修羅場は与えられるものでなく、みずからつくるもの(インタビュー)(DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー論文)

内容紹介

組織全体の意欲が高く、優秀な人材が組織を離れても、次を担う人材が育っているリクルート。「起業家精神」「圧倒的な当事者意識」「個の可能性に期待し合う場」という企業文化が個の成長を支える下地になっているが、それだけではない仕組みも存在する。リクルート流の人材育成について、同社代表取締役の峰岸真澄氏に話を伺う。

*『DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー(2017年4月号)』に掲載された記事を電子書籍化したものです。

下記のサイトでご購入いただけます。

(サイトによって商品のお取扱いがない場合がございます。あらかじめご了承ください。)

ブック検索

タイトル、著者名、キーワードなどから検索できます。

  • 週刊ダイヤモンド定期購読201404
  • Adinfo
  • ダイヤモンド社「電子書籍アプリ」および「中谷彰宏文庫」サービス終了のお知らせ