• twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

世界のエリートがやっている 最高の休息法

「脳科学×瞑想」で集中力が高まる

  • 紙版
  • 電子版

世界のエリートがやっている 最高の休息法

「脳科学×瞑想」で集中力が高まる

書籍情報

  • 紙版
  • 電子版
  • 久賀谷 亮 著
  • 定価:本体1,500円+税
  • 発行年月:2016年07月
  • 判型/造本:46並製
  • 頁数:256
  • ISBN:978-4-478-06844-1

内容紹介

【「脳疲労」がすぐ消えて、頭が冴える】「疲れがとれない…」こんなに休んだのになぜ?——アイドリング状態でも勝手に疲労を溜めていく脳には「科学的に正しい休ませ方」があった! 集中力や行動力を高める究極の休息メソッドを、イェール大で学び、米国で18年診療してきた精神科医が明かす。

目次・著者紹介詳細を見る▼

目次

はじめに ── 科学的に正しい「脳の休め方」

「科学的に脳を癒す方法」が模索されている
脳は「何もしない」でも、勝手に疲れていく
世界のエリートは、こうして脳を休ませる
本当の休息は「単なる充電」ではない

まずはこれだけ!

脳の疲労を解消する7つの休息法

1 とにかく脳が疲れているとき ── マインドフルネス呼吸法
2 気づくと考えごとをしているとき ── ムーブメント瞑想
3 ストレスで体調がすぐれないとき ── ブリージング・スペース
4 思考のループから脱したいとき ── モンキーマインド解消法
5 怒りや衝動に流されそうなとき ── RAIN
6 他人へのマイナス感情があるとき ── やさしさのメッタ
7 身体に違和感・痛みがあるとき ── ボディスキャン

マインドフル・モーメント ──「最高の休息法」の物語

Prologue ニューヘイブンの隠者

Lecture0 先端脳科学が注目する「脳の休め方」

最先端の脳科学で、心をメンテナンスする
「脳をつくる時代」が到来
注意散漫、怒り、無気力…「脳疲労」のいろいろ
世界トップ企業が導入する「最高の休息法」

Lecture1 「疲れない心」を科学的につくるには? ── 脳科学と瞑想のあいだ

世界が熱望する「脳を癒すための技術群」
疲れているのは「身体」ではなく「脳」だった!!
瞑想の「科学的裏づけ」が進んでいる
勝手に脳は疲れていく── DMNという浪費家
疲れない脳の構造は「自分でつくれる」
集中力を高め、セルフコントロールを手に入れる

Lecture2 「疲れやすい人」の脳の習慣 ──「いま」から目をそらさない

「何もしない」を練習する ── 休息の基本姿勢
「脳が疲れる理由」に気づく方法 ── 呼吸を意識する
脳疲労は「過去と未来」から来る ── 心のストレッチ
脳を変えるには「習慣」が第一
ランチタイムにできる脳の休息法 ── 食事瞑想

Lecture3 「自動操縦」が脳を疲弊させる ── 集中力を高める方法

雑念は「自動操縦の心」に忍び込んでくる
マルチタスクが脳の集中力を下げる
「集中モード」の脳では、何が起きているか
自動操縦を脱する方法 ── ラベリングと歩行瞑想

Lecture4 脳を洗浄する「睡眠」×「瞑想」 ── やさしさのメッタ

日本人は「最高の休息法」を知っていた!
クスリで「脳の疲れ」は癒せない
眠りながら「洗浄液」で脳の疲労物質を洗い流す
ポジティブな感情を育てるメッタの3ステップ

Lecture5 扁桃体は抑えつけるな!── 疲れを溜め込まない「不安解消法」

「前頭葉」と「扁桃体」のアンバランスがストレスを招く
「ブリージング・スペース」で緊張感をほぐす
「脳構造」が変われば、「ストレスの捉え方」も変わる
疲労は「疲労感」という脳現象である
脳の疲れを防ぐ食事
脳が回復する5つの習慣

Lecture6 さよなら、モンキーマインド ── こうして雑念は消える

月に一度は「怠けること」に専念する
雑念が疲労を呼ぶ ── モンキーマインド解消法
マインドフルネスは「第3世代」の認知行動療法
なぜいつも「同じこと」を考えてしまうのか?
脳を疲れさせる「ジャッジメンタル」とは?

Lecture7 「怒りと疲れ」の意外な関係性 ──「緊急モード」の脳科学

「扁桃体ハイジャック」から脳を守れ!!
脳から来る「衝動」にはRAINで対処
目的意識のある人ほど「怒り」に注意

Lecture8 レジリエンスの脳科学 ── 瞑想が「折れない心」をつくる

瞑想が最強のチームをつくる
「回復力のある脳」はつくれるか ── レジリエンス
「レジリエンス×脳科学」の結論はマインドフルネス!?
苦境でも心の安定を保つ ── エクアニミティ

Lecture9 脳から身体を治す ── 副交感神経トレーニング

「競争」が最も脳を疲労させる
なぜ「疎遠になった人」へ連絡するといいのか?
瞑想が「痛み」に効く脳科学的プロセス
身体をリフレッシュする「ボディスキャン」のやり方

Lecture10 脳には脳の休め方がある ── 人と組織に必要な「やさしさ」

リラックスだけでは「脳の休息」にはならない理由
幸福の48%は遺伝。だから「感謝」が重要
ニューロマーケティングと「人にやさしいベーグル」
「最高の休息法」は組織・社会をも癒す

Epilogue 思いやりのメッタ

おわりに ── DoingからBeingへ





著者

久賀谷 亮(くがや・あきら M.D. / Ph.D.)
医師(日・米医師免許)/医学博士
広島大学医学部卒業。イェール大学医学部精神神経科卒業。アメリカ神経精神医学会認定医。アメリカ精神医学会会員。
日本で臨床および精神薬理の研究に取り組んだあと、イェール大学で先端脳科学研究に携わり、同大学で臨床医としてアメリカ屈指の精神医療の現場に8年間にわたり従事する。そのほか、ロングビーチ・メンタルクリニック常勤医、ハーバーUCLA非常勤医など。
2010年、ロサンゼルスにて「TransHope Medical(くがや こころのクリニック)」を開業。同院長として、マインドフルネス認知療法やTMS磁気治療など、最先端の治療を取り入れた診療を展開中。臨床医として日米で25年以上のキャリアを持つ。
脳科学や薬物療法の研究分野では、2年連続で「Lustman Award」(イェール大学精神医学関連の学術賞)、「NARSAD Young Investigator Grant」(神経生物学の優秀若手研究者向け賞)を受賞。主著・共著合わせて50以上の論文があるほか、学会発表も多数。趣味はトライアスロン。

プリント版書籍は下記のストアでご購入いただけます。
  • Amazon で購入
  • e-hon で購入
  • HMV&BOOKS online で購入
  • 紀伊国屋BookWeb で購入
  • セブンネットショッピング で購入
  • TSUTAYAオンラインショッピング で購入
  • BOOKFAN で購入
  • honto で購入
  • Honya Club で購入
  • ヨドバシカメラ で購入
  • 楽天ブックス で購入

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるためお取り扱いがない場合がございます。)

電子書籍は下記のサイトでご購入いただけます。

(デジタル版では、プリント版と内容が一部異なる場合があります。また、著作権等の問題で一部ページが掲載されない場合があることを、あらかじめご了承ください。)

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック