購入
  • e-hon で購入
  • HMV&BOOKS online で購入
  • 紀伊国屋BookWeb で購入
  • セブンネットショッピング で購入
  • TSUTAYAオンラインショッピング で購入
  • BOOKFAN で購入
  • honto で購入
  • Honya Club で購入
  • ヨドバシカメラ で購入
  • 楽天ブックス で購入

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるためお取り扱いがない場合がございます。)

電子書籍は下記のサイトでご購入いただけます。

(デジタル版では、プリント版と内容が一部異なる場合があります。また、著作権等の問題で一部ページが掲載されない場合があることを、あらかじめご了承ください。)

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック