• twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

日野原重明100歳の金言

  • 紙版

日野原重明100歳の金言

書籍情報

  • 紙版
  • 日野原重明 著
  • 定価:本体1,300円+税
  • 発行年月:2012年02月
  • 判型/造本:46並製
  • 頁数:136
  • ISBN:978-4-478-00572-9

内容紹介

日野原重明100歳が紡ぐ人生哲学の集大成。今伝えたい50の言葉を収録。生きるとは、幸せとは、仕事とは、病気や困難に負けない生き方とは。70年以上臨床医として生きてきた著者からのメッセージに心が癒されます。大切な人に贈りたい1冊です。

目次・著者紹介詳細を見る▼

目次

はじめに 朝はかならず来る

自分の道を歩むために

いのちは時間
幸福は心のなかに
3つの「V」をもつ
havingよりbeing
大切なものは見えない

生きがいをもつために

習慣がつくる
達成感が生きがい
コミットメントを果たす
いつでも人生の現役
良きモデルを見つける

人との絆をつくるために

受けた恩は別の人へ
会話は「ラ」音で
笑顔は最高のお返し
家族の輪を維持する
夫婦の強い絆

病に屈しないために

病気は贈り物
音楽は癒し
良き医師を選ぶ
ストレスは鉛の棒
幸せの種を育む

苦難に見舞われたときに

重荷のまわりをめぐる
耐えて待つ
平静の心をもつ
分かち合う
困難と闘い勝利する

仕事で成長するために

努力と奉仕は人の2倍
今に全力投球
プロフェッションの精神
後悔から人は学べる
大きな円の一部に

健康で長生きするために

長寿の鍵“カロリー”
30歳の体型を保つ
運動が若返りをかなえる
若さの秘訣は「創める」
健康感をもつ

毎日を新鮮に生きるために

幸せの敷居は低く
災いはプラスに転ず
幸せは精神の豊かさ
生活は質素に志は高く
生き方に温かさを

「ありがとう」と死ねるために

有終の美を飾る
死は生き方を表す
ユーモアの力
いのちは長さより質
人のために時間を使う

未来への道をつなぐために

いのちと死の教育
平和をつくる
家庭は学びの場
相手を恕す
老人が未来をつなぐ

おわりに 運命はデザインできる

※本文中の「書」はすべて著者によるもの





著者

日野原重明(ひのはら・しげあき)
1911年、山口県生まれ。37年、京都帝国大学医学部卒業。同大学院修了。41年、聖路加国際病院内科医として赴任。51年米国エモリー大学に留学。現在も現役医師として働きつつ、聖路加国際病院理事長・同名誉院長、一般財団法人ライフ・プランニング・センター理事長、日本音楽療法学会理事長、日本ユニセフ協会大使などを務める。2005年に文化勲章受章。著書『生きかた上手』『いのちのバトン』など多数。

プリント版書籍は下記のストアでご購入いただけます。
  • Amazon で購入
  • e-hon で購入
  • HMV&BOOKS online で購入
  • 紀伊国屋BookWeb で購入
  • セブンネットショッピング で購入
  • TSUTAYAオンラインショッピング で購入
  • BOOKFAN で購入
  • honto で購入
  • Honya Club で購入
  • ヨドバシカメラ で購入
  • 楽天ブックス で購入

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるためお取り扱いがない場合がございます。)

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック