• twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

amazon 世界最先端の戦略がわかる

  • 紙版
  • 電子版

amazon 世界最先端の戦略がわかる

書籍情報

  • 紙版
  • 電子版
  • 成毛眞 著
  • 定価:本体1,700円+税
  • 発行年月:2018年08月
  • 判型/造本:46並製
  • 頁数:376
  • ISBN:978-4-478-10505-4

内容紹介

「赤字でも株価が下がらない仕組み」「驚異的なアマゾンのキャッシュフローはどうやって可能にしているのか」「採算を度外視してまでもサービス過多なのは、ライフスタイルに入り込みたいから」「アマゾンの真の凄さはテクノロジー」など、元マイクロソフト社長が最新の経営とは何かを説明します。

目次・著者紹介詳細を見る▼

目次

はじめに

amazon prologue アマゾンがなかったら生活できないかも

アマゾンがなかったら生活できないかも
アマゾンが秘密主義なのはなぜなのか
アマゾンを理解することは、未来の経営学を知ることと同じ
地球全部の経済活動に影響しているアマゾン
ネットの可能性を見誤った会社が倒産している
アマゾンは、何がすごいのか
ビッグ5の中でもとびぬけた成長性
経済を左右すると恐れられているアマゾン

 NARUKE'S EYE アマゾンをこう見る01 アマゾンの事業の手の広げ方や切り替えは、本当は大企業だとできない

amazon chapter #01 「品揃えが大量で、安い」を実現する仕組みとは

圧倒的な商品数と安い値段がどうして可能になるのか
あらゆる商品が扱える「マーケットプレイス」という仕組み
マーケットプレイスを利用したくなるのは「FBA」のおかげ
アマゾンならではのサービス「物流」は出品者にも魅力
中小企業にとっては、FBAは海外展開の足掛かりにもなる
楽天で売る商品もアマゾンから出荷してくれる仕組みがある
広告もあるので、アマゾン出品だけで売り場が完結する
価格が安くできるのは膨大な売れ筋データを持つから
スタートアップを最初に取り込めると大きい
他が絶対に勝てない理由は、サービス特典の「次元の違う娯楽力」
ウォルマートの顧客を、プライムのサービス力で取り込む
顧客が何を欲しいか「予測して出荷する」特許技術
アマゾンと楽天のビジネスモデルの違い
倉庫と在庫を持つことは、事業を大きくするのに欠かせない
「物流」はサービスである
「低関与商品」市場はこれからますます広がる ── アマゾンダッシュボタン
IoT家電の囲い込みはすでに行われている
もうアマゾンには、絶対に勝てないのだろうか?

amazon chapter #02 キャッシュがあるから失敗できる

赤字でも株価が下がらない仕組み
驚異的なアマゾンのキャッシュフロー
CCCがマイナスという魔法から資金が生まれる
アマゾンは、商品が発売される30日前にすでにお金が手元に入っている
CCCをどうやってマイナスにしているか
アマゾンの最安値仕入れのカラクリ
売上規模のまとめ
アマゾンの初期の株価はずっと低かった

 NARUKE'S EYE アマゾンをこう見る02 ローマ帝国と江戸時代に似ているアマゾン

どんなに苦境でも、利益はすべて新規の投資にまわす

 NARUKE'S EYE アマゾンをこう見る03 「キャッシュフロー経営」という言葉は、たぶんベゾスの言い訳

amazon chapter #03 アマゾンで一番利益をあげているAWS

アマゾンのほとんどの儲けをたたき出す、知られざる巨大ビジネス
なぜ、AWSが大手IT会社より選ばれるのか
AWSの顧客はCIA
AWSの営業利益が、別部門のための投資資金になる
自社のために開発したシステムを売り物にするのが定石
大きくなりすぎると成長率がとまる理由
アマゾンお得意のスケールメリット ── 世界中に設置されるデータセンター

 NARUKE'S EYE アマゾンをこう見る04 世界中で増え続けるデータセンターと仮想通貨の関係

AWSも「お客様のために」の安値で覇権を握る
自前の海底ケーブルを持つ

amazon chapter #04 アマゾンの「プライム会員」とは何なのか

「アマゾンプライム」の会員数はもはや国家のスケール
年会費は安くして、あとから上げる
サービス過多なのは、ライフスタイルに入り込みたいから

amazon chapter #05 アマゾンからM&Aを知る

M&Aのメリットをおさらいしよう
テクノロジーと実店舗を融合させる壮大な実験が始まる
身売りする予定のない企業も買収する
キャッシュさえあれば、業績好調の競合もM&Aできる
日本でのM&Aの可能性

 NARUKE'S EYE アマゾンをこう見る05 アマゾンがやっていることは、1980年代の日本の大企業とじつは同じ

amazon chapter #06 巨大な倉庫と配送力で物流を制す

巨大な倉庫と配送力で物流を制す
海上輸送に乗り出し、輸出の仲介業者を中抜き
ラストワンマイルを制するものは、物流も制する
物流業者とはこうつきあう
いよいよ自社以外の配送業に乗り出した ── SWA
なぜ日本では自前の物流を持たないのか
注文から1時間で商品を届ける仕組みとは
物流倉庫内のプラットフォーマーでもある

amazon chapter #07 プラットフォームの主になるには

業界で打って出るにはプラットフォーマーになることがなにより第一
「卸の中抜き」は安値の基本 ── 出版業界
スーパーの脅威になる「アマゾンフレッシュ」
アマゾンフレッシュはネットとリアルを行き来する
「アマゾンペイ」で決済ジャンルの覇者に
テクノロジーを組み合わせて新しいサービスを生み出す
ハイブランドも続々参入させるBtoC アマゾンファッション
アマゾンファッション成長の理由は「物流」
アマゾンは「ゾゾタウン」を猛追している
新しい融資の形を作る ── アマゾンレンディング
アマゾンは銀行を始めるかもしれない
クレジットカードへの参入は金融の基本
「企業向け商品」は成長市場
少し試して、別のサービスの踏み台にする
世界が悩む、アマゾンへの課税問題

amazon chapter #08 アマゾンを底ざさえするのがテクノロジー

アマゾンゴーの真のすごさはテクノロジー
テクノロジーを売るためのアマゾンゴー
アマゾンゴーは物流のシェアリングエコノミーを生む
アマゾンエコーの真の意味 ── 家電業界を変えてシェアをとる
アレクサを市場で開放し、対応商品を増やす
テクノロジー面でもファッション業界を根幹から変える可能性
ファストファッションのシェアもテクノロジーで根こそぎ奪う
アマゾンの未来構想を知れば世界の未来がわかる
ドローン専用の基地は空に作る
なぜ、AIが未来を作るのか
注目するのは自動運転
顔認証機能でもとびぬける
翻訳システムは、まず自社用に開発
AI人材の争奪が行われている

amazon chapter #09 アマゾンという組織

協調は必要とせず、個のアイデアが優先される組織であれ
失敗を繰り返してヒットを作るという経営方針
アマゾンが巨大帝国になるまで

おわりに

参考文献





著者

成毛眞(なるけ・まこと)
1955年北海道生まれ。元マイクロソフト代表取締役社長。
中央大学商学部卒業。自動車部品メーカー、株式会社アスキーなどを経て、1986年マイクロソフト株式会社入社。1991年、同社代表取締役社長に就任。2000年に退社後、投資コンサルティング会社「インスパイア」を設立。元スルガ銀行社外取締役。現在は、書評サイト「HONZ」代表も務める。『本棚にもルールがある』(ダイヤモンド社)、『インプットした情報を「お金」に変える 黄金のアウトプット術』(ポプラ新書)、『AI時代の子育て戦略』(SB新書)など著書多数。

プリント版書籍は下記のストアでご購入いただけます。
  • Amazon で購入
  • e-hon で購入
  • HMV&BOOKS online で購入
  • 紀伊国屋BookWeb で購入
  • セブンネットショッピング で購入
  • TSUTAYAオンラインショッピング で購入
  • BOOKFAN で購入
  • honto で購入
  • Honya Club で購入
  • ヨドバシカメラ で購入
  • 楽天ブックス で購入

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるためお取り扱いがない場合がございます。)

電子書籍は下記のサイトでご購入いただけます。

(デジタル版では、プリント版と内容が一部異なる場合があります。また、著作権等の問題で一部ページが掲載されない場合があることを、あらかじめご了承ください。)

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック