• twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

ハーバード・ビジネス・レビュー[EIシリーズ] レジリエンス

  • 紙版
  • 電子版

ハーバード・ビジネス・レビュー[EIシリーズ] レジリエンス

書籍情報

  • 紙版
  • 電子版
  • ハーバード・ビジネス・レビュー編集部 編/DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー編集部 訳
  • 定価:本体1,400円+税
  • 発行年月:2019年11月
  • 判型/造本:46変並
  • 頁数:172
  • ISBN:9784478104972

内容紹介

グローバル化が進み、AIによる仕事環境の激変なども加わり、ますます不安定化する社会。そこで注目されているのが「レジリエンス」(再起力)である。ストレスフルな環境にあって、いかに折れない心を持つか、いかに立ち直るか、燃え尽きないためにどうすればよいか。いま世界のエリートが注目する「自分の守りかた」

目次・著者紹介詳細を見る▼

目次

〔日本語版に寄せて〕 レジリエンスは関係性のなかに宿る

岡田美智男 豊橋技術科学大学情報・知能工学系教授

1 レジリエンス(再起力)とは何か

ダイアン・L・クーツ 『ハーバード・ビジネス・レビュー』(HBR)シニアエディター

2 日常的なストレスから身を守る簡単エクササイズ

ダニエル・ゴールマン 心理学者

3 自分のレジリエンスを評価、管理、強化する方法

デイビッド・コパンズ PFループ創業者兼CEO

4 人生の悲劇から立ち直る力

シェリル・サンドバーグ フェイスブックCOO
アダム・グラント ペンシルバニア大学 ウォートンスクール教授
アディ・イグナティウス 『ハーバード・ビジネス・レビュー』(HBR)編集長

5 レジリエンスに必要なのは、忍耐ではなく回復のための時間

ショーン・エイカー ポジティブ心理学者
ミシェル・ギラン コンサルタント

6 リーダーのレジリエンスを高める4つの戦略

ロン・カルッチ ナバレント共同創設者

7 地に堕ちたリーダーはいかに復活したか

ジェフリー・A・ソネンフェルド イェール大学経営大学院副学部長
アンドリュー・J・ウォード ジョージア大学助教授

8 フィードバックで受けたショックから立ち直る方法

ジョゼフ・グレニー 社会科学者

9 キャリアの成功に欠かせないレジリエンス「3つの要素」

ローラ・モーガン・ロバーツ ジョージタウン大学教授
アンソニー・J・メイヨー ハーバード・ビジネススクール上級専任講師
ロビン・イーリー ハーバード・ビジネススクール教授
デイビッド・トマス モアハウス大学学長







著者

『Harvard Business Review』(HBR)とは
ハーバード・ビジネス・スクールの教育理念に基づいて、1922年、同校の機関誌として創刊された世界最古のマネジメント誌。米国内では29万人のエグゼクティブに購読され、日本、ドイツ、イタリア、BRICs諸国、南米主要国など、世界60万人のビジネスリーダーやプロフェッショナルに愛読されている。

『DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー』(DHBR)とは
HBR誌の日本語版として、米国以外では世界で最も早く、1976年に創刊。「社会を変えようとする意志を持ったリーダーのための雑誌」として、毎号HBR論文と日本オリジナルの記事を組み合わせ、時宜に合ったテーマを特集として掲載。多くの経営者やコンサルタント、若手リーダー層から支持され、また企業の管理職研修や企業内大学、ビジネススクールの教材としても利用されている。

岡田美智男(おかだ・みちお)
豊橋技術科学大学 情報・知能工学系 教授。福島県生まれ。東北大学大学院工学研究科博士後期課程修了後、NTT基礎研究所、国際電気通信基礎技術研究所(ATR)、京都大学大学院情報学研究科客員助教授等をへて、2006年より現職。子どもたちの手助けを引きだしながらゴミを拾い集めてしまう〈ゴミ箱ロボット〉、モジモジしながらティッシュを配ろうとする〈アイ・ボーンズ〉、昔ばなしを語ろうとするもときどき物忘れしてしまう〈トーキング・ボーンズ〉など、〈弱いロボット〉たちと人とのコミュニケーションや関係性を研究。専門はコミュニケーションの認知科学、ヒューマン・ロボットインタラクション、ソーシャルロボティクス。編著書に『〈弱いロボット〉の思考』『弱いロボット』『ロボットの悲しみ』『口ごもるコンピュータ』など。

プリント版書籍は下記のストアでご購入いただけます。
  • Amazon で購入
  • e-hon で購入
  • HMV&BOOKS online で購入
  • 紀伊国屋BookWeb で購入
  • セブンネットショッピング で購入
  • TSUTAYAオンラインショッピング で購入
  • BOOKFAN で購入
  • honto で購入
  • Honya Club で購入
  • ヨドバシカメラ で購入
  • 楽天ブックス で購入

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるためお取り扱いがない場合がございます。)

電子書籍は下記のサイトでご購入いただけます。

(デジタル版では、プリント版と内容が一部異なる場合があります。また、著作権等の問題で一部ページが掲載されない場合があることを、あらかじめご了承ください。)

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック