• twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

ゼロ秒思考[行動編]

  • 紙版
  • 電子版

ゼロ秒思考[行動編]

書籍情報

  • 紙版
  • 電子版
  • 赤羽雄二 著
  • 定価:本体1,400円+税
  • 発行年月:2016年01月
  • 判型/造本:46並製
  • 頁数:184
  • ISBN:978-4-478-06820-5

内容紹介

10万部突破のベストセラー『ゼロ秒思考』のメモ書きを実践し、思考力を磨いた読者でも簡単に解決できない課題が、行動力や実行力のアップ。本書で紹介するオプションとフレームワークのメモ書きを繰り返し、「全体観」を身につけるほど、思考と行動のスピードが上がり「即断即決、即実行」に近づける。

目次・著者紹介詳細を見る▼

目次

はじめに

第1章 即断即決、即実行はなぜ難しいのか?

即断即決、即実行しないのは多くの場合「逃げ」である
 ●ためらい、迷い、躊躇、逡巡に価値はない
 ●本当に優れたリーダーは即断即決、即実行している
 ●即断即決、即実行は「猪突猛進」ではない

即断即決、即実行すべき6つの理由
 ●即断即決、即実行すると先手を打てる
 ●即断即決、即実行するとPDCAを早く何度も回せる
 ●即断即決、即実行すると生産性が上がる
 ●即断即決、即実行すると周囲から信頼される
 ●即断即決、即実行すると部下もつられて素早く動く
 ●即断即決、即実行すると組織全体が活気づく

即断即決、即実行を妨げる心理的ブロックと解決法
 ●情報を集めきらないと不安、怖い
 ●すぐ頭がいっぱいになる
 ●予定を変えることが不安。何もかも決めておきたい
 ●人に依頼すること、頼ることが面倒、不安
 ●選択肢を出し切らないと不安、怖い
 ●「失敗したらどうしよう」と、やる前に悩む
 ●即断即決、即実行に拒否感、アレルギーがある
 ●わかっていても動けない

第2章 即断即決、即実行を支えるもの

全体観がないから動けない
 ●「全体観」とは何か
 ●リーダーに不可欠な全体観
 ●全体観を持てる人が備えているもの

全体観を持つための2つのトレーニング
 ●「オプション」とは何か
 ●「フレームワーク」とは何か
 ●「オプション」「フレームワーク」と全体観

第3章 即断即決、即実行のツール① オプション

オプションのしくみとポイント
 ●大事な選択肢を漏らさず挙げ、評価する

選択肢を素早く適切に挙げるコツ
 ●まずは思い込みを排除し、最大限に考える
 ●本当の目的と制限に従って絞り込む
 ●全体観とともに、「親子・兄弟関係」に注意して見直す

オプションを評価する最適な方法
 ●4〜5個の評価基準を決める
 ●チームに関わる決定をする際の注意点
 ●オプションは「◎○△×」で評価する
 ●オプション評価の具体的なステップ
 ●簡易版の「メリット・デメリット」方式もある

オプションを使いこなすトレーニング
 ●オプションを習慣化する工夫
 ●オプション評価の例を蓄積する
 ●オプション習得のためのA4メモ書き

第4章 即断即決、即実行のツール② フレームワーク

フレームワークのしくみとポイント
 ●対象を漏れなくダブりなく分類する

正しいフレームワークの作り方、チェックの方法
 ①いま何を整理しようとしているのか
 ②整理するものを、どういう軸で分けると最も意味があるのか
 ③2x2に分けたとき、縦軸・横軸それぞれの2つの箱のラベルは適切か
 ④4つの箱それぞれに適切な内容を記入することができるか
 ⑤タイトル、軸、ラベル、分類した内容の間で齟齬がないか
 ⑥全体として有用なのか

フレームワークの使い方はこうしてレベルアップする
 ●レベル1:フレームワークをその場で何とか作れるようになる
 ●レベル2:フレームワークが瞬時に浮かぶ
 ●レベル3:フレームワークを使いこなす

フレームワークを使いこなすトレーニング
 ●「フレームワーク練習シート」で実践あるのみ
 ●フレームワーク習得のためのA4メモ書き

さまざまなフレームワークを使いこなす
 ●2x3、3x3など拡張されたフレームワーク
 ●「位置づけ、ステップ」のフレームワーク
 ●「因果関係」のフレームワーク

第5章 即断即決、即実行の実践ポイント

[ポイント1]普段からできるだけ迷いを持たない
[ポイント2]普段から質問にできるかぎり即答する
[ポイント3]普段から全ての仕事を1分1秒でも速くする
[ポイント4]常にPDCAを回し、ノウハウを蓄積し続ける
[ポイント5]好循環を生み出す工夫をし続ける
[ポイント6]高いやる気を維持する努力をし続ける
[ポイント7]社長が自分の仕事をするならどうするか、考え続ける
[ポイント8]普段から即断即決、即実行を心がけ、少しでも実践する

第6章 即断即決、即実行のリスクと注意点

即断即決、即実行のリスク
 ●拙速により仕事の質が下がり、クレームが出る
 ●考えずに突っ走るメンバーが出てきて、クレームが出る
 ●スピードについていけないメンバーからクレームが出る

即断即決、即実行しづらいのはどんなときか
 ●土地勘がまったくないとき(ただし、誰かに相談して土地勘を得る)
 ●いま決めなくてもいいとき(ただし、自分としての結論はすぐ出す)
 ●利害関係者が多いとき(ただし、自分としての結論はある)
 ●判断ミスをした場合に挽回できそうにないとき
  (これだけは慎重に。ただし、自分なりのシナリオは描いておく)

即断即決、即実行のリスクを回避するには
 ●普段から体系的に関連分野の情報収集を行ない、土地勘を持っておく
 ●即断即決、即実行すべき案件が起きたら、緊急的な情報収集を行なう
 ●オプション立案と評価、フレームワークでの整理の習慣をつけておく
 ●常にバックアッププランを考え、準備しておく
 ●普段から迅速に動ける少人数のチームを選抜、育成しておく

おわりに





著者

赤羽雄二(あかば・ゆうじ)
東京大学工学部を1978年に卒業後、小松製作所で建設現場用ダンプトラックの設計・開発に携わる。1983年よりスタンフォード大学大学院に留学し、機械工学修士、修士上級課程を修了。1986年、マッキンゼーに入社。経営戦略の立案と実行支援、新組織の設計と導入、マーケティング、新事業立ち上げなど多数のプロジェクトをリード。1990年にはマッキンゼーソウルオフィスをゼロから立ち上げ、120名強に成長させる原動力となるとともに、韓国企業、特にLGグループの世界的な躍進を支えた。2002年、「日本発の世界的ベンチャー」を1社でも多く生み出すことを使命としてブレークスルーパートナーズ株式会社を共同創業。最近は、大企業の経営改革、経営人材育成、新事業創出、オープンイノベーションにも積極的に取り組んでいる。著書に『ゼロ秒思考』『速さは全てを解決する』(ダイヤモンド社)、『マンガでわかる! マッキンゼー式ロジカルシンキング』(宝島社)などがある。

プリント版書籍は下記のストアでご購入いただけます。
  • Amazon で購入
  • e-hon で購入
  • HMV&BOOKS online で購入
  • 紀伊国屋BookWeb で購入
  • セブンネットショッピング で購入
  • TSUTAYAオンラインショッピング で購入
  • BOOKFAN で購入
  • honto で購入
  • Honya Club で購入
  • ヨドバシカメラ で購入
  • 楽天ブックス で購入

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるためお取り扱いがない場合がございます。)

電子書籍は下記のサイトでご購入いただけます。

(デジタル版では、プリント版と内容が一部異なる場合があります。また、著作権等の問題で一部ページが掲載されない場合があることを、あらかじめご了承ください。)

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック