• twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

ワールドクラスの経営

日本企業が本気でグローバル経営に挑むための基本の書

  • 紙版
  • 電子版

ワールドクラスの経営

日本企業が本気でグローバル経営に挑むための基本の書

書籍情報

  • 紙版
  • 電子版
  • 橋本勝則 著/昆 政彦 著/日置圭介 著
  • 定価:本体2,000円+税
  • 発行年月:2020年09月
  • 判型/造本:A5変並
  • 頁数:304
  • ISBN:9784478107188

内容紹介

日本企業のグローバル経営の現実——日本にグローバル企業はない
グローバル経営の「基本動作」に学ぶ

目次・著者紹介詳細を見る▼

目次

はじめに

3つの質問に答えられるか
真のグローバル企業は学び続け、変わり続ける
ワールドクラスのシンプルな経営行動

第1章 グローバルマネジメントの変遷

「移動」がもたらしたグローバル化
一様ではないが、つながっている世界
自社にとっての「グローバル」とは
国際展開とグローバル経営の進化
I ─ Rフレームワークとトランスナショナル・モデル
さらなる理想郷としてのメタナショナル・モデル
多様性を価値化する経営
 column この先の経営を考えるに当たって

第2章 組織の設計思想

大事なことは変わらない
古典的組織論が提示した分業、専門化、相互依存
マックス・ウェーバーの官僚制
フレデリック・テイラーの科学的管理法
アンリ・ファヨールの経営管理論
チェスター・バーナードの組織の定義
ノーベル経済学賞受賞者たちにとっての企業組織
アルフレッド・チャンドラーとイゴール・アンゾフの組織と戦略
コンティンジェンシー理論の登場と発展
ヘンリー・ミンツバーグのコンフィグレーション
ネットワーク、連邦制、ティール、そしてデュアル・システム
組織としての学習
コーポレートの機能
企業成長の因子と経路
組織のメガトレンド
ワールドクラスの組織設計の要諦
コーポレートが弱いと世界で戦えない

第3章 ワールドクラスの経営行動 ── コーポレートの実像

コーポレートの役割
常に「先」を意識する経営の仕掛け
メガトレンド分析の本気度
超長期と超短期の「両利き」
意図的な新陳代謝
共通言語は「数字」
要すれば「幅」のマネジメント
企業の「神経系」として機能するCxO
本当にChief(最高位)でOfficer(執行者)なのか
「小さい」だけでよいのか
 column 全体を整合させるCEO

第4章 ワールドクラスの経営行動 ── コーポレートのコア・ファンクション

◉ファイナンス
ファイナンス組織のミッション
価値創造に貢献するビジネス・ファイナンス
真のスペシャリストとしてのトレジャリー&タックス
リスクマネジメントの一翼を担う内部監査
オペレーションはどうしている? 
ファイナンス・リソースを経営判断に活かす

◉HR
HR組織のミッション
価値観を体現する組織とリーダーをつくるOD&TD
 column リスクコンシャスな人材の育成
コーポレート・スタッフとしての存在価値を示す

◉リーガル
リーガル組織のミッション
リーガル機能の「重さ」
社内外の知見を集約して成長を牽引する

◉テクノロジー
テクノロジー組織のミッション
テクノロジー組織を取り巻く環境の変遷
テクノロジー組織の機能
人間主体のマネジメント
 column 企業の体幹を支えるIT
 column 内外に気脈を通すコミュニケーション

第5章 日本企業に向けた比較考察

成功の功罪:日本企業が変われない理由
日本企業の“気づき”のきっかけ
比較考察
マネジメントを進化させるとき
変わるためにいま何をするのか

おわりに

主要参考文献





著者

橋本勝則(はしもと・かつのり)
YKK入社後英国子会社CFOとしてM&A2件、欧州持株会社・欧州統括会社を設立。デュポンでは自動車関連事業部シニアビジネスアナリスト、持分法適用会社財務報告システムのグローバルプロジェクトリーダー、内部監査マネジャーを経験。帰国後東京トレジャリーセンター設立、グローバルトレジャリープロジェクト参画を経て、デュポン取締役財務部長。現在は取締役副社長としてダウケミカルとの合併・3社分割を担当し、グループ会社ガバナンス、スタッフ部門担当役員。東京都立大学大学院経営学研究科特任教授。慶應義塾大学商学部卒業、デラウェア大学修士課程修了(MBA)。

昆政彦(こん・まさひこ)
GE横河メディカルシステムCFO、ファーストリテイリング執行役員、GEキャピタルリーシング執行役員最高財務責任者(CFO)等を経て、2006年住友スリーエム入社(現スリーエムジャパン)、財務担当執行役員等を経て、スリーエムジャパン代表取締役社長。早稲田大学大学院ビジネススクール(WBS)客員教授、グロービス経営大学院教員。一般社団法人日本CFO協会理事。早稲田大学商学部卒業、シカゴ大学経営大学院修士課程修了(MBA)、早稲田大学大学院博士(学術)取得。

日置圭介(ひおき・けいすけ)
税理士事務所勤務から英国留学を経て、PwC、IBM、デロイトでコンサルティングに従事。2020年6月よりボストン コンサルティング グループ(BCG)にパートナー&アソシエイトディレクターとして参画。コーポレート&ポートフォリオ戦略、コーポレート機能&組織設計、メガトレンド、グローバルマネジメント、CxOトレーニングなどのコーポレート・アジェンダに注力。立教大学大学院ビジネスデザイン研究科兼任講師。一般社団法人日本CFO協会主任研究委員、一般社団法人日本CHRO協会主任研究委員。南山大学経営学部(国際経営プログラム)卒業、英国国立ウェールズ大学大学院修士課程修了(MBA)。

プリント版書籍は下記のストアでご購入いただけます。
  • Amazon で購入
  • e-hon で購入
  • HMV&BOOKS online で購入
  • 紀伊国屋BookWeb で購入
  • セブンネットショッピング で購入
  • TSUTAYAオンラインショッピング で購入
  • BOOKFAN で購入
  • honto で購入
  • Honya Club で購入
  • ヨドバシカメラ で購入
  • 楽天ブックス で購入

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるためお取り扱いがない場合がございます。)

電子書籍は下記のサイトでご購入いただけます。

(デジタル版では、プリント版と内容が一部異なる場合があります。また、著作権等の問題で一部ページが掲載されない場合があることを、あらかじめご了承ください。)

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック