• twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

レジリエンス 復活力

あらゆるシステムの破綻と回復を分けるものは何か

  • 紙版

レジリエンス 復活力

あらゆるシステムの破綻と回復を分けるものは何か

書籍情報

  • 紙版
  • アンドリュー・ゾッリ/アン・マリー・ヒーリー:著 須川 綾子:訳
  • 定価:本体2,400円+税
  • 発行年月:2013年02月
  • 判型/造本:46上製
  • 頁数:404
  • ISBN:978-4-478-01233-8

内容紹介

私たちの人生に「予期せぬ出来事」は必ず訪れる。だが、大ダメージを経験した組織やシステムの中でも、完全に崩壊してしまうものと、しなやかに回復するものがあるのはなぜか。人間の脳、自然環境、ビジネスや地域の組織まで、あらゆるシステムを包括的に観察・研究し、「復活力」の驚くべき秘密に迫った知的興奮の書。

目次・著者紹介詳細を見る▼

目次

序章 レジリエンスとは何か

現代では災害や大混乱を避けるのは難しい
では、どうすればよいのか
レジリエンスを定義する
レジリエンスの必要条件
フィードバック ── 危険な変化を察知して対応する
資源とプロセスの脱集中化
レジリエンスではないもの ── 頑強性・冗長性・元の状態への回復
個人と集団のレジリエンス
レジリエンス思考の効能
レジリエンスでは全体論的アプローチが重要 ── ただし無駄も多い
システムの循環とネットワーク
サステナビリティの落日
レジリエンスは翼を与える

第1章 頑強だが脆弱なシステムはどう崩壊するか ── 漁場・インターネット・金融市場

頑強だが脆弱なシステム
インターネットにおける分散的システムの頑強性
インターネットは何に弱いか
小さなほころびの蓄積がシステムを蝕む
漁場と金融市場
なぜサンゴ礁はハリケーンで消滅したのか
二つの漁場管理方法
ポートフォリオ方式で管理する ── 複雑なものを単純に
金融業者のための生態学
個別の金融機関だけに目を向ける危険
致命的なほどの相互依存
リーマン・ショックを引き起こした爆弾
CDO ── 健康食品のラベルを貼られたジャンクフード
CDS ── 他人の船にかける保険
あまりに複雑なしくみから「信用」がこぼれる
システム崩壊の予兆
金融システム全体を見わたす
金融界のスーパースプレッダーにワクチンを
システム崩壊に応じて目覚める機能集団
サンゴを守った魚アカククリ
スイスの大不況を緩和した非公式通貨WIR
レジリエンスの道具箱は多彩

第2章 感知し、拡大し、参集する ── アルカイダ・結核菌・新しい電力網

アルカイダの安上がりな戦術 ── ヘモラージ作戦
ゆるやかなネットワーク ── 誰もがナンバースリー
ヒズボラのゲリラ戦術
結核菌はいかに生体を蝕むか
相手の戦術を模倣する ── 米軍の逆襲
10の師団より100の小隊
呼吸する送電線網
大停電 ── 頑強だが脆弱なシステムの崩壊
スマートグリッドの時代
旧式の監視システム
自我に目覚めたシステム
プロトコル──システム内部の共通言語
送電系統後の世界
マイクログリッド ── 分散型電力システム
マイクログリッドに寄せる期待 ── 軍と民間
マイクログリッドを強化する分散型蓄電技術
スマートグリッドへの心理的抵抗
賛同者が多いほど効果があがる ── 節電と「社会的証明」

第3章 多様性を密集させる ── 都市と熱帯雨林

生物と都市に共通するスケーリング法則
生物は体が大きいほど生きるスピードが遅くなる
都市は大きくなるほどあらゆる活動が速くなる
都市が過成長による崩壊を免れるしくみ
多様性を凝縮した森をつくる
森林伐採を加速するアブラヤシ栽培
森林保護に立ちはだかる壁
熱帯雨林再生計画 ── 「不朽の森」をつくる
多層的に木を植える
サトウヤシの驚くべきパワー
サトウヤシを産業にする
サンボジャ・レスタリはなぜレジリエントなのか
今後の課題

第4章 人はいかに心の傷から回復するか ── 個人のレジリエンス

ホロコーストを生き延びた孤児たち
逆境を体験しながらも人生を謳歌する人
個人のレジリエンスを決定づけているものは何か
悲しみは「乗り越えるべきもの」なのか ── 古い精神医学モデル
多くの人が悲しみから自然と立ち直る ── 定量分析の驚くべき結果
自己回復力と自己統制力
信仰心とレジリエンス
コミュニティとレジリエンス
遺伝とレジリエンスの関係
感情の“蓄え”を賢く使う ── マインドフルネス瞑想
瞑想で脳が鍛えられる ── 神経可塑性の発見
瞑想は寿命を延ばすか ── テロメラーゼとの関連
「離脱」型瞑想が不安を和らげる
「参加」型瞑想 ── 極度に消耗している人のための方法

第5章 協力と信頼はいかに生まれるか ── 社会のレジリエンス1

信頼と協力を促進する物質
リーマン・ブラザーズは救えたか
失われていく信頼
オキシトシン再び
ゲームオーバー
囚人のジレンマ
将来見返りがあれば協力する ── 互恵的利他主義
「おうむ返し」の戦術がうまくいく
人間は(サルも)不公平を嫌悪する
集団の内と外を隔てる境界は堅固だが容易に移動可能
協力したいと思う自分の“部族”を拡張する
パレスチナ問題
ハイチ大地震 ── ミッション4636
アフリカで活用された救援プラットフォーム「ウシャヒディ」
ハイチへの対応と活動のインフォーマルな拡大
ハイチ国民に直接つながる ── SMSハブ
さらなる支援と問題 ── 誰がメッセージを翻訳するか
広く活用されたシステム ── つぎなる段階へ
なぜミッション4636はうまくいったのか
弱いきずなで結びついたボランティアネットワーク
強いきずなで結束した実践チーム
部族の拡大、不屈のリーダー、意欲の持続
いくつかの教訓

第6章 リスク志向を抑制する多様性と寛容さ ── 社会のレジリエンス2

安全対策が危険な行動を呼び起こす
リスクのホメオスタシス理論
リスク志向の文化がレジリエンスを低下させる
悪魔の提言者養成学校 ── 軍の集団思考に克つ
「勢」の考え方と水平思考
組織にさまざまな考え方をするメンバーを分布させる ── 認識の多様性
人は自分が間違っている可能性に無意識に抵抗する ── 確証バイアス

第7章 コミュニティの適応能力 ── 社会のレジリエンス3

バングラデシュの汚染された井戸
なぜ介入措置は失敗したのか
暴力の連鎖を食い止める
行動の変化を生みだすための戦略
社会規範を抑止力にする
ステップ1 ── 暴力の伝染を防ぐ
タフな介入者
ステップ2 ── 思考を変える
ステップ3 ── 規範を変える
社会規範は模倣によって拡散する

第8章 コミュニティを支える「通訳型」リーダー ── 社会のレジリエンス4

パラオについて
パラオに何が起こったのか
若きリーダーによる伝統的制度の活用
環境使用税の導入
仲間の輪を広げる
対話を呼びかける
ネットワークを織りなす

第9章 レジリエンスの習得

脆弱性、限界点、フィードバックループをマッピングする
ケニアの零細農家向け保険
アドホクラシー ── 流動的、自然発生的、自己組織化的なネットワーク
徹底的にデータを活用する
将来に向けてリハーサルを積む
レジリエントな場所に学ぶ

謝辞

尊敬する組織

訳者あとがき







著者

アンドリュー・ゾッリ(Andrew Zolli)
クリス・アンダーソン、ナシーム・タレブ、トーマス・フリードマン、マルコム・グラッドウェルなどが参加し、「先端的な知のコミュニティ」として知られる国際的なイノベーターのネットワーク、「ポップテック(PopTech)」のエグゼクティブ・ディレクター、キュレーターをつとめる。ナショナル・ジオグラフィック協会フェロー。テクノロジー、サステナビリティ、グローバル社会の交点に生じる複雑な現象を研究する。その仕事はニューヨーク・タイムズ紙、ファスト・カンパニー誌など多くのメディアで紹介されている。

アン・マリー・ヒーリー(Ann Marie Healy)
劇作家、脚本家、ジャーナリスト。


訳者

須川綾子(すがわ・あやこ)
翻訳家。東京外国語大学外国語学部英米語学科卒業。訳書に『世界で最もイノベーティブな洗剤会社 メソッド革命』(ダイヤモンド社)、『競争優位で勝つ統計学』(河出書房新社)、『世界鉄道史』(共訳、河出書房新社)、『ルネサンス 料理の饗宴』(共訳、原書房)などがある。

プリント版書籍は下記のストアでご購入いただけます。
  • Amazon で購入
  • e-hon で購入
  • HMV&BOOKS online で購入
  • 紀伊国屋BookWeb で購入
  • セブンネットショッピング で購入
  • TSUTAYAオンラインショッピング で購入
  • BOOKFAN で購入
  • honto で購入
  • Honya Club で購入
  • ヨドバシカメラ で購入
  • 楽天ブックス で購入

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるためお取り扱いがない場合がございます。)

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック