• twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あした死ぬ幸福の王子

ストーリーで学ぶ「ハイデガー哲学」

  • 紙版
  • 電子版

あした死ぬ幸福の王子

ストーリーで学ぶ「ハイデガー哲学」

書籍情報

  • 紙版
  • 電子版
  • 飲茶 著
  • 定価:1650円(本体1500円+税10%)
  • 発行年月:2024年06月
  • 判型/造本:46上
  • 頁数:280
  • ISBN:9784478114315

内容紹介

哲学者ハイデガーに学ぶ「死ぬときに後悔しない方法」
舞台は中世ヨーロッパ。登場人物は傲慢な王子と謎の老人。サソリに刺され、余命1か月を宣告された王子は自殺しようと湖に。そこに謎の老人が現れ、ハイデガー哲学を学んでいく。「生きるとは何か?」「人生とは何か?」当たり前の日常が愛おしくなる。

目次・著者紹介詳細を見る▼

目次

序章 ── 宣告

第1章 ── 死の哲学者

もし明日死ぬとしたら、何をする?/「死とは何か?」を考える前に/人間の思考の「限界」とは?/「存在」とは、思考の土台である/人はなぜ死を恐れるのか?

第2章 ── 現存在

「人間とは何か?」ハイデガーの答え/人間は「いつか必ず死ぬ不幸な存在」なのか?

第3章 ── 道具体系

人間以外は、すべて「道具」である/「道具」がなければ、私たちは生きていけない/では、人間も「道具」なのか?/人はみな、「幸福の王子」として生まれてくる

第4章 ── 本来的生き方

多くの人間が「非本来的」に生きている/人間と動物の「決定的な違い」とは?/「他者の視線」で人生を決めていないか?/死が持つ五つの特徴/死がもたらす「思いがけない贈り物」とは?

第5章 ── 死の先駆的覚悟

大切な人の余命を知ったら、あなたはどうする?/死など忘れて、毎日楽しく生きてはいけないのか?/今この瞬間も「死」を覚悟して生きよ

第6章 ── 良心の呼び声

「良心」がなければ、死とは向き合えない/あなたを襲う「無力感」の正体/何気ない日常で、目をそらしてはいけないもの/あなたにとって、「かけがえのない存在」とは?

第7章 ── 時間(被投性と企投性)

「二つの時間」を比較する/過去とは、勝手に放り込まれた世界/未来とは、ひとつしか選べない世界/現在とは、無力さを突きつけられる世
界/あなただけが選べる、たったひとつの可能性/人は「絶対に手に入らないもの」を求めている

第8章 ── 世界内存在

「死の恐怖」とどう向き合えばいいのか?

終章 ── 幸福の王子

エピローグ





著者

飲茶(やむちゃ)
北国生まれ。東北大学大学院修了。会社経営者。
哲学、科学、数学をわかりやすく解説するブログを立ち上げ、そのシンプルで奥深い内容に注目が集まる。その後、作家としての活動を開始し、30万部を超えるベストセラー『史上最強の哲学入門』(河出文庫)を筆頭に数々の書籍を世に送り出し、幅広い支持を集めている。
主な著書に『正義の教室』(ダイヤモンド社)、『史上最強の哲学入門 東洋の哲人たち』(河出文庫)、『哲学的な何か、あと科学とか』『哲学的な何か、あと数学とか』(ともに二見文庫)などがある。

プリント版書籍は下記のストアでご購入いただけます。
  • Amazon で購入
  • e-hon で購入
  • HMV&BOOKS online で購入
  • 紀伊国屋BookWeb で購入
  • セブンネットショッピング で購入
  • TSUTAYAオンラインショッピング で購入
  • BOOKFAN で購入
  • honto で購入
  • Honya Club で購入
  • ヨドバシカメラ で購入
  • 楽天ブックス で購入

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるためお取り扱いがない場合がございます。)

電子書籍は下記のサイトでご購入いただけます。

(デジタル版では、プリント版と内容が一部異なる場合があります。また、著作権等の問題で一部ページが掲載されない場合があることを、あらかじめご了承ください。)

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加