ダイヤモンド・ザイ 2022年7月号好評発売中!
FX会社おすすめ比較【2024年最新版】

FX口座「メキシコペソ/円」のスプレッドを比較し、
取引コストが安いおすすめFX口座ランキングを紹介!
[2024年5月]メキシコペソ円スプレッドランキング

2024年5月7日公開(2024年5月22日更新)
ダイヤモンドZAiオンラインα編集部

「メキシコペソ/円」のスプレッドが狭い(=取引手数料が安い)
FX初心者におすすめのFX口座ランキング!

 FX会社(FX口座)の「メキシコペソ/円」のスプレッドを比較して、FX初心者におすすめの「メキシコペソ/円の手数料が安い、おすすめのFX口座ランキング」を公開!

 「スプレッド」とは、FXにおける実質的な取引コストのこと。FXの場合、自動売買などの特殊な注文機能を使わなければ取引手数料は“無料”となっているものの、実際には「売値(Bid)」と「買値(Ask)」に差(=スプレッド)が生じており、これがFXにおける取引手数料に相当するのだ。つまり、FX投資で取引コストを抑えたいなら「スプレッドの狭さ」に注意してFX口座を選ぶ必要があるということ。

 「メキシコペソ/円」は「米ドル/メキシコペソ」と「米ドル/円」のクロス通貨(合成通貨)で、「メキシコペソ/円」が外国為替市場で直接取引されることはあまりない。しかし、「メキシコペソ/円」は低い為替レートと相対的に高い金利水準が魅力で、ここ数年で取引できるFX口座が一気に増えた注目の通貨ペアだ。「メキシコペソ/円」のスプレッドは、0.2銭あたりがFX業界の最狭水準。仮に「メキシコペソ/円」のスプレッドが0.2銭なら、1000通貨取引では往復2円、1万通貨取引でも往復20円のコストで取引できる計算だ。

 そこで、主要なFX会社を調査して、「メキシコペソ/円のスプレッドが狭いFX口座のランキング」を作成した。「豪ドル/円」「トルコリラ/円」「南アフリカランド/円」のスプレッド、「取り扱い通貨ペア数」や「最低取引単位」も一緒に紹介するほか、各FX口座の「おすすめポイント」も掲載するので、FX会社選びの参考にしてほしい。
【※関連記事はこちら!】
FX会社「キャンペーン」おすすめ比較(2024年5月)各社の「キャッシュバック金額」を調査・比較して、FXのお得な口座開設キャンペーンランキングを公開!

FX会社「キャンペーン」おすすめ比較(2022年最新版)各社の「キャッシュバック金額」を調査・比較して、FXのお得な口座開設キャンペーンランキングを公開!
FX初心者におすすめのFX会社「最低取引単位」ランキング! 主要なFX28社の「最低取引単位」を比較して、FX初心者向きの“少額で取引できるFX口座”を紹介!
FX口座「通貨ペア数」比較ランキング!(2022年最新版)FX各社が取り扱っている「通貨ペア数」を調査して、取引できる通貨ペアが多いFX口座のランキングを公開
 FX会社おすすめ比較【2022年最新版】
FX口座「米ドル/円」のスプレッドを比較して、取引コストが安いおすすめのFX口座をランキングで紹介!【2022年最新版】「米ドル/円スプレッド」ランキング
FX口座「ユーロ/円」のスプレッドを比較して、取引コストが安いおすすめのFX口座をランキングで紹介!【2022年最新版】「ユーロ/円スプレッド」ランキング
FX口座「ユーロ/米ドル」のスプレッドを比較して、取引コストが安いおすすめFX口座ランキングを紹介![2022年最新版]「ユーロ/米ドルスプレッド」ランキング
FX口座「豪ドル/円」のスプレッドを比較して、取引コストが安いおすすめのFX口座をランキングで紹介!【2022年最新版】「豪ドル/円スプレッド」ランキング
[2024年5月7日時点]

【FX口座おすすめ比較】
メキシコペソ/円のスプレッドが狭い(取引コストが安い)FX口座ランキング!

【FX会社おすすめ比較】マネーパートナーズの公式サイトはこちら
取引単位が100通貨、「0.0銭原則固定」での取引も可能!
◆マネーパートナーズ
スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低取引単位
メキシコペソ/円 豪ドル/円 トルコリラ/円 南アフリカランド/円
0.0銭原則固定 0.0銭原則固定 0.9銭原則固定 0.1銭原則固定 21ペア 100通貨
※「パートナーズFX nano」のスペック。豪ドル/円、メキシコペソ/円は日本時間午前9時~翌午前3時に適用されるスプレッド。各通貨ペアに設定された規定の注文数量を超える場合は、スプレッドの水準が異なる。「パートナーズFX」の通貨ペア数は28、最低取引単位は1万通貨で、スプレッドは上記とは異なる
マネーパートナーズのおすすめポイント
マネーパートナーズには「パートナーズFX nano」と「パートナーズFX」の2つの口座があり、開設すればどちらの口座も利用できる。初心者向けの「パートナーズFX nano」は最低取引単位が「100通貨」なので、取り扱うすべての通貨ペアを1000円未満の少額で取引できるのが最大の魅力。主要通貨ペアのスプレッドが狭く、特に、米ドル/円、ユーロ/円、英ポンド/円、豪ドル/円、メキシコペソ/円は、注文数量や時間帯に一定の制限はあるものの、「0.0銭原則固定」とコストがまったくかからず取引できるので、「少額・低コスト」の取引を求めている人におすすめ。一方の「パートナーズFX」の最低取引単位は「1万通貨」だが、約定力が極めて高く、狙ったレートで必ず約定させたい短期トレーダーには特におすすめだ。自動売買(システムトレード)機能が搭載された取引ツールを使えるほか、購入した外貨を外貨のまま引き出せる「現受け」や、保有している株式をFXの証拠金に充当できるサービスもある。
マネーパートナーズの関連記事
■マネーパートナーズのおすすめポイントやスプレッド・通貨ペアなどを解説! 100通貨単位で取引できて、主要通貨ペアのスプレッドは驚異の「0.0銭原則固定」!
【FX会社おすすめ比較】マネーパートナーズの公式サイトはこちら
【FX会社おすすめ比較】松井証券の公式サイトはこちら
「1通貨」単位の超少額から、自動売買もできる貴重なFX口座!
◆松井証券
スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低取引単位
メキシコペソ/円 豪ドル/円 トルコリラ/円 南アフリカランド/円
0.1銭原則固定 0.4銭原則固定 1.5銭原則固定 0.4銭原則固定 20ペア 1通貨
※1万通貨までの成行(ストリーミング)注文に適用されるスプレッド。規定を超える注文数量や成行以外の注文方法の場合、スプレッドの水準が異なる
松井証券のおすすめポイント
松井証券は最低取引単位が「1通貨」なので、実質数円からの超少額でFXを取引できる貴重なFX口座のひとつだ。取り扱う通貨ペアすべてが「1通貨」単位の取引に対応しているため、初心者や少額での取引を検討している人はもちろん、マイナーな通貨ペアをリスクを抑えながらお試し感覚でトレードしてみたい人にもおすすめ。注文方法によっては業界上位水準の狭いスプレッドが適用されるため、取引コストを抑えることも可能で、1通貨から手数料無料でFXのシステムトレード(自動売買)ができるのもポイントだ。松井証券のアナリストが金融政策やファンダメンタルズの観点から為替相場を解説する「FX MARKET VIEW」に加え、初心者向けのコンテンツ、投資やお金に関する注目情報などを配信する投資情報動画メディア「マネーサテライト」などの、豊富な情報サービスも魅力。レバレッジを4種類(25倍・10倍・5倍・1倍)のコースから選択できるので、リスク管理が苦手な人も安心して取引できる。
松井証券の関連記事
■松井証券(FX)のおすすめポイントやスプレッドや通貨ペア数を解説! 1通貨単位で取引可能、スプレッドも業界最狭水準でFX初心者におすすめ
【FX会社おすすめ比較】松井証券の公式サイトはこちら
【FX会社おすすめ比較】FXダイレクトプラス(セントラル短資FX)の公式サイトはこちら
信頼性と透明性の高さで、安心して取引できるFX口座
◆FXダイレクトプラス(セントラル短資FX)
スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低取引単位
メキシコペソ/円 豪ドル/円 トルコリラ/円 南アフリカランド/円
0.1銭原則固定 0.4銭原則固定 非公開 0.3銭原則固定 25ペア 1000通貨
※豪ドル/円、メキシコペソ/円は日本時間午前9時~翌午前0時、それ以外の通貨ペアは日本時間午後5時~翌午前0時に適用されるスプレッド。スプレッドはすべて例外あり
FXダイレクトプラス(セントラル短資FX)のおすすめポイント
セントラル短資FXの「FXダイレクトプラス」は、創業100年を超える短資会社、セントラル短資株式会社のグループ企業が提供するFX口座。外国為替市場で培ってきた豊富な経験があり、サービスの信頼性や透明性の高さは折り紙付きだ。時間帯によっては業界最狭水準のスプレッドが提供されており、最低取引単位は「1000通貨」なので、取引コストをできるだけ抑えたいトレーダーや初心者にもおすすめ。平日はほぼ毎日配信される、著名投資家やアナリストによるマーケットコラムなどの情報コンテンツも豊富。過去の値動きをもとに先行きを予測してくれる「みらいチャート」などの、取引に役立つ独自ツールも魅力だ。パソコン版取引ツールの「クイックチャートトレードプラス」には、簡単にオリジナルの売買ロジックが作成でき、FXの自動売買(システムトレード)が可能となる機能も搭載されている。
FXダイレクトプラス(セントラル短資FX)の関連記事
■「FXダイレクトプラス(セントラル短資FX)」のスプレッドや通貨ペア、おすすめポイントを解説! 信頼性の高さと取引に豊富な情報コンテンツも魅力!
【FX会社おすすめ比較】FXダイレクトプラス(セントラル短資FX)の公式サイトはこちら
【FX会社おすすめ比較】LIGHT FX(トレイダーズ証券)の公式サイトはこちら
オリジナルの「LIGHTペア」は、スプレッドとスワップが業界上位水準!
◆LIGHT FX(トレイダーズ証券)
スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低取引単位
メキシコペソ/円 豪ドル/円 トルコリラ/円 南アフリカランド/円
0.18銭原則固定 0.48銭原則固定 非公開 非公開 33ペア 1000通貨
※LIGHTペアの日本時間午前8時~翌午前5時に適用されるスプレッド。通常の通貨ペアのスプレッドは上記とは異なる
LIGHT FX(トレイダーズ証券)のおすすめポイント
トレイダーズ証券の「LIGHT FX」は最低取引単位が「1000通貨」の、業界上位水準のスプレッドとスワップポイント、約定力の高さにも定評があるFX口座。主要12通貨ペアには、1取引の注文数量に20万通貨までと上限がある代わりに、スプレッドとスワップポイントが通常の通貨ペアよりも有利となることが多い「LIGHTペア」を提供しているのも特徴。トレイダーズ証券は、新興国通貨に特化したニュースも配信しているので、高金利で人気の新興国通貨ペアによるスワップポイント収益を重視しながら取引したい投資家にもおすすめだ。
【FX会社おすすめ比較】LIGHT FX(トレイダーズ証券)の公式サイトはこちら
【FX会社おすすめ比較】FXネオ(GMOクリック証券)の公式サイトはこちら
スペックの高さと取引ツールの使いやすさで圧倒的人気のFX口座!
◆FXネオ(GMOクリック証券)
スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低取引単位
メキシコペソ/円 豪ドル/円 トルコリラ/円 南アフリカランド/円
0.2銭原則固定 0.5銭原則固定 非公開 0.9銭原則固定 20ペア 1000通貨
※相場状況にともない、2024年5月3日(金)より原則固定スプレッドによるレートの提示を一時休止中。最新の情報はGMOクリック証券の公式サイトで確認してください
FXネオ(GMOクリック証券)のおすすめポイント
GMOクリック証券の「FXネオ」は、口座数、取引高、証拠金残高などがトップクラスの、多くの投資家が利用している業界を代表するFX口座。スプレッドは、主要通貨ペアなら取引時間中は常に業界最狭水準で、高水準のスワップポイントにも定評がある。また、パソコン版とスマホアプリの両方で、他社の追随を許さない、高機能で使いやすい取引ツールを提供しているのも人気の理由だ。最低取引単位が「1000通貨」なので、FX初心者からベテラントレーダーまで、あらゆる投資家におすすめできる。GMOインターネット株式会社(東証プライム:9449)のグループ会社という、高い信頼性と安心感もポイント。GMOクリック証券には「FXネオ」のほかに、個別株を含めた豊富な銘柄が取引できる「CFD」や、バイナリーオプション専用口座の「外為オプション」もある。
FXネオ(GMOクリック証券)の関連記事
■FXネオ(GMOクリック証券)のスプレッドや通貨ペア、おすすめポイントを解説! 取引ツールの使いやすさと高いスペックが人気の、FX業界を代表する口座!
【FX会社おすすめ比較】FXネオ(GMOクリック証券)の公式サイトはこちら
【FX会社おすすめ比較】外貨ex(GMO外貨)の公式サイトはこちら
主要スペックが軒並み上位水準、総合力で人気のFX口座!
◆外貨ex(GMO外貨)
スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低取引単位
メキシコペソ/円 豪ドル/円 トルコリラ/円 南アフリカランド/円
0.2銭原則固定 0.5銭原則固定 非公開 1.3銭原則固定 24ペア 1000通貨
※日本時間午前8時~翌午前3時に適用されるスプレッド。相場状況にともない、2024年5月2日(木)より原則固定スプレッドによるレートの提示を一時休止中。最新の情報はGMO外貨の公式サイトで確認してください
外貨ex(GMO外貨)のおすすめポイント
GMO外貨の「外貨ex」は、初心者におすすめの「1000通貨」単位の取引が可能で、スプレッドとスワップポイントが業界上位水準の、総合的なバランスに優れたFX口座。中上級者も満足できる、機能性の高さと使いやすさが両立した取引ツールも人気だ。外部の格付け機関から最高評価を得た電話サポートなど、初心者が安心して取引できる環境が整っているのもポイント。FX取引を介して日本円を外貨に交換できる、「現受け」のサービスもある。また、GMO外貨は「外貨ex」のほかに、国内では数少ない「レンジ」が取引でき、最短1分前まで購入が可能なバイナリーオプションの「オプトレ!」、VIX指数(恐怖指数)に関連した銘柄も取引できるCFDの「外貨ex CFD」も提供している。幅広いニーズに対応しているFX会社として、多くの投資家におすすめだ
【FX会社おすすめ比較】外貨ex(GMO外貨)の公式サイトはこちら
【FX会社おすすめ比較】外貨ネクストネオ(外為どっとコム)の公式サイトはこちら
業界随一の豊富なコンテンツと、高いスペックで人気
◆外貨ネクストネオ(外為どっとコム)
スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低取引単位
メキシコペソ/円 豪ドル/円 トルコリラ/円 南アフリカランド/円
0.2銭原則固定 0.5銭原則固定 1.6銭原則固定 0.3銭原則固定 30ペア 1000通貨
※メキシコペソ/円以外は、日本時間午前9時~翌午前3時に適用されるスプレッド。豪ドル/円、南アフリカランド/円、トルコリラ/円は、2024年6月1日(土)午前3時までのキャンペーンスプレッド。スプレッドはすべて例外あり
外貨ネクストネオ(外為どっとコム)のおすすめポイント
外為どっとコムの「外貨ネクストネオ」は、スプレッドの狭さが業界上位水準で、「1000通貨」単位の取引ができるFX口座。取引に欠かせない速報系のマーケットニュースに加え、初心者~上級者までを対象にした学習コンテンツ、統計データなどのオリジナル情報が、質と量のどちらの面でも他のFX口座を圧倒しているので、あらゆるレベルのトレーダーにとって、FXの情報を収集するために持っておいて損をすることがない口座だ。「外貨ネクストネオ」で取引しているトレーダーの注文状況がひと目でわかる「外為注文情報」、各通貨ペアの将来の値動きを予測してくれる「ぴたんこテクニカル」の提供や、ポジションを決済せずにスワップポイントだけを確定収益として引き出すことができるなど、便利なサービスや機能も充実している。外為どっとコムには「外貨ネクストネオ」のほかに、外貨を最低1通貨から自動で定期購入して積立投資してくれる、外貨預金に似たFXの積立サービス「らくらくFX積立」、米ドル/円、ユーロ/円、英ポンド/円、豪ドル/円、ユーロ/米ドルを対象としたバイナリーオプション口座「外貨ネクストバイナリー」、主要な株価指数、商品(コモディティ)、米国の個別株をFXと同じように取引できるCFD口座「CFDネクスト」の提供もある。
【FX会社おすすめ比較】外貨ネクストネオ(外為どっとコム)の公式サイトはこちら
【FX会社おすすめ比較】MATRIX TRADER(JFX)の公式サイトはこちら
「スキャルピング」もOKな、取引環境に優れたFX口座
◆MATRIX TRADER(JFX)
スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低取引単位
メキシコペソ/円 豪ドル/円 トルコリラ/円 南アフリカランド/円
0.2~0.7銭 0.5~1.8銭 1.6~3.3銭 0.8~1.5銭 41ペア 1000通貨
MATRIX TRADER(JFX)のおすすめポイント
JFXの「MATRIX TRADER」は、主要通貨ペアで「1000通貨」単位の取引が可能、業界上位水準のスプレッド、新興国通貨ペアの高いスワップポイントなどで人気のFX口座。約定力の高さと約定スピードの速さに定評があり、超短期売買のスキャルピングや連打注文を公式に容認する優れた取引環境もポイントだ。初心者だけでなく、取引回数の多い投資家も満足できるだろう。元為替ディーラーの小林芳彦社長が配信する短期売買方針は当たると評判で、これを見る目的のために「MATRIX TRADER」に口座を作る投資家もいるほどだ。ロイターの経済指標速報がほぼリアルタイムで配信されるサービスなど、情報配信面の充実ぶりも魅力。分析専用のツールとして、MT4(メタトレーダー)も利用できる。
MATRIX TRADER(JFX)の関連記事
■「MATRIX TRADER(JFX)」のおすすめポイントやスプレッド、スワップを解説! スキャルピングOKで、高金利通貨ペアのスワップも高くておすすめのFX口座
【FX会社おすすめ比較】MATRIX TRADER(JFX)の公式サイトはこちら
【FX会社おすすめ比較】LINE FX(LINE証券)の公式サイトはこちら
スマホからの取引がメインのトレーダーには特におすすめ!
◆LINE FX(LINE証券)
スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低取引単位
メキシコペソ/円 豪ドル/円 トルコリラ/円 南アフリカランド/円
0.2銭原則固定 0.5銭原則固定 非公開 0.9銭原則固定 23ペア 1000通貨
※日本時間午前9時~翌午前5時に適用されるスプレッド。スプレッドはすべて例外あり
LINE FX(LINE証券)のおすすめポイント
LINE証券の「LINE FX」は、取り扱うすべての通貨ペアの取引単位が「1000通貨」で、業界上位水準の狭いスプレッドを提供しているFX口座。LINEアカウントとの連携機能が非常に便利で、為替レートの急変や重要経済指標の結果などがLINEの通知で届き、通知画面から即座に取引画面へ移行できるなど、スマホからの取引に徹底的にこだわったサービス内容もポイント。スマホを使った取引をメインに考えている人だけでなく、外出時の情報収集に活用する目的で利用する人にもおすすめのFX口座だ。LINE証券は、LINEグループと野村ホールディングスの共同出資によって設立された証券会社なので、信頼性の高さも折り紙付き。
LINE FX(LINE証券)の関連記事
■「LINE FX(LINE証券)」のスプレッドや通貨ペア数、おすすめポイントなどを解説! 少額・低コストの取引が可能、スマホ取引がメインの投資家に特におすすめ
【FX会社おすすめ比較】LINE FX(LINE証券)の公式サイトはこちら
【FX会社おすすめ比較】LION FX(ヒロセ通商)の公式サイトはこちら
総合力でトップレベル、豊富な取扱い通貨ペアも魅力!
◆LION FX(ヒロセ通商)
スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低取引単位
メキシコペソ/円 豪ドル/円 トルコリラ/円 南アフリカランド/円
0.2~0.7銭 0.5~1.8銭 1.6~3.3銭 0.8~1.5銭 54ペア 1000通貨
LION FX(ヒロセ通商)のおすすめポイント
ヒロセ通商の「LION FX」は、50種類を超える豊富な通貨ペアを取引でき、最低取引単位は初心者にもおすすめの「1000通貨」、スプレッドの狭さは業界上位水準と、注目のスペックが総じて業界トップレベルのFX口座だ。FX業界ではおなじみの、趣向を凝らしたグルメキャンペーンでも多くのトレーダーに支持されている。目的や環境に応じて選べる豊富な取引ツールはどれも使いやすく、他のFX口座ではあまり見ない特殊な注文方法や機能も充実している。過去の取引からトレーダーのクセを分析して視覚化してくれる機能など、取引をサポートしてくれるサービスも人気。東証スタンダード市場に上場(7185)しており、国際的な社会貢献活動にも力を入れている。また、ヒロセ通商は「LION FX」のほかにも、主要な株価指数を取引できるCFD口座「LION CFD」、バイナリーオプション口座「LION BO」もある。
LION FX(ヒロセ通商)の関連記事
■「LION FX(ヒロセ通商)」のおすすめポイントやスプレッド・通貨ペア数などを解説! FX業界トップ水準のスペックで、FX初心者&短期トレーダーにおすすめ
【FX会社おすすめ比較】LION FX(ヒロセ通商)の公式サイトはこちら
【FX会社おすすめ比較】楽天証券の公式サイトはこちら
高機能な自社ツールと、MT4を使う2つのFX口座で取引できる!
◆楽天証券
スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低取引単位
メキシコペソ/円 豪ドル/円 トルコリラ/円 南アフリカランド/円
0.2銭原則固定 0.6銭原則固定 6.8銭原則固定 0.9銭原則固定 28ペア 1000通貨
※「楽天FX」のスペック。「楽天MT4」の通貨ペア数は24で、スプレッドは上記とは異なる
楽天証券のおすすめポイント
楽天証券では、自社ツールを使う「楽天FX」と、大手ネット証券では唯一のMT4(メタトレーダー4)が使える「楽天MT4」の、2つのFX口座が利用できる。2つの口座でスワップポイントの水準は共通だが、スプレッドは「楽天FX」のほうが全体的に狭いので、取引コストを重視するなら「楽天FX」がおすすめ。「楽天FX」は、多くのユーザーから高い評価を獲得している取引ツールを使えるのも魅力で、スマホアプリには通貨ペアの動きを25種類のパターンに分類してくれる「チャートの形状」機能も搭載されている。一方の「楽天MT4」では、著名なアナリストや投資家が開発したインジケーター(分析ツール)をチャート上に表示させることで、プロのトレード手法をそのまま再現した取引もできる。なお、「楽天MT4」の利用には、「楽天FX」の口座開設が必須となる。
【FX会社おすすめ比較】楽天証券の公式サイトはこちら
【FX会社おすすめ比較】みんなのFX(トレイダーズ証券)の公式サイトはこちら
TradingViewが無料で使えるハイスペックなFX口座!
◆みんなのFX(トレイダーズ証券)
スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低取引単位
メキシコペソ/円 豪ドル/円 トルコリラ/円 南アフリカランド/円
0.3銭原則固定 0.6銭原則固定 非公開 0.9銭原則固定 33ペア 1000通貨
※日本時間午前8時~翌午前5時に適用されるスプレッド
みんなのFX(トレイダーズ証券)のおすすめポイント
トレイダーズ証券の「みんなのFX」は、業界上位水準のスプレッドやスワップポイントで、初心者におすすめの「1000通貨」単位の取引ができる、業界を代表するハイスペックなFX口座。通貨の強弱がひと目でわかる「ヒートマップ」、「みんなのFX」で取引しているユーザーの売買比率やポジションの価格帯がわかる「ポジションブック」など、ユニークな売買支援ツールも魅力だ。さらに、取引ツールには世界中のトレーダーが愛用する高機能チャートツールの「TradingView」が搭載されていて、通常の「TradingView」では有料となる機能の一部を、口座があれば誰でも無料で使えるのもポイント。初心者向けの学習コンテンツに加え、初歩的な質問からトラブルまで対応してくれるコールセンターなど、FX初心者が安心して取引できるサービスも充実している。また、トレイダーズ証券には「みんなのFX」のほかに、FXの自動売買(システムトレード)ができる口座の「みんなのシストレ」もある。
みんなのFX(トレイダーズ証券)の関連記事
■みんなのFX(トレイダーズ証券)のおすすめポイント、スプレッドやスワップの水準を解説! TradingViewも無料で利用できる、FX業界屈指のハイスペック口座!
【FX会社おすすめ比較】みんなのFX(トレイダーズ証券)の公式サイトはこちら
【FX会社おすすめ比較】IG証券の公式サイトはこちら
約100種類の豊富な取扱い通貨ペアが魅力!
◆IG証券
スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低取引単位
メキシコペソ/円 豪ドル/円 トルコリラ/円 南アフリカランド/円
0.3銭 0.7銭 非公開 1.0銭 98ペア 1万通貨
※英国が標準時間(冬時間)の期間中は日本時間午前9時~翌午前3時、英国が夏時間(サマータイム)の期間中は日本時間午前8時~翌午前2時に適用されるスプレッド
IG証券のおすすめポイント
IG証券は、約100種類の豊富な通貨ペアを取引できるFX口座。主要通貨ペアのスプレッドの狭さも、全体的に上位水準だ。一定の保証料を支払うことで、ストップ注文(逆指値注文)が指定したレートで必ず成立し、通常のFX取引よりもさらに少ない資金で取引できる「ノースリッページ注文」など、独自性の高いサービスでも人気がある。英国に本社を置くIGグループの100%子会社で、世界中の投資家から高い評価を得ている高度な分析機能を搭載した取引ツールが使えるのもポイント。FXだけでなく、個別株を含めた約1万7000銘柄を取引できるCFDの提供もあるため、IG証券だけで世界中のさまざまな金融商品へ手軽にアクセスできるのも魅力だ。そのほか、FXに加えて株価指数と商品(コモディティ)も対象にしたバイナリーオプション口座もある。オリジナルのマーケット情報も豊富なので、ファンダメンタルズを重視するトレーダーにもおすすめだ。また、主要通貨ペアには1取引あたりの注文数量や保有ポジションに上限がない「大口」モードがあり、まとまった資金を運用する取引量の多いFX投資家も、ストレスなくトレードできるだろう。
【FX会社おすすめ比較】IG証券の公式サイトはこちら
【FX会社おすすめ比較】ゴールデンウェイ・ジャパンの公式サイトはこちら
スプレッドが業界最狭水準で、TradingViewとMT4の両方を使える!
◆ゴールデンウェイ・ジャパン
スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低取引単位
メキシコペソ/円 豪ドル/円 トルコリラ/円 南アフリカランド/円
0.3銭原則固定 0.5銭原則固定 取り扱いなし 0.9銭原則固定 29ペア 1000通貨
※南アフリカランド/円、メキシコペソ/円以外は、日本時間午前8時~翌午前5時に適用されるスプレッド。スプレッド・通貨ペア数・最低取引単位ともに「FXTF GX-FX」と「FXTF MT4」で共通
ゴールデンウェイ・ジャパンのおすすめポイント
ゴールデンウェイ・ジャパンは取り扱うすべての通貨ペアを「1000通貨」単位で取引できる、初心者にもおすすめのFX口座。基本口座の「FXTF GX-FX」には、世界中の多くのトレーダーに愛用されている高機能チャートツールの「TradingView」が搭載されていて、通常だと月額料金が必要な機能の一部を無料で使えるのも魅力。また、MT4(メタトレーダー4)を使って取引する口座「FXTF MT4」は、独自開発のインディケータや定型チャートが豊富で、日本を代表するMT4専用口座として人気が高い。1つの会社でTradingViewとMT4の両方が使えるのは珍しいので、詳細な相場分析をしたい人には特におすすめだ。主要5通貨ペアのスプレッドも狭いので、取引コストの低さを重視する人や、トレード回数の多い人にも向いている。「FXTF GX-FX」がマスター口座となるが、「FXTF MT4」も同時開設が可能だ。
【FX会社おすすめ比較】ゴールデンウェイ・ジャパンの公式サイトはこちら
【FX会社おすすめ比較】auカブコムFX(auカブコム証券)の公式サイトはこちら
信頼性の高さと、FXの専業会社に劣らないスペックが魅力
◆auカブコムFX(auカブコム証券)
スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低取引単位
メキシコペソ/円 豪ドル/円 トルコリラ/円 南アフリカランド/円
0.3銭原則固定 0.6銭原則固定 非公開 3.0銭原則固定 26ペア 1000通貨
※豪ドル/円は、日本時間午前9時~翌午前3時に適用されるスプレッド
auカブコムFX(auカブコム証券)のおすすめポイント
auカブコム証券の「auカブコムFX」は、主要通貨ペアのスプレッドが業界上位水準、最低取引単位が「1000通貨」で、低コストの少額取引が可能なFX口座。初心者が取り組みやすい少額取引は、取引ツール内で1回の注文量が1000~9000通貨までの「ミニ取引」を選択することで行うことができる。パソコン版の取引ツールには、プログラミングの知識を必要とせず、テクニカル指標などからオリジナルのストラテジ(売買戦略)を簡単に作成できる機能も搭載されているので、初心者も手軽にFXの自動売買(システムトレード)ができる。三菱UFJフィナンシャル・グループの一員という、信頼性の高さと安心感もポイント。
【FX会社おすすめ比較】auカブコムFX(auカブコム証券)の公式サイトはこちら
【FX会社おすすめ比較】FX PLUS(マネックス証券)の公式サイトはこちら
独自性の高いサービスと、大手ネット証券ならではの安心感が魅力
◆FX PLUS(マネックス証券)
スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低取引単位
メキシコペソ/円 豪ドル/円 トルコリラ/円 南アフリカランド/円
0.3銭原則固定 0.6銭原則固定 2.7銭原則固定 1.0銭原則固定 16ペア 1000通貨
FX PLUS(マネックス証券)のおすすめポイント
マネックス証券の「FX PLUS」は、取り扱うすべての通貨ペアで「1000通貨」単位の取引ができる、初心者にもおすすめのFX口座。主要通貨ペアのスプレッドの狭さは全体的に業界上位水準なので、コストを抑えた取引も可能だ。初心者向けの解説コーナーや情報コンテンツも豊富に提供されているほか、米ドルとユーロをFX取引の証拠金に使用できたり、口座内で日本円・米ドル・ユーロの3通貨間の両替ができるなど、独自性の高いサービスにも人気がある。FX以外の豊富な金融商品も取引できる、大手ネット証券ならではの強みもポイント。
【FX会社おすすめ比較】FX PLUS(マネックス証券)の公式サイトはこちら
【FX会社おすすめ比較】アイネット証券の公式サイトはこちら
業界トップ水準のスワップポイントと、自動売買機能で人気!
◆アイネット証券
スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低取引単位
メキシコペソ/円 豪ドル/円 トルコリラ/円 南アフリカランド/円
1.0銭原則固定 4.0銭原則固定 9.0銭原則固定 7.0銭原則固定 24ペア 1000通貨
※「ループイフダン」のスペック。「アイネットFX」の最低取引単位は1万通貨で、スプレッドは上記とは異なる。また、「ループイフダン」と「アイネットFX」では、取り扱い銘柄が一部異なる
アイネット証券のおすすめポイント
アイネット証券には「ループイフダン」と「アイネットFX」の2つの口座があり、口座開設すればどちらの口座も利用することができる。「ループイフダン」は取り扱いのある24通貨ペアのうち、高金利通貨を含む20通貨ペアでリピート系の自動売買(システムトレード)ができる口座。自動売買に関する情報が豊富に配信されてるほか、主要通貨ペアのスワップポイントが非常に高い口座としても知られているので、自動売買に興味がある投資家だけでなく、スワップポイントの水準を重視して中長期的にポジションを保有するスタイルを好む投資家にもおすすめ。「アイネットFX」は裁量取引に特化した、最低取引単位が「1万通貨」の口座だが、「ループイフダン」よりスプレッドの水準が狭く、スプレッドに上限を設定しているのが特徴。全44種類の豊富なテクニカル指標や、トレードの履歴を自動で分析してグラフ化してくれる機能を搭載した取引ツールも人気。
【FX会社おすすめ比較】アイネット証券の公式サイトはこちら
【FX会社おすすめ比較】外為オンラインFX(外為オンライン)の公式サイトはこちら
トレンドを自動で追従する「iサイクル2取引」が使える!
◆外為オンラインFX(外為オンライン)
スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低取引単位
メキシコペソ/円 豪ドル/円 トルコリラ/円 南アフリカランド/円
1.0銭原則固定 3.0銭原則固定 6.0銭原則固定 15.0銭原則固定 26ペア 1000通貨
外為オンラインFX(外為オンライン)のおすすめポイント
外為オンラインの「外為オンラインFX」は、独自のリピート系注文機能「iサイクル2取引」で、FXの自動売買(システムトレード)もできるFX口座。簡単な設定だけで稼働できる「iサイクル2取引」には、新規注文と決済注文を繰り返し出し続けるだけでなく、相場のトレンドを見極めて、取引に買いから入るか売りから入るかを、システムが自動で判断してくれる機能も搭載されている。そのため、一般的なリピート系注文機能の多くで有効性が高いとされているレンジ相場だけでなく、トレンドが発生している相場でも利益を期待することができる。速報系のマーケットニュースやオリジナルの情報コンテンツも豊富で、誰でも参加できる無料の会場セミナーや、Zoomを使った会員限定サポートなどの、初心者が安心して取引できる環境が整っているのもポイントだ。
【FX会社おすすめ比較】外為オンラインFX(外為オンライン)の公式サイトはこちら
【FX会社おすすめ比較】サクソバンク証券の公式サイトはこちら
150種類以上の通貨ペアを取引でき、FX以外のサービスも豊富
◆サクソバンク証券
スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低取引単位
メキシコペソ/円 豪ドル/円 トルコリラ/円 南アフリカランド/円
非公開 0.7銭原則固定 非公開 非公開 155ペア 1000通貨
※10万通貨までの取引量で、米国が夏時間(サマータイム)の期間中は日本時間8時~翌4時59分、米国が標準時間(冬時間)の期間中は日本時間9時~翌5時59分に適用されるスプレッド
サクソバンク証券のおすすめポイント
サクソバンク証券は、週明け月曜日の取引開始時刻が早朝午前3時~4時と、他社に比べてかなり早い時間から取引できるのが魅力。週末に為替相場を動かす大きなニュースがあったとき、その動きにいち早く対応することができるので、これだけで口座を作っておく価値がある。約定力の高さにも定評があるほか、取引できる通貨ペアは150種類以上と、他のFX口座を圧倒している。最低取引単位は「1000通貨」で、最低取引単位以上なら注文量を1通貨単位で設定できるという特徴もある。機能性に優れた取引ツールが使え、一部のツールには取引チャンスをリアルタイムで教えてくれる「オートチャーティスト」機能も搭載されている。
【FX会社おすすめ比較】サクソバンク証券の公式サイトはこちら
【FX会社おすすめ比較】マネースクエアFX(マネースクエア)の公式サイトはこちら
自動売買機能の元祖、「トラリピ」で人気のFX口座
◆マネースクエアFX(マネースクエア)
スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低取引単位
メキシコペソ/円 豪ドル/円 トルコリラ/円 南アフリカランド/円
非公開 非公開 非公開 非公開 16ペア 1000通貨
マネースクエアFX(マネースクエア)のおすすめポイント
マネースクエアの「マネースクエアFX」は、「トラリピ」で知られる独自開発の注文機能「トラップリピートイフダン」を使って、FXの自動売買(システムトレード)ができるFX口座。FXの自動売買といえば「トラリピ」と言われることがあるほど人気の機能だ。自動売買のロジックは、取引画面に表示されるガイドに沿って設定するだけで簡単に作成できるほか、マネースクエアのストラテジストが策定した戦略リストの中から選んで始めることも可能。「1000通貨」単位の取引が可能で、自動売買機能を使ってもスプレッド分のコストしかかからないのもポイント。セミナーや動画での情報配信にも力を入れているので、初心者も安心して取引できる。
【FX会社おすすめ比較】マネースクエアFX(マネースクエア)の公式サイトはこちら
【FX会社おすすめ比較】フィリップMT5(フィリップ証券)の公式サイトはこちら
MT5(メタトレーダー5)を使って取引する貴重なFX口座
◆フィリップMT5(フィリップ証券)
スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低取引単位
メキシコペソ/円 豪ドル/円 トルコリラ/円 南アフリカランド/円
非公開 非公開 非公開 非公開 24ペア 1000通貨
フィリップMT5(フィリップ証券)のおすすめポイント
フィリップ証券の「フィリップMT5」は、日本では珍しいMT5(メタトレーダー5)を使って取引できるFX口座。MT5は日本のFX投資家にも人気のMT4(メタトレーダー4)の後継版で、動作スピードやチャートの時間足・描画ツールの機能などが改善された、使い勝手の向上したツールだ。「フィリップMT5」は高金利通貨を含め、取り扱いのあるすべての通貨ペアを「1000通貨」単位で取引できるので初心者にも向いているほか、EA(エキスパートアドバイザー)と呼ばれるプログラムを稼働させることで、メタトレーダーの真髄ともいえるFXの自動売買(システムトレード)も可能になる。
【FX会社おすすめ比較】フィリップMT5(フィリップ証券)の公式サイトはこちら
【FX会社おすすめ比較】トライオートFX(インヴァスト証券)の公式サイトはこちら
シストレと裁量の両方を、アクティブに取引したい人におすすめ
◆トライオートFX(インヴァスト証券)
スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低取引単位
メキシコペソ/円 豪ドル/円 トルコリラ/円 南アフリカランド/円
非公開 非公開 非公開 非公開 20ペア 1000通貨
※自動売買機能を使った取引の1回あたりの注文数量が50万通貨未満の場合、注文数量に応じてマークアップ手数料がかかる
トライオートFX(インヴァスト証券)のおすすめポイント
インヴァスト証券の「トライオートFX」は、自動売買(システムトレード)と裁量取引の両方ができるFX口座。自動売買はロジックを組み合わせるだけ、あるいはあらかじめ用意されたものの中から気にいった条件を選んで稼働させるだけでも始められるので、FXの自動売買が初めての人も手軽に楽しめる。また、オリジナルのストラテジ(売買条件)を作成したり、既存の売買プログラムを改良したりもできるので、初心者だけでなく、自動売買を使った取引に興味がある幅広い層の投資家におすすめだ。取引量が50万通貨未満の場合は自動売買機能を使うと手数料が発生するが、編集部が確認した限りだと、通常時のスプレッドはそれほど広くないので、トータルの取引コストがそれほど高くならないのもポイント。
【FX会社おすすめ比較】トライオートFX(インヴァスト証券)の公式サイトはこちら
【FX会社おすすめ比較】FXブロードネットの公式サイトはこちら
資産や目的にあわせて取引コースが選べ、FXの自動売買もできる
◆FXブロードネット
スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低取引単位
メキシコペソ/円 豪ドル/円 トルコリラ/円 南アフリカランド/円
取り扱いなし 0.6銭原則固定 取り扱いなし 16.4銭原則固定 24ペア 1000通貨
※日本時間午前8時~翌午前4時に適用されるスプレッド。スプレッド・通貨ペア数は「ブロードライトコース」「ブロードコース」で共通だが、「ブロードコース」の最低取引単位は1万通貨
FXブロードネットのおすすめポイント
FXブロードネットには、最低取引単位が1000通貨の「ブロードライトコース」と、1万通貨の「ブロードコース」の2つの口座があり、さらに、複数の設定の中からロスカットの水準や強制決済の判定タイミングなどを選択できるのが特徴。スプレッドやスワップポイントの水準は共通なので、取引の目的や運用する資産にあわせて投資家自身がコースを設定できるというメリットがある。また、複数の新規注文と決済注文を自動で繰り返す注文機能「トラッキングトレード」が使え、簡単な設定だけでFXの自動売買(システムトレード)ができるのも人気の理由のひとつだ。自動売買の利用には取引手数料がかかるものの、自動売買ができるFX口座としてはスプレッドの水準が狭いので、トータルでコストを抑えた取引ができるのも魅力。「トラッキングトレード」の運用に役立つ、豊富なコンテンツも取り揃えられている。
【FX会社おすすめ比較】FXブロードネットの公式サイトはこちら
【FX会社おすすめ比較】岡三アクティブFX(岡三証券)の公式サイトはこちら
約定力の高さと約定スピードの速さで人気のFX口座
◆岡三アクティブFX(岡三証券)
スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低取引単位
メキシコペソ/円 豪ドル/円 トルコリラ/円 南アフリカランド/円
取り扱いなし 0.9銭 取り扱いなし 1.4銭 20ペア 1000通貨
岡三アクティブFX(岡三証券)のおすすめポイント
岡三証券の「岡三アクティブFX」は、取り扱うすべての通貨ペアを「1000通貨」単位で取引できるFX口座。スプレッドの狭さやスワップポイントの水準もまずまずで、ヒロセ通商と同じ「LIONFX系」のシステムを採用しているため、約定力の高さと約定スピードの速さにも定評がある。パソコン版の取引ツールは投資スタイルに合わせて自由に画面をレイアウトでき、最大で64個のチャートを管理できるなど機能性が高い。学習コンテンツやオリジナルの投資情報、人気講師によるセミナーなど、取引に役立つサービスの提供も充実している。
【FX会社おすすめ比較】岡三アクティブFX(岡三証券)の公式サイトはこちら
【FX会社おすすめ比較】ひまわり証券の公式サイトはこちら
主要5通貨ペアで、相場の動きに合わせた自動売買が可能!
◆ひまわり証券
スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低取引単位
メキシコペソ/円 豪ドル/円 トルコリラ/円 南アフリカランド/円
取り扱いなし 4.0銭原則固定 取り扱いなし 7.0銭原則固定 24ペア 1000通貨
※「ループ・イフダン口座」のスペック。「レギュラー口座」の最低取引単位は1万通貨で、スプレッドは上記とは異なる
ひまわり証券のおすすめポイント
ひまわり証券には「ループ・イフダン口座」と「レギュラー口座」の2つの口座があり、開設すればどちらの口座も利用が可能になる。「ループ・イフダン口座」は、米ドル/円、ユーロ/円、英ポンド/円、豪ドル/円、ユーロ/米ドルの5通貨ペアで、システムが相場の動きに合わせて自動で売買を繰り返す注文機能の「ループ・イフダン」が使え、FXのシステムトレード(自動売買)が可能になる。最低取引単位が「1000通貨」なので、初心者や少額取引を検討している人にもおすすめだ。「レギュラー口座」は最低取引単位が「1万通貨」の裁量取引に特化した口座だが、「ループ・イフダン口座」よりもスプレッドが狭く、取引の分析機能、多機能チャートなどを備えた、カスタマイズ性の高い取引ツールを使えるのが魅力。
【FX会社おすすめ比較】ひまわり証券の公式サイトはこちら
注)スプレッドなどの情報は調査時点のものであり、スプレッド縮小キャンペーンの開始や終了、基準スプレッドや取引ルールの変更などにより、掲載した内容と異なっている場合があります。詳細や最新の情報は、各FX会社の公式サイトなどで必ずご確認ください。すべてのスプレッドには例外があり、相場の急変時や流動性が低下したときなどは、スプレッドが拡大することがあります。本コンテンツの調査対象は法人口座ではなく、すべて個人口座となっています。
※証券や銀行の口座開設、クレジットカードの入会などを申し込む際には必ず各社のサイトをご確認ください。なお、当サイトはアフィリエイト広告を採用しており、掲載各社のサービスに申し込むとアフィリエイトプログラムによる収益を得る場合があります。
FX会社「キャンペーン」おすすめ比較(2022年7月) 各社の「キャッシュバック金額」を調査・比較して、 FXのお得な口座開設キャンペーンランキングを公開! FX初心者におすすめのFX会社「最低取引単位」ランキ ング! 主要なFX28社の「最低取引単位」を比較して、 FX初心者向きの“少額で取引できるFX口座”を紹介! FX口座「通貨ペア数」比較ランキング!(2022年7月) FX各社が取り扱っている「通貨ペア数」を調査して、 取引できる通貨ペアが多いFX口座のランキングを公開  FX会社おすすめ比較【2023年最新版】
FX口座「米ドル/円」のスプレッドを比較して、取引 コストが安いおすすめのFX口座をランキングで紹介! 【毎月更新】「米ドル/円スプレッド」ランキング FX口座「ユーロ/円」のスプレッドを比較して、取引 コストが安いおすすめのFX口座をランキングで紹介! 【毎月更新】「ユーロ/円スプレッド」ランキング FX口座「ユーロ/米ドル」のスプレッドを比較して、 取引コストが安いおすすめFX口座ランキングを紹介! 【毎月更新】「ユーロ/米ドルスプレッド」ランキング FX口座「豪ドル/円」のスプレッドを比較して、取引 コストが安いおすすめのFX口座をランキングで紹介! 【毎月更新】「豪ドル/円スプレッド」ランキング
【2024年5月7日時点】

【FX会社おすすめ比較】
最低取引単位や主要通貨ペアのスプレッドで比較
FX初心者におすすめのFX会社はココだ!

■少額から取引できる「最低取引単位が小さい、おすすめのFX会社」!

【FX初心者におすすめ!】MATSUI FX(松井証券)の公式サイトはこちら
1通貨単位の超少額から自動売買も可能な口座
◆松井証券
最低取引単位 スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
1通貨 0.2銭原則固定 0.4銭原則固定 0.3pips原則固定 20ペア
※米ドル/円は1000通貨、それ以外は1万通貨までの成行(ストリーミング)注文に適用されるスプレッド。規定を超える注文数量や成行以外の注文方法の場合、スプレッドの水準が異なる
松井証券のおすすめポイント
松井証券は最低取引単位が「1通貨」なので、実質数円からの超少額でFXを取引できる貴重なFX口座のひとつだ。取り扱う通貨ペアすべてが「1通貨」単位の取引に対応しているため、初心者や少額での取引を検討している人はもちろん、マイナーな通貨ペアをリスクを抑えながらお試し感覚でトレードしてみたい人にもおすすめ。注文方法によっては業界上位水準の狭いスプレッドが適用されるため、取引コストを抑えることも可能で、1通貨から手数料無料でFXのシステムトレード(自動売買)ができるのもポイントだ。松井証券のアナリストが金融政策やファンダメンタルズの観点から為替相場を解説する「FX MARKET VIEW」に加え、初心者向けのコンテンツ、投資やお金に関する注目情報などを配信する投資情報動画メディア「マネーサテライト」などの、豊富な情報サービスも魅力。レバレッジを4種類(25倍・10倍・5倍・1倍)のコースから選択できるので、リスク管理が苦手な人も安心して取引できる。
松井証券の関連記事
■松井証券(FX)のおすすめポイントやスプレッドや通貨ペア数を解説! 1通貨単位で取引可能、スプレッドも業界最狭水準でFX初心者におすすめ
【FX初心者におすすめ!】MATSUI FX(松井証券)の公式サイトはこちら
【FX初心者におすすめ!】マネーパートナーズの公式サイトはこちら
取引単位が100通貨で、条件次第では0.0銭原則固定で取引できる
◆マネーパートナーズ
最低取引単位 スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
100通貨 0.0銭原則固定 0.0銭原則固定 0.1pips原則固定 21ペア
※「パートナーズFX nano」のスペック。米ドル/円は日本時間午前8時~翌午前4時、ユーロ/円は日本時間午前9時~翌午前3時に適用されるスプレッド。各通貨ペアに設定された規定の注文数量を超える場合は、スプレッドの水準が異なる。「パートナーズFX」の通貨ペア数は28、最低取引単位は1万通貨で、スプレッドは上記とは異なる
マネーパートナーズのおすすめポイント
マネーパートナーズには「パートナーズFX nano」と「パートナーズFX」の2つの口座があり、開設すればどちらの口座も利用できる。初心者向けの「パートナーズFX nano」は最低取引単位が「100通貨」なので、取り扱うすべての通貨ペアを1000円未満の少額で取引できるのが最大の魅力。主要通貨ペアのスプレッドが狭く、特に、米ドル/円、ユーロ/円、英ポンド/円、豪ドル/円、メキシコペソ/円は、注文数量や時間帯に一定の制限はあるものの、「0.0銭原則固定」とコストがまったくかからず取引できるので、「少額・低コスト」の取引を求めている人におすすめ。一方の「パートナーズFX」の最低取引単位は「1万通貨」だが、約定力が極めて高く、狙ったレートで必ず約定させたい短期トレーダーには特におすすめだ。自動売買(システムトレード)機能が搭載された取引ツールを使えるほか、購入した外貨を外貨のまま引き出せる「現受け」や、保有している株式をFXの証拠金に充当できるサービスもある。
マネーパートナーズの関連記事
マネーパートナーズのおすすめポイントやスプレッド・通貨ペアなどを解説! 100通貨単位で取引できて、主要通貨ペアのスプレッドは驚異の「0.0銭原則固定」!
【FX初心者におすすめ!】マネーパートナーズの公式サイトはこちら

■スプレッドが狭くて「取引コストが安い、おすすめのFX会社」!

 米ドル/円のスプレッドが狭い、おすすめのFX会社はココだ!
【FX初心者におすすめ!】マネーパートナーズの公式サイトはこちら
取引単位が100通貨で、条件次第では0.0銭原則固定で取引できる
◆マネーパートナーズ
スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低取引取引
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.0銭原則固定 0.0銭原則固定 0.1pips原則固定 21ペア 100通貨
※「パートナーズFX nano」のスペック。米ドル/円は日本時間午前8時~翌午前4時、ユーロ/円は日本時間午前9時~翌午前3時に適用されるスプレッド。各通貨ペアに設定された規定の注文数量を超える場合は、スプレッドの水準が異なる。「パートナーズFX」の通貨ペア数は28、最低取引単位は1万通貨で、スプレッドは上記とは異なる
マネーパートナーズのおすすめポイント
マネーパートナーズには「パートナーズFX nano」と「パートナーズFX」の2つの口座があり、開設すればどちらの口座も利用できる。初心者向けの「パートナーズFX nano」は最低取引単位が「100通貨」なので、取り扱うすべての通貨ペアを1000円未満の少額で取引できるのが最大の魅力。主要通貨ペアのスプレッドが狭く、特に、米ドル/円、ユーロ/円、英ポンド/円、豪ドル/円、メキシコペソ/円は、注文数量や時間帯に一定の制限はあるものの、「0.0銭原則固定」とコストがまったくかからず取引できるので、「少額・低コスト」の取引を求めている人におすすめ。一方の「パートナーズFX」の最低取引単位は「1万通貨」だが、約定力が極めて高く、狙ったレートで必ず約定させたい短期トレーダーには特におすすめだ。自動売買(システムトレード)機能が搭載された取引ツールを使えるほか、購入した外貨を外貨のまま引き出せる「現受け」や、保有している株式をFXの証拠金に充当できるサービスもある。
マネーパートナーズの関連記事
マネーパートナーズのおすすめポイントやスプレッド・通貨ペアなどを解説! 100通貨単位で取引できて、主要通貨ペアのスプレッドは驚異の「0.0銭原則固定」!
【FX初心者におすすめ!】マネーパートナーズの公式サイトはこちら
【FX初心者におすすめ!】FXネオ(GMOクリック証券)の公式サイトはこちら
高いスペックと取引ツールの圧倒的な使いやすさで人気
◆FXネオ(GMOクリック証券)
スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低取引取引
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.2銭原則固定 0.4銭原則固定 0.3pips原則固定 20ペア 1000通貨
※相場状況にともない、2024年5月3日(金)より原則固定スプレッドによるレートの提示を一時休止中。最新の情報はGMOクリック証券の公式サイトで確認してください
FXネオ(GMOクリック証券)のおすすめポイント
GMOクリック証券の「FXネオ」は、口座数、取引高、証拠金残高などがトップクラスの、多くの投資家が利用している業界を代表するFX口座。スプレッドは、主要通貨ペアなら取引時間中は常に業界最狭水準で、高水準のスワップポイントにも定評がある。また、パソコン版とスマホアプリの両方で、他社の追随を許さない、高機能で使いやすい取引ツールを提供しているのも人気の理由だ。最低取引単位が「1000通貨」なので、FX初心者からベテラントレーダーまで、あらゆる投資家におすすめできる。GMOインターネット株式会社(東証プライム:9449)のグループ会社という、高い信頼性と安心感もポイント。GMOクリック証券には「FXネオ」のほかに、個別株を含めた豊富な銘柄が取引できる「CFD」や、バイナリーオプション専用口座の「外為オプション」もある。
FXネオ(GMOクリック証券)の関連記事
FXネオ(GMOクリック証券)のスプレッドや通貨ペア、おすすめポイントを解説! 取引ツールの使いやすさと高いスペックが人気の、FX業界を代表する口座!
【FX初心者におすすめ!】FXネオ(GMOクリック証券)の公式サイトはこちら
【FX初心者におすすめ!】ゴールデンウェイ・ジャパンの公式サイトはこちら
TradingViewとMT4の両方が使える、スプレッドは業界最狭水準
◆ゴールデンウェイ・ジャパン
スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低取引取引
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.2銭原則固定 0.4銭原則固定 0.3pips原則固定 29ペア 1000通貨

※日本時間午前8時~翌午前5時の時間帯に適用されるスプレッド。スプレッド・通貨ペア数・最低取引単位ともに「FXTF GX-FX」「FXTF MT4」で共通

ゴールデンウェイ・ジャパンのおすすめポイント
ゴールデンウェイ・ジャパンは取り扱うすべての通貨ペアを「1000通貨」単位で取引できる、初心者にもおすすめのFX口座。基本口座の「FXTF GX-FX」には、世界中の多くのトレーダーに愛用されている高機能チャートツールの「TradingView」が搭載されていて、通常だと月額料金が必要な機能の一部を無料で使えるのも魅力。また、MT4(メタトレーダー4)を使って取引する口座「FXTF MT4」は、独自開発のインディケータや定型チャートが豊富で、日本を代表するMT4専用口座として人気が高い。1つの会社でTradingViewとMT4の両方が使えるのは珍しいので、詳細な相場分析をしたい人には特におすすめだ。主要5通貨ペアのスプレッドも狭いので、取引コストの低さを重視する人や、トレード回数の多い人にも向いている。「FXTF GX-FX」がマスター口座となるが、「FXTF MT4」も同時開設が可能だ。
【FX初心者におすすめ!】ゴールデンウェイ・ジャパンの公式サイトはこちら
 ユーロ/米ドルのスプレッドが狭い、おすすめのFX会社はココだ!
【FX初心者におすすめ!】LION FX(ヒロセ通商)の公式サイトはこちら
「総合力」でトップレベル、豊富な通貨ペアと高スペックも魅力
◆LION FX(ヒロセ通商)
スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低取引取引
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.2~1.8銭 0.4~2.2銭 0.3~0.9pips 54ペア 1000通貨
LION FX(ヒロセ通商)のおすすめポイント
ヒロセ通商の「LION FX」は、50種類を超える豊富な通貨ペアを取引でき、最低取引単位は初心者にもおすすめの「1000通貨」、スプレッドの狭さは業界上位水準と、注目のスペックが総じて業界トップレベルのFX口座だ。FX業界ではおなじみの、趣向を凝らしたグルメキャンペーンでも多くのトレーダーに支持されている。目的や環境に応じて選べる豊富な取引ツールはどれも使いやすく、他のFX口座ではあまり見ない特殊な注文方法や機能も充実している。過去の取引からトレーダーのクセを分析して視覚化してくれる機能など、取引をサポートしてくれるサービスも人気。東証スタンダード市場に上場(7185)しており、国際的な社会貢献活動にも力を入れている。また、ヒロセ通商は「LION FX」のほかにも、主要な株価指数を取引できるCFD口座「LION CFD」、バイナリーオプション口座「LION BO」もある。
LION FX(ヒロセ通商)の関連記事
■「LION FX(ヒロセ通商)」のおすすめポイントやスプレッド・通貨ペア数などを解説! FX業界トップ水準のスペックで、FX初心者&短期トレーダーにおすすめ
【FX初心者におすすめ!】LION FX(ヒロセ通商)の公式サイトはこちら
【FX初心者におすすめ!】MATRIX TRADER(JFX)の公式サイトはこちら
超短期売買の「スキャルピング」を容認している珍しいFX口座
◆MATRIX TRADER(JFX)
スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低取引取引
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.2~1.8銭 0.4~2.2銭 0.3~0.9pips 41ペア 1000通貨
MATRIX TRADER(JFX)のおすすめポイント
JFXの「MATRIX TRADER」は、主要通貨ペアで「1000通貨」単位の取引が可能、業界上位水準のスプレッド、新興国通貨ペアの高いスワップポイントなどで人気のFX口座。約定力の高さと約定スピードの速さに定評があり、超短期売買のスキャルピングや連打注文を公式に容認する優れた取引環境もポイントだ。初心者だけでなく、取引回数の多い投資家も満足できるだろう。元為替ディーラーの小林芳彦社長が配信する短期売買方針は当たると評判で、これを見る目的のために「MATRIX TRADER」に口座を作る投資家もいるほどだ。ロイターの経済指標速報がほぼリアルタイムで配信されるサービスなど、情報配信面の充実ぶりも魅力。分析専用のツールとして、MT4(メタトレーダー)も利用できる。
MATRIX TRADER(JFX)の関連記事
■「MATRIX TRADER(JFX)」のおすすめポイントやスプレッド、スワップを解説! スキャルピングOKで、高金利通貨ペアのスワップも高くておすすめのFX口座
【FX初心者におすすめ!】MATRIX TRADER(JFX)の公式サイトはこちら
【FX初心者におすすめ!】外貨ネクストネオ(外為どっとコム)の公式サイトはこちら
他社を圧倒する豊富な情報コンテンツが魅力
◆外貨ネクストネオ(外為どっとコム)
スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低取引取引
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.2銭原則固定 0.4銭原則固定 0.3pips原則固定 30ペア 1000通貨
※日本時間午前9時~翌午前3時に適用されるスプレッド。ユーロ/米ドル、ユーロ/円は、2024年6月1日(土)午前3時までのキャンペーンスプレッド。スプレッドはすべて例外あり
外貨ネクストネオ(外為どっとコム)のおすすめポイント
外為どっとコムの「外貨ネクストネオ」は、スプレッドの狭さが業界上位水準で、「1000通貨」単位の取引ができるFX口座。取引に欠かせない速報系のマーケットニュースに加え、初心者~上級者までを対象にした学習コンテンツ、統計データなどのオリジナル情報が、質と量のどちらの面でも他のFX口座を圧倒しているので、あらゆるレベルのトレーダーにとって、FXの情報を収集するために持っておいて損をすることがない口座だ。「外貨ネクストネオ」で取引しているトレーダーの注文状況がひと目でわかる「外為注文情報」、各通貨ペアの将来の値動きを予測してくれる「ぴたんこテクニカル」の提供や、ポジションを決済せずにスワップポイントだけを確定収益として引き出すことができるなど、便利なサービスや機能も充実している。外為どっとコムには「外貨ネクストネオ」のほかに、外貨を最低1通貨から自動で定期購入して積立投資してくれる、外貨預金に似たFXの積立サービス「らくらくFX積立」、米ドル/円、ユーロ/円、英ポンド/円、豪ドル/円、ユーロ/米ドルを対象としたバイナリーオプション口座「外貨ネクストバイナリー」、主要な株価指数、商品(コモディティ)、米国の個別株をFXと同じように取引できるCFD口座「CFDネクスト」の提供もある。
【FX初心者におすすめ!】外貨ネクストネオ(外為どっとコム)の公式サイトはこちら
注)スプレッドなどの情報は調査時点のキャンペーンを含むもので、スプレッド縮小キャンペーンの開始や終了、基準スプレッドや取引ルールの変更などにより、掲載した内容と異なっている場合があります。詳細や最新の情報は、各FX会社の公式サイトなどで必ずご確認ください。すべてのスプレッドには例外があり、相場の急変時や流動性が低下したときなどは、スプレッドが拡大することがあります。本コンテンツの調査対象は法人口座ではなく、すべて個人口座となっています。
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事
みんなのFX(トレイダーズ証券)