• twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

6分間文章術

想いを伝える教科書

  • 紙版
  • 電子版

6分間文章術

想いを伝える教科書

書籍情報

  • 紙版
  • 電子版
  • 中野 巧 著
  • 定価:本体1,300円+税
  • 発行年月:2013年06月
  • 判型/造本:46並製
  • 頁数:160
  • ISBN:978-4-478-02477-5

内容紹介

7つの共感スイッチで、あなたの文章に革命を起こす新しい文章の教科書。80億円企業の社長からトヨタ・三菱東京UFJ銀行社員、大学教員、女子高生、小学校まで成果は実証済。いままで意識していなかった文章を書く前の6分間——「埋める⇒貼る⇒つなぐ」の1枚のチャートがあなたの文章を劇的に変える。

目次・著者紹介詳細を見る▼

目次

神田昌典氏はじめに

文章がうまくなるという噓

著者はじめに

99%の人が大きな誤解をしています。 相手の心を動かすのに、“文章力”はいりません!

・10年間の文章メソッドを結晶化した1枚のチャート
・なぜ、文章力はいらないのか?
・超一流企業のビジネスパーソンから小学生まで次々活用!
・共感力を呼び覚ますと文章が劇的に変わる
・共感される文章を書く人が、人生を制す時代
・文章が最悪に苦手だった私だからこそのノウハウ
・エンパシーライティングの背骨にある「建築的思考」

Part1 あなたの文章に革命が起こる「7つの共感スイッチ」

・あなたの文章の悩みを解決する「7つの共感スイッチ」
・【埋める ➡ 貼る ➡ つなぐ】── ゲーム感覚で文章をつくる3ステップ
・あなたの想いを文章として結晶化するのはカンタン

Part2 【埋める ➡ 貼る ➡ つなぐ】だけ! あなたの文章が6分間で変わる

・あなたの悩みを自動的に解決するエンパシーチャート
・【埋める ➡ 貼る ➡ つなぐ】の3ステップ
・すでに活用している人の驚きの声
  集     客:ソニーに勤めながら、全国14か所800名以上を動員した一大ムーブメントの読書会
  論     文:たった3日で35枚の論文を完成! スピードアップし、自信がよみがえった
  社 員 教 育:スタッフの文章の変化に感動! 5年の苦労が1日で解決
  卒 業 文 集:子どもたちの才能に涙。 ワクワクどころじゃない
  営     業:社長の熱い想いに感動! “エンパシー”で深くつながれた
  マーケティング:エンパシーライティングで全面リニューアル!
          フェイスブック、ブログ、ホームページ、全部が大変身
・エンパシーチャートの6つのボックスの秘密
・6分間でエンパシーチャートの流れをつかむ
・【なんで ➡ なるほど ➡ それならば】のフレームワーク
・なぜ、“ネガティブシンキング”があなたの文章を一気に飛躍させるのか?
・文章で驚きの結果を生み出す「共感3.0」の秘密
  ▶出口のない「共感1.0」
  ▶ヒーローとメンターが同居する「共感2.0」
  ▶パラダイムシフトを生む「共感3.0」

Part3 もしビジネス経験のない女子高生が、集客のためにエンパシーチャートを使ったら

・なぜ、高校生の文化祭企画がビジネスの普遍的な原則となるのか?
・女子高生が描いたエンパシーチャート

 埋める:1)ゴール設定(目標・役割・狙い)
     2)ポジティブなセリフ
     3)ポジティブな感情
     4)あなたが求める行動
     5)ポジティブへの言葉がけ
     6)ネガティブな感情
     7)ネガティブなセリフ
     8)ネガティブの背景・本音
     9)ネガティブへの言葉がけ
     10)テーマ・タイトル
 貼 る:私に翼をくれたエンパシーチャート
 つなぐ:あなたの知識や経験が「ストーリーの力」によって引き出される

・行動につながらない人の裏側の心理に想いを寄せてみると……
・エンパシーライティング(エンパシーチャート)の活用シーン
・一目でわかるエンパシーチャートの仕組み

Part4 5つのストーリーの「型」で、あなたらしい文章に変わる

・文章は【❸それならば】 ➡ 【❷なるほど】 ➡ 【❶なんで】の順でつくる
・エンパシーチャートの極めてユニークなノウハウ
 【ストーリーの型❶】 第1 ➡ 第2 ➡ 第3フェーズで成果があがるセールスレターの構成
             ▶ ❶共感 ➡ ❷新しい世界 ➡ ❸呼びかけのレター
 【ストーリーの型❷】 「なるほど!」と納得を生み出す「序論 ➡ 本論 ➡ 結論」の構成
 【ストーリーの型❸】 ストーリーで相手を惹きつけるコツ
 【ストーリーの型❹】 「現在 ➡ 過去 ➡ 未来」で自己プロフィールに磨きをかける
 【ストーリーの型❺】 「山と谷の曲線」であなたらしい文章にする方法
・「感情+論理」の化学反応が生み出す2つの効果
・セールスレターで絶対にやってはいけないこと
・「どう伝えるか」よりも「伝わってどうなったらいいか」

おわりに

共感を生み出す最大のカギ

謝辞

参考文献






著者

中野 巧(なかの・こう)
1976年生まれ。エンパシーライティングを開発し、「共感」をテーマにした講座やビジネスにおけるセールスレターコンサルティング、執筆活動をしている。
エンパシーライティングは、トヨタやソニー、三菱東京UFJ銀行、東芝、富士通、DeNAをはじめとする日本を代表する企業の社員や幹部が社内外で活用するだけではなく、ビジネスの枠を越えて、一部の小学校の卒業文集や作文指導、都立高校の授業、大学教員の論文作成にまで活用されるようになっている。
大学の建築学科を卒業後、積水ハウスで住宅の設計をしていたが、将来の独立には営業力が必須だと感じ、26歳でゼロからフルコミッション営業の世界に飛び込む。そこで違和感を感じながらも、グイグイ売り込む営業をするが結果を出せず、“半年間の給料が25万円”のどん底営業マンとなり、あっという間にクビに。その後、知人の紹介で業界最大手の通信会社の営業職に就く。
これまでの違和感と向き合うことで、「共感によってやさしいつながりが生まれる」と気づき、それまでの売り込みスタイルを捨て、相手に共感しながら、持っている情報をわかりやすく伝えることを徹底し、3か月後からは全国トップの営業成績を取り続けるようになる。
30歳を目前にして一念発起し、またもゼロからウェブマーケティングの世界で独立。その後、仕事の効率化のため、10年書き続けてきた独自の文章メソッドを1枚のチャートに結晶化し、エンパシーライティングを開発。
エンパシーライティング講座は、即効性とわかりやすさに定評があり、高額であるにもかかわらず、毎回すぐに満席となり、キャンセル待ちが続く人気講座となっている。また、ヨーロッパのビジネス書ベストセラー作家からも注目され、中国からの問合せも入っている。
この日本発の共感メソッドが海を越え、世界に広まることで、世界に共感があふれ、共感によってつながる、やさしい世界に貢献できると確信している。

【エンパシーライティング公式サイト】
http://empathywriting.com/

※エンパシーライティングおよびエンパシーチャートは、著者の登録商標です。

プリント版書籍は下記のストアでご購入いただけます。
  • Amazon で購入
  • e-hon で購入
  • HMV&BOOKS online で購入
  • 紀伊国屋BookWeb で購入
  • セブンネットショッピング で購入
  • TSUTAYAオンラインショッピング で購入
  • BOOKFAN で購入
  • honto で購入
  • Honya Club で購入
  • ヨドバシカメラ で購入
  • 楽天ブックス で購入

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるためお取り扱いがない場合がございます。)

電子書籍は下記のサイトでご購入いただけます。

(デジタル版では、プリント版と内容が一部異なる場合があります。また、著作権等の問題で一部ページが掲載されない場合があることを、あらかじめご了承ください。)

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック