• twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

走りながら考える

人生のハードルを越える64の方法

  • 紙版
  • 電子版

走りながら考える

人生のハードルを越える64の方法

書籍情報

  • 紙版
  • 電子版
  • 為末 大:著
  • 定価:本体1,500円+税
  • 発行年月:2012年11月
  • 判型/造本:46並製
  • 頁数:216
  • ISBN:978-4-478-02287-0

内容紹介

陸上トラック種目で日本人初2つのメダル獲得を成し遂げ、現在はTwitterフォロワー数12万を超え、「自ら考え、語る知的アスリート」としてその発言にも注目が集まる為末大の生き方、考え方。挫折や苦悩、恥など、心の中に立ちはだかるハードルをいかにしにて乗り越えるのか等、生き方のヒントとなる考えが満載。

目次・著者紹介詳細を見る▼

目次

はじめに 人生で大事なことを、走りながら考えた

1章 心のハードルを乗り越えろ──恥と失敗、小さなプライドを捨てて決断せよ

「小さなプライド」というゴールに立ちはだかる高いハードル
失敗を「すべて」ではなく「一部」ととらえる
「恥ずかしい」という気持ちが、成長を止める
「自分」をあきらめない。立ち上がった瞬間が自信になる
自分で選んだものは、失敗や反省も含めて、濃い
「あのときはこれでよかったんだ」と思えることが、心を健全に保つ
自分自身の「臨界点」を知る
初動が速ければ、東大生にも勝てる
いつもの毎日を「続ける」ことは、他の人生を毎日「あきらめる」ことでもある
どうでもいいこだわりを、いかに減らせるかが成長の鍵
「人から失望される」という、恐れのハードル
「他人軸」から「自分軸」へシフトする
ありのままでいることは結構難しい

2章 限界が人を強くする──あきらめ、挫折、短所。視点が変わればプラスになる

残念ながら「やればできる」は幻
アスリート人生は、必ず途中で時間切れになる
限界を超えた先の「足りない自分」とつき合う
あきらめた数が多いほど、成功しやすい
小さいところで戦っていたら挫折はない
残念ながらほとんどの人生は負けで終わる
挫折は早いうちに味わったほうがいい
座右の銘は今すぐ捨てなさい
欠点には存在理由がある
短所の先には、まるで違う世界が見えてくる
自分の限界を感じることは、清々しいことでもある
たったひとつの「きれいごと」が、人生の価値を作る
夢を持ちなさい。たぶん叶わないけれど

3章 それでもなお、一番を目指す──結果ではなく、プロセスを楽しむために挑戦する

長期で追いかける大目標があると、短期であきらめるものが出てくる
「自分がもっとも頑張れそうなところ」で、目標設定をしよう
人の真似をしている限りは、ずっと2番のままだ
勝ちやすい「場」を探すのも手だ
負けとうまくつき合って一番を目指す
本当に強いのは、気づいたら努力していたという人
「勝ち負けがすべて」の世界と「モチベーションの持続」はトレードオフ
一番を「目指す」を、モチベーションに使う
結果に依存し過ぎると、敗北感が強くなる
一番を目指している。そのこと自体が幸せなのだ
人生を「楽しくするため」に一番を目指す
高みを「目指した」からこそ、見える景色がある

4章 心と体の声を聞け──心身の状態を知り、自身のパフォーマンスを高める

自分の限界は体感で理解する
心と体はどうしたって切り離せない
朝起きて10秒、「自分観察」の習慣
心も検温して体調を計る
休みどころを知っているから、踏ん張れる
足首が立つ、脛が光る、アスリートは体のコトバを持っている
「考えた」ではなく、「感じた」「思った」トークをしよう
マシンになれ。ただし3カ月だけ
心を抑えつけずにコントロールする
体感の先にあるものが、イメージ

5章 誰もが「死」に向かって走っている──下り坂でも、右肩下がりでも、ブレることのない「軸」を持つ

日々老いていく中で、いったい何を目指せばいいのか
1秒でも速くより、「今自己ベスト」を突き詰める
アスリートは「死」に向かって走っている
余命半年だとしたら、今の自分で本当に大丈夫だろうか
他人と比較して、自分の価値を計るのは無意味
子どもの頃にフタしてきたことを、終わらせにいく
「自分はちゃんとやりきった」が、一生ものの自信になる
ちっぽけな自分は、そんなに悪くない

6章 「自分」にイノベーションを起こそう──いつだって進化し続ける自分であるために

苦しいときこそ、種をまけ
自分の中にある無邪気なモチベーションを保つ
「それは自分らしいか」と確認をする
テンションが上がる原体験を思い出してみる
毎日の「プチ挑戦」を自分に課す
批判に慣れるため、小リスクに我が身をさらす
とにかく物理的に変えてしまおう
考え、問うことがイノベーションを引き起こす


おわりに 行きたいところへ行く道は、実はたくさんある





著者略歴

為末 大(ためすえ・だい)
1978年広島県生まれ。2001年エドモントン世界選手権で、男子400mハードル日本人初となる銅メダルを獲得。さらに、2005年ヘルシンキ世界選手権でも銅メダルと、トラック種目で初めて日本人が世界大会で2度メダルを獲得するという快挙を達成。オリンピックはシドニー、アテネ、北京の3大会に出場。“侍ハードラー”の異名を持つトップアスリート。
男子400mハードルの日本記録保持者でもある(2012年10月現在)。
2003年に大阪ガスを退社し、プロに転向。2012年6月、大阪で行われた日本陸上競技選手権大会を最後に、25年間の現役生活に終止符を打った。Twitterフォロワー12万以上(2012年10月現在)、「知的に語れるアスリート」として、言動にも注目が集まる。
2007年東京の丸の内で「東京ストリート陸上」をプロデュース、陸上教室・イベントに多数参加するなど、現役時代から陸上競技の普及に積極的に取り組む。2010年、アスリートの社会的自立を支援する「一般社団法人アスリートソサエティ」を設立。現在、代表理事を務めている。さらに、2011年、地元広島で自身のランニングクラブ「CHASKI(チャスキ)」を立ち上げ、子どもたちに運動と学習能力をアップする陸上教室を開催。また、東日本大震災発生直後、自身の公式サイトを通じて「TEAM JAPAN」を立ち上げ、競技の枠を超えた多くのアスリートに参加を呼びかけるなど、「スポーツを通じて社会に貢献する活動」を幅広く行う。
著書は、『走る哲学』(扶桑社新書)、『決断という技術』(共著、日本経済新聞出版社)、『日本人の足を速くする』(新潮新書)など多数ある。
爲末大学 http://tamesue.jp/

プリント版書籍は下記のストアでご購入いただけます。
  • Amazon で購入
  • e-hon で購入
  • HMV&BOOKS online で購入
  • 紀伊国屋BookWeb で購入
  • セブンネットショッピング で購入
  • TSUTAYAオンラインショッピング で購入
  • BOOKFAN で購入
  • honto で購入
  • Honya Club で購入
  • ヨドバシカメラ で購入
  • 楽天ブックス で購入

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるためお取り扱いがない場合がございます。)

電子書籍は下記のサイトでご購入いただけます。

(デジタル版では、プリント版と内容が一部異なる場合があります。また、著作権等の問題で一部ページが掲載されない場合があることを、あらかじめご了承ください。)

●AMAZONで購入予約する
●楽天で購入予約する
●セブンネットショッピングで購入予約する
●エルパカBOOKSで購入予約する
●e-honで購入予約する

Twitterのフォロワー数は12万7000超え、
「自ら考え、語る知的アスリート」として発言にも注目が集まる為末大が語る、
厳しい時代を生き抜くための自己鍛錬の方法や考え方とは。
25年の選手生活を振り返りながら、自分は何を考え、何を思い、何と戦いながら、
仕事、人生、そして自身の前に立ちはだかる高いハードルを
いかにして乗り越えたか、赤裸々に語る—。
「いつかは迎える死に向かって、老いという下り坂を走り続けた」等、
挫折や苦悩の中で得た幸せや達成感やその意義や意味等、為末節が光る一冊。
あたかも「人生哲学」書を読んでいるかのような奥深い内容になっている。
厳しい時代、高齢化社会(老いと向き合う社会)、
変化の中において、私たちビジネスパーソンが生き抜くヒントとなる名言が溢れている。

『走りながら考える』目次
1章 心のハードルを乗り越えろ
2章 限界が人を強くする
3章 それでもなお、一番を目指す
4章 心と体の声を聞け
5章 誰もが「死」に向かって走っている
6章 「自分」にイノベーションを起こそう

 

プリント版書籍は下記のストアでご購入いただけます。
  • Amazon で購入
  • e-hon で購入
  • HMV&BOOKS online で購入
  • 紀伊国屋BookWeb で購入
  • セブンネットショッピング で購入
  • TSUTAYAオンラインショッピング で購入
  • BOOKFAN で購入
  • honto で購入
  • Honya Club で購入
  • ヨドバシカメラ で購入
  • 楽天ブックス で購入

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるためお取り扱いがない場合がございます。)

電子書籍は下記のサイトでご購入いただけます。

(デジタル版では、プリント版と内容が一部異なる場合があります。また、著作権等の問題で一部ページが掲載されない場合があることを、あらかじめご了承ください。)

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック