• twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。

  • 紙版
  • 電子版

ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。

書籍情報

  • 紙版
  • 電子版
  • 原田まりる 著
  • 定価:本体1,400円+税
  • 発行年月:2016年09月
  • 判型/造本:46並製
  • 頁数:376
  • ISBN:978-4-478-06965-3

内容紹介

ニーチェ、サルトル、キルケゴール、ショーペンハウアー、サルトル、ハイデガー、ヤスパース!あの偉大なる哲学者たちが、現代的な姿になって現れ、高校二年生の主人公アリサに、“哲学する“とは、何かを教えていく小説。

目次・著者紹介詳細を見る▼

目次

プロローグ

祝福できないならば呪うことを学べ

人生を危険にさらすのだ!

いつも自分自身をいたわることの多いものは、その多いいたわりによって病弱になる

情熱をもって生きないと、自分の世界は妬みに支配されてしまう

たとえ全世界を征服したとしても、自分自身を見失ったならば、何の意味があるというのだろうか

健康的な乞食の方が病める王よりもより幸福であろう

人は自由に呪われている

他人とは地獄である。あなたはあなたの一生以外の、何ものでもない

死をもって生を見つめた場合に、人は代わりがきかない存在だ

人は皆あたかも死んでしまうかのようにすべてを恐れ、あたかも不死であるかのようにすべてを望む

真理は二人からはじまるのだ

運命がトランプのカードをシャッフルし、我々が勝負する

エピローグ

地図:アリサとニーチェたちが歩いた場所





著者

原田まりる(はらだ・まりる)
作家・コラムニスト・哲学ナビゲーター
1985年、京都府生まれ。哲学の道の側で育ち高校生時、哲学書に出会い感銘を受ける。京都女子大学中退。
著書に、「私の体を鞭打つ言葉」(サンマーク出版)がある。

プリント版書籍は下記のストアでご購入いただけます。
  • Amazon で購入
  • e-hon で購入
  • HMV&BOOKS online で購入
  • 紀伊国屋BookWeb で購入
  • セブンネットショッピング で購入
  • TSUTAYAオンラインショッピング で購入
  • BOOKFAN で購入
  • honto で購入
  • Honya Club で購入
  • ヨドバシカメラ で購入
  • 楽天ブックス で購入

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるためお取り扱いがない場合がございます。)

電子書籍は下記のサイトでご購入いただけます。

(デジタル版では、プリント版と内容が一部異なる場合があります。また、著作権等の問題で一部ページが掲載されない場合があることを、あらかじめご了承ください。)

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック