• twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

ザ・ゴール2 コミック版

  • 紙版
  • 電子版

ザ・ゴール2 コミック版

書籍情報

  • 紙版
  • 電子版
  • エリヤフ・ゴールドラット 原作/岸良 裕司 監修/青木 健生 脚色/蒼田 山 漫画
  • 定価:本体1,300円+税
  • 発行年月:2016年03月
  • 判型/造本:46並製
  • 頁数:240
  • ISBN:978-4-478-06874-8

内容紹介

工場閉鎖の危機を救った新城吾郎。取締役に抜擢され、多角事業部本部長として手腕をふるっていた。ある日、取締役会の場で「業績不振」を理由に吾郎が統括している3社を売却せよとの緊急動議が出される。恩師ジョナに授けられた問題解決手法「思考プロセス」で、再び危機を乗り越えることはできるのか?

目次・著者紹介詳細を見る▼

目次

プロローグ 緊急動議 ── 傘下の3社を売却せよ!

第1章 思考プロセス ── 対立する雲を消せ

第2章 一筋の光明 ── Win-Winの解決策を探れ

第3章 犠牲の3社 ── 私の心は数字でしか動かない

第4章 根本の問題 ── 「小さな変化」で明るい未来をつかめ

第5章 現在から未来へ ── ネガティブ・ブランチを断ち切れ

第6章 最後の解決策 ── 競合他社が真似できないことは何か

エピローグ3つの目標 ── 企業が繁栄し続けるために

解説 充実した意義ある人生を送るための「思考プロセス」 岸良裕司





原作者

エリヤフ・ゴールドラット(1947-2011)
もともとはイスラエルの物理学者だったが、世界的な経営コンサルタントとして活躍。1984年に出版された『ザ・ゴール』は、革新的な内容に加え、異色の経歴もあいまって全世界で1000万人以上が読んだ大ベストセラーとなった。その中で説明した生産管理の手法をTOC(Theory of Constraints:制約理論)と名づけ、その研究や教育を推進する研究所を設立した。その後、TOCを単なる生産管理の理論から、新しい会計方法(スループット会計)や一般的な問題解決の手法(思考プロセス)へと発展させ、生産管理やサプライチェーン・マネジメントに大きな影響を与えた。
著書に、『ザ・ゴール』『ザ・ゴール2』『チェンジ・ザ・ルール!』『クリティカルチェーン』『ザ・チョイス』『ザ・クリスタルボール』『ゴールドラット博士のコストに縛られるな!』(いずれも小社刊)などがある。

プリント版書籍は下記のストアでご購入いただけます。
  • Amazon で購入
  • e-hon で購入
  • HMV&BOOKS online で購入
  • 紀伊国屋BookWeb で購入
  • セブンネットショッピング で購入
  • TSUTAYAオンラインショッピング で購入
  • BOOKFAN で購入
  • honto で購入
  • Honya Club で購入
  • ヨドバシカメラ で購入
  • 楽天ブックス で購入

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるためお取り扱いがない場合がございます。)

電子書籍は下記のサイトでご購入いただけます。

(デジタル版では、プリント版と内容が一部異なる場合があります。また、著作権等の問題で一部ページが掲載されない場合があることを、あらかじめご了承ください。)

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック