• twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

「個全システム」によるミーティング革新

〝横から目線〟のチームワーク化が会議の質を高める

  • 紙版

「個全システム」によるミーティング革新

〝横から目線〟のチームワーク化が会議の質を高める

書籍情報

  • 紙版
  • 藤田 英夫 著
  • 定価:本体1,500円+税
  • 発行年月:2018年07月
  • 判型/造本:46変上製
  • 頁数:128
  • ISBN:978-4-478-10589-4

内容紹介

「個全」とは「個なくして全なし、全なくして個なし」がコンセプトで、組織の理想の姿は、それを構成する人々の「個」が顕然としていて、しかもそれらが発展的に統合されて「全」となっている事、即ち、一人一人の「人間力」が相互作用してみんなが目標と思いを共有し、主体的、創造的に動くことが体質化している事である。

目次・著者紹介詳細を見る▼

目次



第1部「個全システム」はこういうミーティング手法だ

1 「横から目線」の組織化/芋洗いの論理
 個なくして全なし、全なくして個なし/“上”からの、横からの、“下”からの力/芋洗いのミーティング化

2 「個全システム」の3つのコア
 「衆合天才」論・コア①/「共育」論・コア②/完全「全員参加」のミーティング・コア③

3 「個全システム」のすすめかた
 「個」の顕在化・第1ステージ/「全」=「一覧一望」→「評価」→「討論/結論化」・第2ステージ/「分離・統合」・「個全システム」の更に/「個全システム」のすすめかた図解

4 「個全システム」活用の留意点
 「個」と「全」をびしっと区別/摺り合わせとは逆/書くのハードル/╳打ちのハードル/「事実」と「観念」の区別/リーダーの2つのトップダウン

5 「心の窓が開いた」と社長 ── 「個全システム」のナイスバリエーション
 勝負に出るか現状でいくか/「個全システム」をこう使った/トップが╳を打たれてしまった/「心の窓が開いた。ありがとう」と社長/「個全システム」は体質まで変えてしまう

6 「個全システム」活用のQ&A
 より根源的、重要な課題にこそ/リーダーが毅然として/どこまでもグループ内同質、外異質/「評価基準」をメンバーに出させてみたら/╳→〇は大いにOK

第2部「個全システム」によるミーティング革新の展開

第2部を読み取るにあたって

1 「コスパ」がきわめて高い リコー 機能材料開発センター グループリーダー 朝比奈大輔
 最大公約数を無理やりに/メンバー間で激しいやり取り/「いいからやれ!」/「疑問を持ったら╳を打て」/若手の態度が一変/コスト3分の1、作業時間2分の1に/指示待ちからの劇的な脱出/「個全システム」の何がいいのか?/コストパフォーマンスがきわめて高い

2 部下たちが「自分事」意識に 日本たばこ産業 北陸支社 副支社長 辻井篤志
 「改善」ではなく「改革」を/「組革研」でだめさを痛感/「対策病」の治療として/日頃から「書く」癖を/大方針と販促企画に/机上の紙で向き合い度がわかる/╳を打てない人間に参加権なし/ボトムアップで「方針」ができる

第2部の展開を読み取るための補記

1 「対象」とは
 「対象」が「対応」に自動変換されてしまう/「対象三角形」/「対応」は、s「対象」が決める

2 「事実」とは

3 「消化・発見法」とは

注記





著者

藤田英夫(ふじた・ひでお)
1933年、東京に生まれる。
組織革新研究会キャンパスリーダー。
大中企業の「人と組織」の変革・「人間力」再生の研究と実践にあたっている。
著作/『「状況」が人を動かす』(毎日新聞社)、『人を人として』(PHP研究所)、『人間力』(NTT出版)、『人間力をフリーズさせているものの正体』(シンポジオン)、『脱「三逆リーダー」』(ダイヤモンド社)。

プリント版書籍は下記のストアでご購入いただけます。
  • Amazon で購入
  • e-hon で購入
  • HMV&BOOKS online で購入
  • 紀伊国屋BookWeb で購入
  • セブンネットショッピング で購入
  • TSUTAYAオンラインショッピング で購入
  • BOOKFAN で購入
  • honto で購入
  • Honya Club で購入
  • ヨドバシカメラ で購入
  • 楽天ブックス で購入

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるためお取り扱いがない場合がございます。)

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック