• twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

ハーバード・ビジネス・レビュー 企業変革論文ベスト10 企業変革の教科書

  • 紙版
  • 電子版

ハーバード・ビジネス・レビュー 企業変革論文ベスト10 企業変革の教科書

書籍情報

  • 紙版
  • 電子版
  • ハーバード・ビジネス・レビュー編集部 編/DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー編集部 訳
  • 定価:本体1,800円+税
  • 発行年月:2019年08月
  • 判型/造本:46並
  • 頁数:288
  • ISBN:9784478107584

内容紹介

企業変革論やリーダーシップ論の権威ジョン・コッタ—(ハーバード・ビジネス・スクール教授)や『ブルー・オーシャン戦略』の著者チャン・キム(INSEAD教授)など超一級の研究者が、IBMなどの多くの事例を挙げ、変革の要諦を実践的かつ、わかりやすく解説する。今、日本企業や日本社会に不可欠な変革リーダー論。

目次・著者紹介詳細を見る▼

目次

はじめに

第1章 企業変革の落とし穴

ジョン・P・コッター ハーバード・ビジネス・スクール 教授

100を超える変革事例からの教訓
「変革は緊急課題である」ことが全社に徹底されない
変革推進チームのリーダーシップが不十分である
ビジョンが見えない
社内コミュニケーションが絶対的に不足している
ビジョンの障害を放置してしまう
計画的な短期的成果の欠如
早すぎる勝利宣言
変革の成果が浸透不足である
失敗を最小化することが成功のカギ

第2章 説得が変革の土壌をつくる

デイビッド・A・ガービン ハーバード・ビジネス・スクール 教授
マイケル・A・ロベルト ハーバード・ビジネス・スクール 助教授

変革を始める前に「説得作戦」を展開せよ
BIDMC:病院経営の素人によるターンアラウンド
説得作戦1 変革を受け入れる下地を整える
説得作戦2 情報やメッセージを解釈するフレームワークを提供する
説得作戦3 社内の雰囲気を盛り上げる
説得作戦4 望ましい習慣を徹底させる
説得は最大の武器

第3章 【インタビュー】IBMバリュー:終わりなき変革を求めて

サミュエル・J・パルミサーノ IBM 会長兼CEO

新生IBMの新しい価値観をつくる
適応力の高い組織には優れた価値観がある
価値観を中心としたマネジメントシステム
戦略と価値観
新しい価値観はどのように生まれたのか
何が変わったのか
新しい価値観と変革

第4章 個から始まるしなやかな組織改善

デブラ・E・メイヤーソン スタンフォード大学 経営大学院 客員教授

ボートを揺らしながら自分は水に落ちない方法
組織はいかにして変化するか
波紋を呼ぶ自己表現を行う
言葉の柔術を駆使する
短期・長期の機会を利用する
戦略的な関係を構築する
まずは対話から始める

第5章 ティッピング・ポイント・リーダーシップ

W・チャン・キム INSEAD 教授
レネ・モボルニュ INSEAD 准教授

短期間で構造改革を5回も成功させた男
意識改革のハードルを突破する
資源不足のハードルは迂回する
意欲欠如のハードルを飛び越える
社内政治のハードルを蹴り倒す

第6章 会社を変えたい人のサバイバルガイド

ロナルド・A・ハイフェッツ ハーバード大学 ジョン・F・ケネディ・スクール 教授
マーティ・リンスキー ハーバード大学 ジョン・F・ケネディ・スクール 教授

変革リーダーは理不尽な危険にさらされている
敵対的な環境での対処法
自滅の道から逃れる
リーダーには喜びが待っている

第7章 自己変革の心理学

ロバート・キーガン ハーバード大学 教育学大学院 教授
ライザ・ラスコウ・レイヒー ハーバード大学 教育学大学院 チェンジ・リーダーシップ・グループ研究主任

心にひそむ裏コミットメントが変化を拒む
裏コミットメントを無視した施策は徒労に終わる
変化に対する免疫反応をえぐり出せ
STEP1 裏コミットメントの洗い出し
STEP2 思い込みを自問自答する
STEP3 思い込みを克服する
マネジャー自身にも思い込みは存在する

第8章 変革成功の「暗号」を解く

マイケル・ビア ハーバード・ビジネス・スクール 名誉教授
ニティン・ノーリア ハーバード・ビジネス・スクール 教授

変革理論
2つの理論をめぐる物語
さまざまな矛盾や反対意見に対処する

第9章 DICE:変革プロジェクトの管理法

ハロルド・L・サーキン ボストン コンサルティング グループ シニアバイスプレジデント
ペリー・キーナン ボストン コンサルティング グループ シニアバイスプレジデント
アラン・ジャクソン ボストン コンサルティング グループ シニアバイスプレジデント

時間、社員数、財務面の障害を把握する
変革プロジェクトの成功確率を予測する
変革プロジェクトの定量評価システム
DICEの活用法

第10章 プログラム型組織改革の逆説

マイケル・ビア ハーバード・ビジネス・スクール 教授
ラッセル・A・アイゼンスタット ハーバード・ビジネス・スクール 助教授
バート・スペクター ノースイースタン大学 経営大学院 准教授

ヒエラルキー型組織では新たなチャレンジに対応できない
プログラム型改革の陥穽
効果的な組織改革の6段階
経営首脳陣の役割






著者

『Harvard Business Review』(HBR)とは
ハーバード・ビジネス・スクールの教育理念に基づいて、1922年、同校の機関誌として創刊された世界最古のマネジメント誌。米国内では29万人のエグゼクティブに購読され、日本、ドイツ、イタリア、BRICs諸国、南米主要国など、世界60万人のビジネスリーダーやプロフェッショナルに愛読されている。

『DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー』(DHBR)とは
HBR誌の日本語版として、米国以外では世界で最も早く、1976年に創刊。「社会を変えようとする意志を持ったリーダーのための雑誌」として、毎号HBR論文と日本オリジナルの記事を組み合わせ、時宜に合ったテーマを特集として掲載。多くの経営者やコンサルタント、若手リーダー層から支持され、また企業の管理職研修や企業内大学、ビジネススクールの教材としても利用されている。

プリント版書籍は下記のストアでご購入いただけます。
  • Amazon で購入
  • e-hon で購入
  • HMV&BOOKS online で購入
  • 紀伊国屋BookWeb で購入
  • セブンネットショッピング で購入
  • TSUTAYAオンラインショッピング で購入
  • BOOKFAN で購入
  • honto で購入
  • Honya Club で購入
  • ヨドバシカメラ で購入
  • 楽天ブックス で購入

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるためお取り扱いがない場合がございます。)

電子書籍は下記のサイトでご購入いただけます。

(デジタル版では、プリント版と内容が一部異なる場合があります。また、著作権等の問題で一部ページが掲載されない場合があることを、あらかじめご了承ください。)

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック