• twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

シャドーラーニング:知能機械(インテリジェントマシン)を使いこなすための学習法(DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー論文)

  • 電子版

シャドーラーニング:知能機械(インテリジェントマシン)を使いこなすための学習法(DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー論文)

書籍情報

  • 電子版
  • 発行年月:2020年09月

内容紹介

生産性の向上を目的にしたインテリジェントマシン(知能機械)が、人間と業務をともにしつつある。これまで、業務の熟練度を高めるには、経験者に学ぶという伝統的な手法が主だった。しかし、今後は従来スキルに加え、マシンを利用した新たなスキルを高めることも同時に求められる。新旧の業務スキルを並行して高めるために、組織として注目すべきなのが「シャドーラーニング」の実践者だ。彼らは組織内でいかに志向し、行動しているのか。そして、組織は彼らのノウハウをどのように取り込むべきか。いくつかの具体例から学ぶ。

*『DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー(2020年2月号)』に掲載された記事を電子書籍化したものです。

電子書籍は下記のサイトでご購入いただけます。

(デジタル版では、プリント版と内容が一部異なる場合があります。また、著作権等の問題で一部ページが掲載されない場合があることを、あらかじめご了承ください。)

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック