• twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

CO2ゼロ計画 水がエネルギーになる日。

  • 紙版

CO2ゼロ計画 水がエネルギーになる日。

書籍情報

  • 紙版
  • 深井利春 著/有冨正憲 監修
  • 定価:本体1,500円+税
  • 発行年月:2016年09月
  • 判型/造本:46並製
  • 頁数:264
  • ISBN:978-4-478-06960-8

内容紹介

環境に寄与する水を作り出す…「水と燃料を融合させ新しいエネルギーを生み出す」という想像もできないような開発にチャレンジし、少しずつ成果が上がり始めている現状を伝える

目次・著者紹介詳細を見る▼

目次

はじめに

序章◉地球温暖化を“水”で解決する

地球環境サミット宣言と実践活動の乖離
人間は自然の一部。自然がなければ生きていけない
地球環境良化のために具体的行動を

第1章◉水への想いが創生水を生み出した

自分がきれいになれば自然が汚れる
すべての答えは渓流にあった

第2章◉創生水はこうして生まれた

創生水生成器は自然の摂理をお手本にした
創生水生成器のメカニズム
創生水生成器の稼働数が増えれば環境は必ず改善される

第3章◉創生水とエマルジョン燃料

油と水が混ざり合った
エマルジョン燃料への挑戦
「エマルジョン燃料の分散性と水の成分」
「創生水は油と混ざって水蒸気改質を起こしエネルギーになる」
FUKAIグリーンエマルジョン燃料を高く評価
ニュース雑誌「TIME」が次世代エネルギーに注目

第4章◉創生フューエルウォーター(SFW)がエンジンを稼働させる

創生水は原子状水素を含む
エンジンがレントゲンの役割を果たした
大型のディーゼル発電機実験でA重油を44.88%削減
小型発電機でガソリンを29.33%削減
新型発電機による実験で軽油を56.2%削減
長期間保存のSFWは発電能力が高まる
戻り油が燃えたのはSFWがエネルギーに変わった証拠
専門調査機関がSFWに二つの評価
進化するSFWによるバーナー燃焼実験
産業分野への導入も始まる

第5章◉漁船がSFWで動き始めた

創生フューエルウォ—ター(SFW)で航行されたマレーシアの漁船

第6章◉SFWで自動車が動く日

化石燃料の節約とCO2排出抑制をSFWで実現する
ロータリーエンジンでの実験
上海でSFWによるエンジン稼働が実用化
戻り油は再利用が可能
SFW注入で仕事量の増大を実現
日本自動車研究所(JARI)で燃焼実験と検証を予定
温室効果ガス削減への道
巨大な特殊自動車・ストラドルキャリアがSFWで起動した
自動車から大型船へ、SFW適用の可能性は拡大する
SFWの技術的評価
SFWの産業への発展性

第7章◉創生水開発余話 有冨正憲教授×深井利春対談

創生水は未来を拓く鍵となる
ビールの一気飲みが有冨教授の研究テーマ!?
エマルジョンを超えた創生水。出る杭は打たれる?
CO2ゼロ計画
SFW開発までの道のり
創生水の比重が重いのは原子状水素の存在証明?
ヒドロキシルイオンの存在
創生水の水素反応からエネルギーへの発想展開
SFWがエンジンを稼働させている
現場を見て検証することが信用につながる
SFWは車を動かし非常用の飲料にもなる
SFWで得た利益を社会還元のために使う
夢は頭の中で構築し実現していくことができる

第8章◉創生水は生活を変える

人間は水の生命体
創生水は暮らしを変える
還元力をもった水
水素水と創生水の違い
活性水素反応のある水
ライフスタイルを大きく変える創生水の力
創生水の高い洗浄力効果
研究・実験結果が示す創生水の特質
抗体タンパク分泌能力をより活性化「人体内細胞の活性に及ぼす創生水の影響」
「創生水はヒドロキシルイオンを含有」
ヒドロキシルイオンの発見と第四の水の相
九州大学・白畑實隆教授の偉大な研究結果
3つのユニットから構成されるプロジェクトで創生水を徹底解明
創生水によって精子数が平均2.3倍に増加
人の健康を守り生活を洗い、地球環境を守る創生水

私と創生水 PART1  邉 龍雄さん
 環境を守ることで生きる権利を神(自然)から与えられる

私と創生水 PART2  オスマン・サンコンさん
 創生水は人類を救う水

私と創生水 PART3  千葉真一さん
 創生水は健康を維持し高齢者を救う水

私と創生水 PART4  田中美帆さん
 次男のアトピー性皮膚炎が劇的に改善

私たちはこうして創生水を暮らしや仕事のなかに取り入れている
お客様の声(アンケート)
1 美容関係
2 農業関係
3 飲食・食品関係
4 医療関係
5 ホテル関係

第9章◉創生水が今世界に羽ばたく

上海証券取引所にQ板上場。中国の大気汚染をSFWで半減へ

おわりに

創生水が世界に認められた日






著者

深井利春(ふかい・としはる)
1947年長野県出身。1976年レストラン開店、1980年・1983年にホテル開業。1986年すべての事業を辞める。1987年(株)大志を設立。1993年に創生ワールド㈱に社名変更。1995年日本獣医畜産大学にて記者会見し「創生水」を発表。1998年創生クリーニング「ムー」開設。2007年深井総合研究所㈱設立。2011年東京福祉大学・大学院特任教授に就任。著書に「洗剤が消える日。」(ダイヤモンド社)。

有冨正憲(ありとみ・まさのり)
国立大学法人 東京工業大学 名誉教授 工学博士 産学官非常勤研究員
1947年埼玉県出身。1970年東京工業大学工学部機械科卒業。1997年同大学原子炉工学研究所教授。2007年同大学原子炉工学研究所長に就任。2013年同大学名誉教授。
2001年に放射性物質の輸送に関する国際会議功労賞を受賞。研究テーマは、放射性物質の輸送と貯蔵に関する研究、二相流の多次元流動特性に関する研究、自然循環における沸騰二相流の熱流動特性に関する研究。

プリント版書籍は下記のストアでご購入いただけます。
  • Amazon で購入
  • e-hon で購入
  • HMV&BOOKS online で購入
  • 紀伊国屋BookWeb で購入
  • セブンネットショッピング で購入
  • TSUTAYAオンラインショッピング で購入
  • BOOKFAN で購入
  • honto で購入
  • Honya Club で購入
  • ヨドバシカメラ で購入
  • 楽天ブックス で購入

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるためお取り扱いがない場合がございます。)

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック