• twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

諦めない経営

峠の釜めし荻野屋の135年

  • 紙版
  • 電子版

諦めない経営

峠の釜めし荻野屋の135年

書籍情報

  • 紙版
  • 電子版
  • 髙見澤志和 著
  • 定価:1650円(本体1500円+税10%)
  • 発行年月:2021年01月
  • 判型/造本:46並
  • 頁数:232
  • ISBN:9784478110454

内容紹介

多くの企業がコロナ禍により経営に苦しんでいる。創業135年を迎えた「峠の釜めし」で有名な荻野屋も例外ではない。観光業に密接しており、約9割の売上げを一気に失った。だが、危機に面したのは今回が初めてではない。6代に渡って諦めずにチャレンジし続けてきた奮闘記が、生き残りをかけた経営へのヒントとなる。

目次・著者紹介詳細を見る▼

目次

はじめに

第1章 「峠の釜めし」誕生 ── お客様の声を聞く

「道」の変化が荻野屋の進化を促した
明治の元勲・桂太郎の助言
塩おにぎり2つの弁当がスタート
駅弁業界は暗黒の時代へ
戦後復興の波に乗れなかった荻野屋
3代目・一重の急逝、みねじの苦難
みねじとトモミの二人三脚
ホームでお客様の声を聞き続けた3年
「温かい弁当を食べたい」を実現へ
徹底した衛生管理
益子焼との出合い
幕の内弁当80円の時代に120円の釜めし
『文藝春秋』が「峠の釜めし」を紹介、突如ヒット商品に
昭和天皇に「峠の釜めし」を献上

第2章 押し寄せるモータリゼーション ── 鉄道から道路へ

小型自動車の登場、大型バスが観光地へ
トイレを増やしたドライブイン
鉄道の高速化
バトンは恭子と忠顕へ
忠顕が実質、荻野屋トップに
軽井沢に魅力感じた忠顕
ドライブイン事業に邁進
「しっかりやりなさい」とみねじ
ドライブインに大理石のトイレ
『私をスキーに連れてって』が追い風に

第3章 バブルと長野オリンピック ── ドライブイン事業の急拡大

国鉄民営化と横川 ─ 軽井沢間の廃線
「ピンチはチャンス」
高級日本料理店の失敗とバブル崩壊
「平成不況」の中で拡大路線
長野オリンピック開催、営業範囲拡大
大型ドライブイン「佐久店」オープン
長野オリンピックが変化への触媒
最終列車を見送り、横川駅で最後の一礼

第4章 孤独な継承者 ── 「峠の釜めし」の成功体験を見直す

嫌だった「荻野屋の息子」
父の死で決心
髙見澤家の嫡男を「錦の御旗」に
財務諸表を見て驚愕、巨額の借入金
急拡大の弊害
「荻野屋が潰れてしまう」
「峠の釜めし」に切り込む
停滞は衰退 ── 海外製造への挑戦
聖域なき改革 ── 調理方法も見直す
取引先との悪弊を断つ
安定供給に必要な緊張感

第5章 「進化の芽」を育てる ── 新生荻野屋へ歩みはじめる

ドライブインをリニューアル
ドライブインに鉄道遺構を展示
「峠の釜めし」に頼る経営から脱却を
海外進出への挑戦
失敗に終わった台湾出店
東日本大震災の衝撃
危機下で「群馬の台所」出店
強まる逆風
どうする? 重くて捨てられない釜容器
WASARAと共同開発した容器がグッドデザイン賞受賞

第6章 負の遺産を清算 ── 持続的成長へのハードル

「財務体質を改善せよ」金融機関が突然、通告
改善計画策定を受け入れ
売れるものはすべて売り、返済
コンサルタント会社が監視
社外役員招聘 ── ガバナンス強化へ
現場の経営改善こそ必要
負の遺産を処理
同族会社の持続性とは?
同族会社のガバナンス強化

第7章 創業200年への基盤づくり ── 東京進出

失敗に学び、自分自身を高める
SDM入学 ─ 「システム×デザイン思考」を学ぶ
東京進出への長い道
GINZA SIXへの出店
低下する「峠の釜めし」の神通力
「破壊と再生」を繰り返した銀座
新しい釜めしへのチャレンジが、新しい荻野屋をつくる
成功するまで諦めない

おわりに





著者

髙見澤志和(たかみざわ・ゆきかず)
1976年、群馬県出身。2000年慶應義塾大学法学部法律学科卒業。2018年同大学院システムデザイン・マネジメント研究科修了。2003年に荻野屋へ入社し、専務取締役を経て、2012年に6代目となる代表取締役社長に就任。財務・人事など社内改革を推進するとともに、新商品の開発や、首都圏をターゲットにした新規事業を展開するなど、これまでの伝統を踏襲しながらも常に新しい価値の提供を目指し、積極的に挑戦を行っている。

プリント版書籍は下記のストアでご購入いただけます。
  • Amazon で購入
  • e-hon で購入
  • HMV&BOOKS online で購入
  • 紀伊国屋BookWeb で購入
  • セブンネットショッピング で購入
  • TSUTAYAオンラインショッピング で購入
  • BOOKFAN で購入
  • honto で購入
  • Honya Club で購入
  • ヨドバシカメラ で購入
  • 楽天ブックス で購入

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるためお取り扱いがない場合がございます。)

電子書籍は下記のサイトでご購入いただけます。

(デジタル版では、プリント版と内容が一部異なる場合があります。また、著作権等の問題で一部ページが掲載されない場合があることを、あらかじめご了承ください。)

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック