• twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

なぜあの人は逆境に強いのか

  • 紙版

なぜあの人は逆境に強いのか

書籍情報

  • 紙版
  • 中谷彰宏 著
  • 定価:本体1,300円+税
  • 発行年月:2011年07月
  • 判型/造本:46並製
  • 頁数:184
  • ISBN:978-4-478-01628-2

目次・著者紹介詳細を見る▼

目次

まえがき 逆境で、元気が出る人もいる。

第1章 なぜあの人は逆境に強いのか

天国に行った人は、落ち込んでいることを求めていない。
自分の仕事をガンバることが、応援になる。
最悪の事態は、順番に自分にもまわってくる。
災害は、何かを気づかせるようにしてくれている。
幸せは、他人からもらうものではない。
最悪の事態を受け入れることで、人間は成長する。
役割を与えられると、へこみから抜け出せる。
「なんで?」ではなく、「何ができるか」を考えよう。
生きている間に、生まれ変わりの節目が来る人もいる。

第2章 なぜあの人は、最悪の事態でもやる気がわいてくるのか

五月病は、ひとつずつやることでやる気がわいてくる。
運命を仕方なく受け入れるのではなく、「積極的に」愛そう。
最悪のことも含めて、「ならばもう一度」と思える人生を生きよう。
芸術と逆境は、視点を変えるキッカケをつくってくれる。
過去のガンバった体験が、自分を元気にしてくれる。
災害のない楽園を目指すより、どんなことが起こっても、諦めない力を身につけよう。
いつもどおりから、勇気が生まれる。
自粛は、最悪の事態を精神的に広げる。
不安は、安心では消せない。希望が、不安を消す。
新しいモノの見方が、希望になる。
逆境で、自分の強さに気づける。
明るいニュースを、語り合おう。
死にたくなるのは、30分。そこを乗り越えれば、大丈夫。
へこみを救うのは、笑顔だ。

第3章 人生のチャンネル権は自分にある

最悪の事態は、最高の研修になる。
最悪の事態での出会いは、一生の出逢いになる。
最悪の事態で、命を守る訓練の大切さを知る。
「ゼロか、1か」から抜け出そう。
人生のチャンネル権は、自分にある。
買いだめしないことと、節電することが、支援になる。
消費活動を、控えない。
いつか、「あれを乗り越えたんだから」と言えるようになる。
常に、B案を持とう。
ショックに耐える訓練をしておこう。
「私に対して」起こるのではなく、「私のために」起こっている。
合っていないことは、神様がちゃんとボツにしてくれる。
先の予定のある者は、生きのびる。
「ガンバレ」より、「大丈夫」。

第4章 逆境に強いリーダーの条件

目覚める人が、出てくる。
危機の時こそ、成長戦略をとろう。
緊急時に、平時のルールを持ち込まない。
リーダーに要るのは、スキルではなく、ビジョンだ。
「今まで、なかったこと」が起こった時には、「今まで、しなかったこと」をしよう。
小さいリーダーを、つくろう。
リーダーの仕事は、パニックを鎮めることだ。
ほめられるより、怒鳴られるのが、リーダーだ。
優しいだけでは、人を救えない。

第5章 なぜあの人は、生まれ変わることができるのか

生まれ変わるとは、ちっちゃなことを改良することだ。
壁ではない。扉だ。
大吉とは、「みんなに吉を分け与えよ」とのメッセージ。
報われることを求めると、焦る。
仕事をつくってあげることが、人助けになる。
やる気は、接触感染で広がる。
自治とは、全員に仕事があることだ。

あとがき 大切な人と苦労することで、絆が生まれる。





著者

中谷 彰宏(なかたに・あきひろ)
1959年、大阪府生まれ。早稲田大学第一文学部演劇科卒。博報堂で8年間CMプランナーの後、㈱中谷彰宏事務所設立。中谷塾を主宰し、全国で講演活動を行う

感想など、あなたからのお手紙をお待ちしています。
僕は、本気で読みます。(中谷彰宏)
 〒150−8409 東京都渋谷区神宮前6−12−17
 ダイヤモンド社 書籍編集局第3編集部気付 中谷彰宏 行
 ※食品、現金、切手などの同封は、ご遠慮ください(編集部)

視覚障害その他の理由で活字のままでこの本を利用できない人のために、営利を目的とする場合を除き「録音図書」「点字図書」「拡大写本」等の製作をすることを認めます。その際は著作権者、または、出版社まで御連絡ください。

中谷彰宏は、盲導犬育成事業に賛同し、この本の印税の一部を㈶日本盲導犬協会に寄付しています。

プリント版書籍は下記のストアでご購入いただけます。
  • Amazon で購入
  • e-hon で購入
  • HMV&BOOKS online で購入
  • 紀伊国屋BookWeb で購入
  • セブンネットショッピング で購入
  • TSUTAYAオンラインショッピング で購入
  • BOOKFAN で購入
  • honto で購入
  • Honya Club で購入
  • ヨドバシカメラ で購入
  • 楽天ブックス で購入

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるためお取り扱いがない場合がございます。)

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック