• twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

14歳で“おっちゃん”と出会ってから、15年考えつづけてやっと見つけた「働く意味」

  • 紙版
  • 電子版

14歳で“おっちゃん”と出会ってから、15年考えつづけてやっと見つけた「働く意味」

書籍情報

  • 紙版
  • 電子版
  • 川口加奈 著
  • 定価:本体1,600円+税
  • 発行年月:2020年09月
  • 判型/造本:46並
  • 頁数:304
  • ISBN:9784478111215

内容紹介

「1回失敗したら終わり。……それっておかしくない?」中学2年生の冬、初めての「炊きだし」。すべては、そこから始まった——。14歳から15年、ホームレス問題に向き合い、ウーマン・オブ・ザ・イヤー2019、日本を変える30歳未満の30人など次々と受賞している注目の起業家が見つけた、「働くこと」の意味。

目次・著者紹介詳細を見る▼

目次

はじめに

14歳の私がしてしまった残酷な質問
2つの社会課題を同時に解くビジネスモデルはどう生まれたか
10代、女性、外国人 ── 誰もが陥る問題として
「安心して失敗できる社会」をつくる

第1部 自分の「働く意味」を見つける

第1章 ホームレス問題との出合い ── 14歳の気づき

14歳でホームレス問題に出合った
日雇い労働の街「釜ヶ崎」が、なぜホームレスの街に?
炊き出しに参加するため、初めて“現場”へ
「ボランティア=いいこと」、じゃない!?
「がんばっていたらホームレスにならなかったんじゃないんですか?」
おっちゃんからもらった初めての「ありがとう」
1枚のコートで気づいた問題の本質

COLUMN 01 釜ヶ崎ってどこにある?/おっちゃんにとっての300円/先入観のほどき方/「ホームレス」という呼び方について

第2章 課題の根っこをつかむ ── 高校生で描いた「夢」

知って終わりにしたくない
「自己責任」で片づける世の中の怖さ
全校集会で志願の5分間スピーチ。結果は……
「誰かがきっとやってくれる」 ── その「誰か」って誰?
「夜回り」で聞いた衝撃の数字
「ホームレスの人は、怠けたくて怠けているのか」
そこにいたのは「ふつうのおっちゃん」
救急車を拒む悲しい理由
新聞をつくって全校生徒に配ってみた
第2の川口つくろう計画
2泊3日のフィールドワークでつかんだ手応え
支援金目当てで「親善大使」に応募
伝えつづけて3000名の頂点に
「どんな変化があったの?」 ── 海外で思い知らされた現実
「働きたくても働けない」問題の根っこには何がある?
だから、私は夢を描いた

COLUMN 02 思考停止を招く「自己責任」という言葉/知る機会は、能動的につくる/夜回りに参加しつづけられた理由/ボランティアについて

第3章 ニーズの代弁者になれるか ── 大学生で立ち上げた「ホームドア」

ホームレス問題に“熱心”な大学へ
「このままでいいの?」 ── 環状線をぐるぐるしながら考えた
3人で団体を立ち上げた
ホームドア誕生 ── 失敗した人を受け止める社会をつくる
起業塾に史上最年少で入塾
「先輩から学べ」「ニーズの代弁者たれ」 ── 基礎となった2つの教え
モーニング喫茶で心を開いてもらい、ニーズを吸い上げる
「言い出しっぺ」の離脱 ── チームに漂い出した暗雲

COLUMN 03 ビッグイシューについて/「NPO法人を支援するNPO法人」エティック

第4章 2つの課題を同時に解決するアイデア ── シェアサイクル「ハブチャリ」誕生

取り残された覚悟のない2人
「負のトライアングル」の発見 ── 絡まり合う3つの問題
6つのチャレンジで「壁」にステップを刻む
「働くということ」自体がハードルに
「得意」を活かしてビジネスをつくる
放置自転車という別のイシューに行き当たる
「仮想理事会」でボコボコにされながら
ホームレスと放置自転車 ── 2つの課題がつながった瞬間
シェアサイクルが決め手になった理由①競合がいない
シェアサイクルが決め手になった理由②共感を得る
シェアサイクルが決め手になった理由③当事者が課題解決の担い手に
おっちゃんたちに「誇り」を取り戻す
大阪市役所でたらい回しに
「頭がちぎれるほど考えろ」 ── 新アイデア「ノキサキ貢献」誕生
300社回ってわかった「お断り」の理由
苦しいときほど根本をぶれさせない
「ハブチャリ」スタート。まずは実証実験から
チーム内の不協和音と、利用者からの意外な好評価

COLUMN 04 「ソーシャルビジネス」という言葉/支援される側からする側へ/できない理由の乗り越え方

第2部 みんなの「働く意味」を見つける

第5章 初めての雇用、初めての仲間 ── 支えるつもりが支えられて

ひとりでもやっていく覚悟をもたらしたカンチガイ
“NPO法人Homedoor”誕生!
銀行の支店長、「シェアオフィスをさらにシェアしたオフィス」に来たる
初めておっちゃんを雇った
ビジコンキラーとして覚醒、賞金と人脈を総なめに
10年計画をともに考え抜いた仲間への“初告白”
お客さんは0人 ── 焦る私を助けてくれたおっちゃんの“創造力”
失敗は成功の途中経過
ハブチャリ、ついに本格オープン
「女子大生×ホームレス問題×自転車問題」でメディアに受ける
「まずは、前例をつくりましょうか」 ── 大阪ガスの心意気
辛いときにいつも支えてくれた大阪人の「やってみなはれ」

COLUMN 05 まずは実験をやってみる/啓発活動と直接支援は両輪で

第6章 おっちゃんとの日々 ── 当事者に生まれた変化

ついに行政との連携へ ── 大阪市住吉区で実証実験
オペレーションをミスる ── うっかり始まった新しい“地獄”
「履歴書の空白」から立ち直る ── おっちゃんたちの変化
初めてのお給料日 ── おっちゃんは何にお金を使ったか
中間的就労 ── 次の仕事へのステップとしてのハブチャリ
「忘年会って、働いているやつの特権やからな」
ハラハラとケーキでおなかいっぱいの誕生日
1本の電話から改めて思い知った「当たり前」の重み
危うく役所に直談判 ── おっちゃんたちの驚異の行動力

COLUMN 06 ポジティブ変換の力

第7章 すべての人に「居場所」を ── 6つのチャレンジで選択肢を増やす

住吉区での“終わり”と北区での“始まり”
おっちゃんたちに見送られ、新天地へ
新事業「ホムパト」を始めて得たもの
多様な選択肢を提供しよう ── 元料理人のおっちゃんが教えてくれたこと
自転車対策事業を開始 ── 社会構造から生まれる問題に新しい解決策を
ネットカフェに広告を出した理由 ── 課題の変化に即応できるか
ピカピカの包丁と2回目の忘年会
大学卒業、そしてまた引っ越し
失敗しても居場所がある ── アンドハウス
おっちゃんたちに芽生える“わしの家”感覚
通勤中に鳴り響いた携帯電話
身元引受で新たに生まれた強い想い

COLUMN 07 ホームドアを支える「恩返しの連鎖」/当事者に変化を促す方法/NPOのお給料事情

第8章 夢の施設「アンドセンター」 ── 安心して失敗できる社会をつくる

いよいよ「住まい」の提供へ
初めてのクラウドファンディング ── 実証実験①長期宿泊施設
冬の路上生活の厳しさは想像以上 ── 実証実験②短期宿泊のシェルター
“つなぎ”の住まいが、再挑戦の基盤となる
真のセーフティネットへ ── 1棟のビルとともに決めた覚悟
10年前に思い描いた「夢の施設」を
アンドセンター始動 ── ここから新しい関係性をつくる
短期宿泊スタート ── 相談に来たその日に泊まれることのインパクト
長期宿泊スタート ── 安心して「次」への準備をする場として
失敗しても安心して立ち直れる社会をつくるために

COLUMN 08 選べない社会

おわりに 「夢」のその先へ





著者

川口加奈(かわぐち・かな)
認定NPO法人Homedoor(ホームドア)理事長
1991年、大阪府生まれ。14歳でホームレス問題に出合い、ホームレス襲撃事件の解決を目指し、炊き出しやワークショップなどの活動を開始。17歳で米国ボランティア親善大使に選ばれ、ワシントンD.C.での国際会議に参加する。高校卒業後は、ホームレス問題の研究が進む大阪市立大学経済学部に進学。19歳のとき、路上から脱出したいと思ったら誰もが脱出できる「選択肢」がある社会を目指してHomedoorを設立し、ホームレスの人の7割が得意とする自転車修理技術を活かしたシェアサイクルHUBchari(ハブチャリ)事業を開始。また2018年からは18部屋の個室型宿泊施設「アンドセンター」の運営を開始する。これまでに生活困窮者ら計2000名以上に就労支援や生活支援を提供している。世界経済フォーラム(通称・ダボス会議)のGlobal Shapersや日経WOMAN「ウーマン・オブ・ザ・イヤー2019」、フォーブス誌による日本を変える30歳未満の30人「30 UNDER 30 JAPAN」、青年版国民栄誉賞とされる日本青年会議所主催の「第31回 人間力大賞グランプリ・内閣総理大臣奨励賞」など、受賞多数。

プリント版書籍は下記のストアでご購入いただけます。
  • Amazon で購入
  • e-hon で購入
  • HMV&BOOKS online で購入
  • 紀伊国屋BookWeb で購入
  • セブンネットショッピング で購入
  • TSUTAYAオンラインショッピング で購入
  • BOOKFAN で購入
  • honto で購入
  • Honya Club で購入
  • ヨドバシカメラ で購入
  • 楽天ブックス で購入

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるためお取り扱いがない場合がございます。)

電子書籍は下記のサイトでご購入いただけます。

(デジタル版では、プリント版と内容が一部異なる場合があります。また、著作権等の問題で一部ページが掲載されない場合があることを、あらかじめご了承ください。)

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック