• twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

ハーバード数学科のデータサイエンティストが明かす ビッグデータの残酷な現実

ネットの密かな行動から、私たちの何がわかってしまったのか?

  • 紙版
  • 電子版

ハーバード数学科のデータサイエンティストが明かす ビッグデータの残酷な現実

ネットの密かな行動から、私たちの何がわかってしまったのか?

書籍情報

  • 紙版
  • 電子版
  • クリスチャン・ラダー 著/矢羽野 薫 訳
  • 定価:本体1,800円+税
  • 発行年月:2016年08月
  • 判型/造本:A5並製
  • 頁数:280
  • ISBN:978-4-478-02299-3

内容紹介

ハーバード数学科を卒業後、仲間と創業した世界最大級の出会いサイト。そこから生み出された膨大なビッグデータから、普段は決して明かされることのない願望、恋愛、性的指向、容姿、偏見、アイデンティティ……本当のあなた自身が見つかる! ニューヨークタイムズをはじめ、全米メディアが絶賛する世界的ベストセラー。

目次・著者紹介詳細を見る▼

目次

訳者まえがき

イントロダクション ── ビッグデータは、あなた自身を語る

出会いサイトのビッグデータの価値はどこにある?
大きな数字から小さな個人を理解するアプローチ
現実のデータは男女をいかに語るか
本書の構成について
本書のデータは、既存のデータとどこが異なるか
ビッグデータの洪水が、世界を変える

PART 1 What Brings Us Together

そして、何が私たちを結びつけるのか?

Chapter 1 ビッグデータが語りかける男女の普遍的な傾向
ウッダーソンの法則
ウッダーソンの法則 vs. 現実的選択

Chapter 2 1000人の「まあまあ」よりも、たった1人の○○が欲しい
中間の人は関心を持たれにくい
欠点を大切にできる人の強さ

Chapter 3 私たちは、かつてなく文字を書いている
ビッグデータの中に記憶される「現代の手紙」
ツイッターで使われる言葉ランキング
ピザよ永遠に
メッセージを書く労力を分析すると
コピー・アンド・ペーストのリスクと効果

Chapter 4 あなたは、人と人をつなげる接着剤になれる
ネットワーク理論が教えてくれる新しい真実
カップルの人間関係の融合が意味すること
自分が自分の顧客になる

Chapter 5 ばかばかしいアイデアを実行してみたら
「恋は盲目」実験のはじまり
何気ない質問が予知能力を発揮する
ネットが変えた恋愛事情の一部とは

PART 2 What Pulls Us Apart

何が、2人を分けたのか?

Chapter 6 人種 ── けっして語られることのない重要因子
あえて直視したくないのか?
衝撃的事実
フェイスブックとOkキューピッドでは、振る舞いが異なる
白人の知られざる威力
根深い潜在意識問題

Chapter 7 美しい人がトクをする傾向は、加速している
美しいことは、いつ、どのように、良いのか?
「より写真中心」のウェブサイトが変化に拍車をかける

Chapter 8 「本当は何を考えているか」がわかる方法
グーグルで、人間は最も堕落した一面を見せる
オートコンプリートからうかがえる痛ましさ、愚かしさ
時代とともに変わる偏見
一人の物語が全員の物語になる

Chapter 9 炎上 ── 突然、嵐のような日々が訪れる
同僚の身に起こった、最悪の惨事
インターネットにおける卑劣なヤツの作り方
ネットの思考の流れを追跡する人々
私たちは、いつ、どのくらい残酷になれるのかを知らない

PART 3 What Makes Us Who We Are

自分らしさはどこにある?

Chapter 10 アジア人にしては背が高い
自己紹介のテキスト分析
自己紹介に使われる言葉の人気度は、ジップの法則に従う
アジア人はどうして『ノルウェイの森』が好きなのか?
使う言葉から読み取れる男女の根本的な違いは?

Chapter 11 どんな人と恋に落ちたいですか?
住む場所と性的指向の関係
同性との性的経験はありますか?
本当はバイセクシャル?
カミングアウトが普通になる日は近い

Chapter 12 居心地のいい場所はどこですか?
行政的な境界とは異なる境界線
フェイスブックが分けた全米7地域
性的オープンさと地域性
巨大掲示板サイト「レディット」上の合衆国
現代人はなぜ移住するのか?

Chapter 13 ネットの中のあなたのブランド
大勢のフォロアーを獲得するために
数が問題か
あなたのネット上の価値を0〜100で評価する
人間性を煮詰めて、数字に置き換える
定量化への反発は簡単に起きる

Chapter 14 ネットの中の足跡を追いかけると何がわかるか
あなたへの視線の出所
私たちはデジタルのパンくずを落としながら歩いている
誰にも知られたくない!
データサイエンスが生み出す新たな学問領域
プライバシーの保護は、限界に達している

エピローグに代えて

著者あとがき

原注





著者

クリスチャン・ラダー(Christian Rudder)
アメリカの大手出会いサイト OkCupid共同創業者。同社が運営する大人気のブログ「OkTrends」の執筆も手掛けた。ハーバード大学卒業(数学専攻)。


訳者紹介

矢羽野薫(やはの・かおる)
会社勤務を経て翻訳者に。慶應義塾大学法学部卒。主な訳書に『ヤバい統計学』『ナンバーセンス』(CCCメディアハウス)、『マイクロソフトでは出会えなかった天職』(ダイヤモンド社)、『ワーク・ルールズ!』(共訳・東洋経済新報社)などがある。

プリント版書籍は下記のストアでご購入いただけます。
  • Amazon で購入
  • e-hon で購入
  • HMV&BOOKS online で購入
  • 紀伊国屋BookWeb で購入
  • セブンネットショッピング で購入
  • TSUTAYAオンラインショッピング で購入
  • BOOKFAN で購入
  • honto で購入
  • Honya Club で購入
  • ヨドバシカメラ で購入
  • 楽天ブックス で購入

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるためお取り扱いがない場合がございます。)

電子書籍は下記のサイトでご購入いただけます。

(デジタル版では、プリント版と内容が一部異なる場合があります。また、著作権等の問題で一部ページが掲載されない場合があることを、あらかじめご了承ください。)

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック