• twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

英語力・知識ゼロから始める! 【エル式】 米国株投資で1億円

  • 紙版
  • 電子版

英語力・知識ゼロから始める! 【エル式】 米国株投資で1億円

書籍情報

  • 紙版
  • 電子版
  • エル 著
  • 定価:1540円(本体1400円+税10%)
  • 発行年月:2021年02月
  • 判型/造本:46並
  • 頁数:176
  • ISBN:9784478112564

内容紹介

6つのポイントを守れば米国株投資は怖くない!

①自分がよく知っている製品・サービスを扱っている
②メジャーな企業で情報が入手しやすい
③高い収益性・競争力がある
④成長性が高い
⑤10年以上にわたり、増配した実績がある
⑥営業キャッシュフロー・マージンが20%以上ある

目次・著者紹介詳細を見る▼

目次

PROLOGUE 米国株でFIREを果たす

米国株投資は英語ができなくても大丈夫
きっかけはアマゾン・ドット・コム
一度買ったら長く保有し続ける「バイ&ホールド」

STEP1 米国株最強の9つの理由

株式投資は“米国株一択”
1/長く安定的な収益実績があり、連続増配している銘柄が多い
2/高いブランド力を持ち、世界でビジネスを展開している銘柄が多い
3/大きな企業でも高い成長力がある
4/プロの経営者が経営している企業が多い
5/株式市場のスケールが大きく、世界中から資金が集まっている
6/株式市場の透明性も高く投資環境が整っており、新陳代謝も活発
7/米国株はずっと値上がりが続いている
8/米国株は何度暴落しても、異次元の回復力がある
9/人口が増えて国力が成長し、生産も消費も増え続ける

STEP2 いまさら聞けない米国株投資の超基本 Q&A

Q/米国株はどこで買えますか?
Q/いくらから米国株投資を始められますか?
Q/米国株投資の軍資金はどう貯めればいいでしょうか?
Q/米国株は上級者向けで、初心者向きではないのでは?
Q/英語がまったくダメですが、米国株投資はできますか?
Q/金融や経済に詳しくないのですが、米国株投資はできますか?
Q/米国株はETFのみで、個別株に手を出さなくてもいいですか?
Q/これからは米国株より中国株じゃないですか?
Q/日本とアメリカの時差は米国株投資の障害になりませんか?
Q/円高・円安による為替リスクが心配ですが大丈夫でしょうか?
Q/資金が少ないのですが、米国株投資は信用取引もできますか?
Q/米国株で儲けた利益には税金がかかりますか?
Q/アメリカ人の多くは株式投資をしているというのは本当ですか?

STEP3 エル流 米国株選び6つのポイント

6つのポイントを守れば米国株投資は怖くない
1/自分がよく知っている製品・サービスを扱っている
2/ポピュラーな企業で情報が入手しやすい
3/高い収益性・競争力がある
4/成長性が高い
5/10年以上にわたり、増配した実績がある
6/売上高営業キャッシュフロー比率が20%以上ある
1つのセクターに偏らないように10銘柄程度で分散投資
エル流指標に「ROE」「自己資本比率」が入っていないワケ

STEP4 目的別 米国株投資の最強ケーススタディ6選

中長期米国株投資の第1選択肢は「米国株ETF」
CASE1/20代から貯金感覚で超長期投資
CASE2/20代で、40代での「FIRE」を目指して投資
CASE3/30代で、50代での「FIRE」を目指して投資
CASE4/30〜40代で、定年退職後の資産形成を目指して投資
CASE5/1000万円から1億円超えを狙って投資
CASE6/1000万円から10年で1億円超えを狙って投資
エル流「最強の10銘柄」はこれだ!

STEP5 エル流 早期リタイア成功4つの条件

早期リタイアするための4つの条件
早期リタイア後のお金問題をクリアする
年収1000万円を捨てて「失ったもの」「得たもの」
退職前後でお金の使い方は大きく変わらない
配当・分配金がセミリタイア生活の不安をやわらげる
早期リタイア後の投資との向き合い方
保有米国株全リストはこれだ!

おわりに





著者

エル
投資ブログ「【L】米国株投資実践日記」を運営し、Twitterで1.5万人のフォロワーを持つ投資歴29年の個人投資家。大手金融機関に勤めながら40歳のときに2020年までに早期リタイアすることを目標に掲げた。米国株投資をメインに資産
1億円を築き、中学生と高校生の子どもを抱えながらも計画前倒しで2019年1月に51歳で早期退職。現在は資産運用の7割を米国株投資に振り向け、現役時代とまったく変わらない生活を送っている。日本経済新聞、ラジオNIKKEI、QUICK、日経マネー、日経ヴェリタス、週刊エコノミストなどメディア登場多数。

プリント版書籍は下記のストアでご購入いただけます。
  • Amazon で購入
  • e-hon で購入
  • HMV&BOOKS online で購入
  • 紀伊国屋BookWeb で購入
  • セブンネットショッピング で購入
  • TSUTAYAオンラインショッピング で購入
  • BOOKFAN で購入
  • honto で購入
  • Honya Club で購入
  • ヨドバシカメラ で購入
  • 楽天ブックス で購入

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるためお取り扱いがない場合がございます。)

電子書籍は下記のサイトでご購入いただけます。

(デジタル版では、プリント版と内容が一部異なる場合があります。また、著作権等の問題で一部ページが掲載されない場合があることを、あらかじめご了承ください。)

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック