カリスマ退場 流通帝国はどこへ向かうのか(週刊ダイヤモンド 特集BOOKS)

内容紹介

不徳の致すところだ──。4月7日、長年にわたって日本最大の小売りグループのトップに君臨し続け、「カリスマ」と呼ばれた鈴木敏文・セブン&アイ・ホールディングス会長は、そんな言葉を残して退任した。だが、退任劇には不可解なところが多く、真相はやぶの中だ。なぜ彼は退任したのか、そしてグループの今後は……。総力を挙げて真相に迫った。『週刊ダイヤモンド』(2016年5月14日号)の第1特集を電子化したものです。雑誌のほかのコンテンツは含まれません。

下記のサイトでご購入いただけます。

(サイトによって商品のお取扱いがない場合がございます。あらかじめご了承ください。)

ブック検索

タイトル、著者名、キーワードなどから検索できます。

  • 週刊ダイヤモンド定期購読201404
  • Adinfo
  • ダイヤモンド社「電子書籍アプリ」および「中谷彰宏文庫」サービス終了のお知らせ