• twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

ザ・ギャンブラー

ハリウッドとラスベガスを作った伝説の大富豪

  • 紙版

ザ・ギャンブラー

ハリウッドとラスベガスを作った伝説の大富豪

書籍情報

  • 紙版
  • ウィリアム・C・レンペル 著/上杉隼人 訳
  • 定価:本体1,800円+税
  • 発行年月:2020年08月
  • 判型/造本:46並
  • 頁数:416
  • ISBN:9784478106914

内容紹介

無一文から総資産200億ドルへ。ハリウッドとラスベガスを作った「20世紀最強の勝負師」カーク・カーコリアンの生き方と「全取引」。ウォールストリート・ジャーナル、ワシントン・ポスト、シアトルブックレビュー…etc.各紙絶賛の全米ベストセラー、ついに日本上陸!!

目次・著者紹介詳細を見る▼

目次

はじめに

プロローグ 人生はビッグなクラップスだ

世紀の取引中毒者カーク・カーコリアン

第 I 部 人間創生

一文無しのアルメニア移民の家に生まれる
中学2年で学校教育をドロップアウト、ボクサーになる
飛行機操縦士として道を開く
航空輸送ビジネスを立ち上げ、ラスベガスに目をつける
航空サービスと航空機販売の2本柱で全米有数の航空会社に
カジノ産業に参入する
「TIA」への社名変更とジェット旅客機の購入
カジノホテルのオーナーになる
TIAを買い戻し、億万長者として数々の伝説を作る

第II部 億万長者創生

第1章 ギャングたちとのトラブル 1966年12月29日、ネバダ州ラスベガス

「この町に1000室のホテルを建てようと思っている」
「あのホテルは暴力団を囲っている」
眠りから覚めた大富豪ハワード・ヒューズの「衝動買い」

第2章 大富豪vs大富豪の覇権争い 1968年1月15日、サンフランシスコ、フェアモント・ホテル

「この取引を成立させるのはむずかしいようです」
「相手はハッタリをかけているだけだ。手の内を明かしてやれ」
「虎はひとつの丘に1頭じゃないと」
「破滅的衝突に至る可能性がある」

第3章 7300万ドルの賭け 1968年12月上旬、カリフォルニア州ロサンゼルス

「この野郎」
「このクズ野郎が」
「5ドルでも500万ドルでも、無条件に使って構わない」
温厚な男の激しい怒り

第4章 世界に名を知られる 1969年バレンタインデー、ネバダ州ラスベガス

「お申し出には感謝いたします。ですが」
イッツ・ショータイム

第5章 カーク・カーコリアンとエルヴィス・プレスリー 1969年夏、ネバダ州ラスベガス

「きみがこういうの苦手だってのは、わかってるけどさ」
エルヴィス・プレスリーと500万ドル
とどまることを知らないカークのギャンブラー魂

第6章 笑うコブラ 1969年7月22日、ニューヨーク

「あなた、何に巻き込まれようとしているか、わかってます?」
「譲ってもらえないならば、おまえを殺す」
カークのMGM買収劇

第7章 挫折 1969年10月末、マイアミ

盗聴された証拠物に追い込まれていくカーク
「完全な敗北感を味わった」

第8章 敵兵去る 1970年11月25日、ネバダ州ラスベガス

「ヒューズを心から尊敬する」
「くそいまいましいカークめ」

第9章 活動再開 1971年10月24日、カリフォルニア州ロサンゼルス

映画とギャンブルを一体化させた「MGMグランド・ホテル」の誕生
「今すぐここから離れたい。どこか別のところがいい」

第10章 深淵に広がる光景 1973年晩秋、カリフォルニア州カルバーシティ

「レジャー分野での多角化がMGMを救う」
特別配当金による借金返済

第11章 特別なリスク要因 1973年12月5日、ネバダ州ラスベガス

「ハリウッドの黄金時代を後世に伝える壮観」
大成功。2億ドル。そして次のギャンブルへ
「絶対にいやだ。体裁が悪い」

第12章 パンチの応酬 1980年11月21日、ニューヨーク

「緊急事態発生」
「カークを排除するのが御社の基本方針なんですね」
「和平協定を破ったそばから侵略しようとしているようなものだ」

第13章 MGMの大惨事 1980年11月21日、ネバダ州ラスベガス

床から天井まで届くおそろしい「炎の高潮」
すべて黒焦げになって溶け落ち、手が付けられない。

第14章 保険を食い物にする悪人 1981年初頭、ネバダ州ラスベガス

投資における「敗北」からもたらされた7560万ドルの利益
誰も見たことのないカークのスピーチと「世界一安全なホテル」
「勝てるかな?」「勝ちますよ」

第15章 ひと振り100万ドルのダイス 1983年春、フランス、リビエラ

カークが好んだコーヒー、乗っていた車

第16章 テッド・ターナーの時限爆弾 1985年夏、ジョージア州アトランタ

「あっちには『トップガン』があるのに、うちは『ボトムガン』じゃないか!」
「世界中の誰よりも借金を抱えている」

第17章 海上での埋葬 1987年初頭、デンバー

MGMの再生と『レインマン』
「最後のお別れだから手を貸してほしい」

第18章 億万長者のひとりとして 1988年12月7日、アルメニア・ソビエト社会主義共和国、スピタク

シャイな億万長者のクールな救援劇
「アルメニアが援助を必要とする限り、空輸をつづけてくれ」
億万長者リスト入りを切望したドナルド・トランプ
「差し上げよう」

第III部 伝説創生

第19章 打席に立つベーブ・ルース 1990年9月、カリフォルニア州ビバリーヒルズ

「魔法の3文字」とMGMグランド社の設立
ヤンキー・スタジアムより大きいカジノ

第20章 やっかい者のアイアコッカ 1995年4月11日、ニューヨーク

クライスラーの裏切り
「誰もが彼のような株主をもつべきだよ」
「からかっているのか?」
夢は「最後のミセス・カーク」になること

第21章 彼女はあくまで固執した 1996年夏、カリフォルニア州ビバリーヒルズ

「頭がからっぽの美人の、どこがいいっていうの?」
詐欺まがいの「妊娠作戦」と新しい恋人

第22章 ライフル・ライト、マイク・タイソンを受け入れる 1997年6月28日、ネバダ州ラスベガス

「こいつ、噛みつきやがった!」

第23章 大量虐殺と寛容さ 1998年夏、カークのプライベート・ジェットの機内で

「彼らの好きなように発表させればいい」
「ここに置いていったら、この先、何されるかわからないだろう?」
「インサイダー情報です」

第24章 勝って負ける 1999年3月、ロサンゼルス、ホテル・ベルエアー

「結婚しましょうよ」
腹を空かせたアリゲーターの物語
結婚式は、13日の金曜日
宝石を衝動買いする女
「わたしがすべて買い上げるのはどうかな?」
「一度の取引ですべての肉を骨から剥ぎ取る必要はない」

第25章 致命的誘引 2001年1月、カリフォルニア州ナッツベリーファーム

「ノー!」
「個人的ATM」でいるのはもうごめんだ
「殺しちゃったほうがいいのかもね」
9.11とカーク・カーコリアン

第26章 取引仲介人たちの神 2002年初頭、カリフォルニア州ビバリーヒルズ

「笑いごとではなかったのよ」
食事代に「月1万1000ドル」
アメリカ最高の「80歳代のテニス・プレーヤー」を目指す
すべてのディールメーカーの神

第27章 わが道を行く 2009年3月、ネバダ州ラスベガス

90歳のプロポーズ
「方向転換しろ。家に帰る」
純資産を150億ドル減らした男

第28章 大理石のアッパーカット 2010年春、ビバリーヒルズ、ノース・ロクスベリー ── ドライブ1014

「ここから出せ……」
「1週間のうちに閉鎖しろ」
アンドレ・アガシの感謝
「わたしを置いて行かないで」
諦めない「あの女」
「きみなら信じられる」
最後の夜

エピローグ カーク最後の取引 2017年4月12日、ハリウッド大通り

終わらない裁判
天国の取引

カーク・カーコリアン「7つの成功の秘訣」

本書について 〜 謝辞

訳者あとがき





著者

ウィリアム・C・レンペル(William C. Rempel)
1947年生まれ。アメリカの作家、報道記者。『ロサンゼルス・タイムズ』紙に記者として36年間勤務し、アメリカ国内外のさまざまな記事を担当した。ビジネスおよび金融ジャーナリズムの記者に与えられるジェラルド・ローブ賞(1980年)ほか、著名な賞も受賞している。2002年には「テロを暴く」の記事で『ロサンゼルス・タイムズ』紙の同僚記者たちとゴールドスミス賞調査報道部門の最終候補。ほかの著書に、コロンビアの犯罪組織カリ・カルテルを崩壊に導いた内部通報者ジョルジ・サルセード・カブレラについて描く『悪魔のテーブルで』(2011)、フィリピンに独裁政権を作り上げたフェルディナンド・マルコス大統領に関する克明な記録『独裁者の妄想』(1993)、『独裁者の妄想』を加筆・改訂した電子書籍『独裁者の日記』(2015)がある。

訳者

上杉隼人(うえすぎ・はやと)
翻訳者(英日、日英)、編集者、英文ライター、英語・翻訳講師。早稲田大学教育学部英語英文学科卒業、同専攻科(現在の大学院の前身)修了。専攻はアメリカ文学。訳書に『スター・ウォーズ』(全作〔エピソード I 〜IX〕)『アベンジャーズ エンドゲーム』『スパイダーマン ファー・フロム・ホーム』『STAR WARS クリーチャーズ&エイリアンズ大全』(いずれも講談社)、ジョン・ル・カレ『われらが背きし者』(岩波現代文庫)、リチャード・ホロウェイ『若い読者のための宗教史』、ジェームズ・ウエスト・デイビッドソン『若い読者のためのアメリカ史』、マット・タディ『ビジネスデータサイエンスの教科書』(いずれもすばる舎)ほか多数(70冊以上)。

プリント版書籍は下記のストアでご購入いただけます。
  • Amazon で購入
  • e-hon で購入
  • HMV&BOOKS online で購入
  • 紀伊国屋BookWeb で購入
  • セブンネットショッピング で購入
  • TSUTAYAオンラインショッピング で購入
  • BOOKFAN で購入
  • honto で購入
  • Honya Club で購入
  • ヨドバシカメラ で購入
  • 楽天ブックス で購入

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるためお取り扱いがない場合がございます。)

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック