• twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

さよなら、インターネット

GDPRはネットとデータをどう変えるのか

  • 紙版
  • 電子版

さよなら、インターネット

GDPRはネットとデータをどう変えるのか

書籍情報

  • 紙版
  • 電子版
  • 武邑光裕 著/若林恵 解説
  • 定価:本体2,000円+税
  • 発行年月:2018年06月
  • 判型/造本:46並製
  • 頁数:248
  • ISBN:978-4-478-10584-9

内容紹介

この法律で、インターネットとデータの世界は、根底から書き換わる——。2018年5月25日についにEUで施行された「一般データ保護規則(GDPR)」とは一体何で、なぜいま世界を揺るがしているのか? インターネットの世界を根底から変えるというその本質を、メディア学の泰斗が緊急出版!

目次・著者紹介詳細を見る▼

目次

はじめに

データとなったプライバシー
フェイスブックの中の広告
プライバシーの死か、広告の死か
データと情報

1 「プライバシーの死」とGDPR

GDPRの背景
GDPRの影響は世界に及ぶ
シリコンバレーとEUとの戦争?
GDPRの基本骨格
技術的全体主義への対抗
GDPRはドイツをデジタル途上国にする?
「秘密は嘘でプライバシーは窃盗」なのか?
個人データは21世紀の天然資源なのか?

2 なぜプライバシーは「蒐集」されるのか?

データが生み出す富
個人データのマネタイズ
追跡されるプライバシー
プライバシーという「秘密」
脱真実と秘密
「人間である」ことと社会的冷却化
秘密の創造 ── 米大統領選を左右した「秘密」
ゴーレム vs AI
聞き耳を立てるTV
探す秘密すらなくなるときに起こることは?
イデオロギーの壁とデジタル壁

3 ハイパー資本主義は宗教改革にはじまる

デジタル技術への妄信
危険視された「原子論」
宗教改革からハイパー資本主義の暴走へ
プラットフォーム独占という悪夢
ホモフィリーとエコーチェンバー
グーテンベルクからインターネットへ
改革の「限界」は超えられるのか

4 個人データの「コモンズ」は可能か?

すばらしきかな、データ経済?
欧州委員会からの断罪
経済制裁とメッセージ
アルファベットのエコシステム
デジタル社会改革の切り札
個人データの所有権変更
EUの切り札は何か?

4.5 〈わたし〉を離さないで ── デジタルアイデンティティのありか

「侵害」か、「貢献」か
変更されたままのインターネット
個人、企業、機器のアイデンティティ
「購入」から「ライセンス」へ
選択肢がなくなる
実体社会における説明責任

5 漂流するプライバシー ── 「わたし」は取り戻せるのか?

経済価値に向けて彷徨う個人データ
技術への規制に苦悩する
プライバシーの喪失を求めるビジネス
データの可搬性とは何か?
運搬できる「個人データ」の解釈
個人データは企業の知的財産か?
個人データの「提供」と「奪還」をめぐる課題

6 「新たな西部」vs 欧州委員会 ── DECODE(分散型市民所有データ・エコシステム)の挑戦

サイバースペースの先住民
サイバースペースと「新たな西部」
不可視のデジタル・パノプティコン
「フリー」を促進したのは個人データの錬金術だった
EUが主導する個人主権データ経済
個人データサーバーとブロックチェーン
個人データをめぐる企業と個人の共栄
インターネット第二幕へ

7 データ・ウォーズ ── 自己主権の覚醒

ロシア革命から1世紀、新たな冷戦へ
異なるふたつのイデオロギー
データ・スキャンダルの洗礼
データ・ウォーズ
GDPRアセスメント
GDPRの潜在的な可能性
個人データの自己主権
顧客をビジネスの中心に置く
スマートデータによるスマートな意思決定
データ経済の民主化は可能か?

8 AIはプライバシーの夢を見るか?

三体世界
サイバー国家へ
 西洋の没落とデジタル・スフィアの台頭
次なるインターネット
エストニアの電子住民
ビットネーション(Bitnation)
サービスとしての国家
異星人 vs 地球人
人間とAIロボットの均衡
電子的人格(e - personality)
人間から離陸するAIロボット

8.5 デジタル広告の箒と鉈 ── ポスト・フェイスブックの時代の行方

魔法のデータ
GDPR後の地殻変動:広告とマーケティング
プライバシーの死とターゲット広告の成立
広告のボイコット
広告業界の今後の選択

おわりに ── 「すばらしい新世界」

マスター・アルゴリズム

インターネットの闇

GDPRは法務問題ではない

謝辞

解説 「その後」の世界へ ── 『WIRED』日本版元編集長 若林恵





著者

武邑光裕(たけむら・みつひろ)
メディア美学者。QON Inc.ベルリン支局長。1954年生まれ。日本大学芸術学部、京都造形芸術大学、東京大学大学院、札幌市立大学で教授職を歴任。1980年代よりメディア論を講じ、VRからインターネットの黎明期、現代のソーシャルメディアからAIにいたるまで、デジタル社会環境を研究。2013年より武邑塾を主宰。著書『記憶のゆくたて—デジタル・アーカイヴの文化経済』(東京大学出版会)で、第19回電気通信普及財団テレコム社会科学賞を受賞。2017年、Center for the Study of Digital Life(NYC)フェローに就任。現在ベルリン在住。


解説

若林恵(わかばやし・けい)
1971年生まれ。編集者・ライター。ロンドン、ニューヨークで幼少期を過ごす。早稲田大学第一文学部フランス文学科卒業後、平凡社に入社、月刊『太陽』を担当。2000年にフリー編集者として独立し、以後、雑誌、書籍、展覧会の図録などの編集を多数手がける。音楽ジャーナリストとしても活動。2012年に『WIRED』日本版編集長に就任。2017年退任。2018年、黒鳥社(blkswn publishers)設立。著書に『さよなら未来』(岩波書店)がある。

プリント版書籍は下記のストアでご購入いただけます。
  • Amazon で購入
  • e-hon で購入
  • HMV&BOOKS online で購入
  • 紀伊国屋BookWeb で購入
  • セブンネットショッピング で購入
  • TSUTAYAオンラインショッピング で購入
  • BOOKFAN で購入
  • honto で購入
  • Honya Club で購入
  • ヨドバシカメラ で購入
  • 楽天ブックス で購入

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるためお取り扱いがない場合がございます。)

電子書籍は下記のサイトでご購入いただけます。

(デジタル版では、プリント版と内容が一部異なる場合があります。また、著作権等の問題で一部ページが掲載されない場合があることを、あらかじめご了承ください。)

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック