• twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

好きな服だけ着ればいい

  • 紙版
  • 電子版

好きな服だけ着ればいい

書籍情報

  • 紙版
  • 電子版
  • レイチェル・ロイ 著/鹿田昌美 訳
  • 定価:本体1,400円+税
  • 発行年月:2018年11月
  • 判型/造本:46並製
  • 頁数:240
  • ISBN:978-4-478-10055-4

内容紹介

流行を知らなくても、自分の心に敏感であれば、その服は夢を叶える。おしゃれとは、もともと自分が幸せになるためにするものです。

目次・著者紹介詳細を見る▼

目次

はじめに おしゃれになれば、夢が叶う

自分が何を選ぶかは、自分で決定できる
理想の人生は、服が決める
ファッションセンスがいいことは、自己評価を高める
自分のレベルを一段格上げする服を着よう
一度や二度却下されてもあきらめない
まず、外見を「有能で教養がある」に整える

序章 他のだれかに気に入られようとするのは、絶対に勝ち目のない生き方をすること

ファッションは、「真似る」よりも「真似られる」
ファッションに感心を持たない国はない
「自分を特別な人間だと感じる」ことは、とても大切

第1章 ファッションも人生も夢を中心に考える

品格に色気をプラスした装いが、女性の聡明さを見せる
ブレザーは男女両方の魅力をミックスさせる特別なアイテム
ロングカーディガンは知性を感じさせる
ヴィジョンボードが夢を叶える
ヴィジョンボードはあなたがいるべき未来の場所
ヴィジョンボードにずっとあるものもある
ヴィジョンボードをつくる
目に入ってくるものは、あなたに影響を与える
ヴィジョンボードは、「あなたオリジナルの」センスを格上げする
ヴィジョンボードには、自分が暗い気持ちになるものは入れない
ヴィジョンボードをもとにおしゃれをしよう

第2章 おしゃれに欠かせないのは「ミックス」

メンズのテイストを取り入れると美しさが変わる
自由だからこそ、マイルールを持つ
すべての女性が持つべきメンズアイテム

第3章 色と柄をマスターする

柄を合わせることは、伝統的な深みを服にプラスすること
無難な白、黒、ベージュを卒業するには
人生全般もミックスする
白、黒、ベージュの無難なコーデは、他人の心に引っかからない
服は、自分に自由になれるチャンスを与える
日々の地味なプロジェクトが、大統領夫人に選ばれることだってある
「ちょうどいいファッション」が最高
カラーのテクニックを使う

第4章 ブランドアイテムの買いかた

アイテムを買うときは、「高くて長く使えるもの」と「安くて流行のもの」の二軸を持つ
服を買うときは「1回使うといくらか」を計算する
一生モノのアイテムは、人生に寄り添ってくれるから必ず持つべき
アナ・ウィンターとの初対面
ブランドものの役割は、着て「誇らしい気持ち」になること
小物にお金をかける順番

 コラム Handbags 101

第5章 成功するには、憧れの人になりきる

服装で成功する秘訣は、「賢さ、強さ、セクシーさ」を「1:1:1」に
本当に自信がある人に見せるには「セクシーさ」に「強さ」を足す
「自分がなりたい未来の自分」は何を知っているだろうか
あなたらしい「最新の情報」はSNSから得る
私がフォローしている人①ダイアン・ソイヤー
私がフォローしている人②カリーヌ・ロワトフェルド
白シャツは魔法をかける
働く女性が持つべきキーアイテム
お気に入りのパンツは最高の味方
ジュエリーは流行を考えずに選ぶこと

 コラム 正しいステートメントジュエリーの選び方

第6章 パーティの服は、「自分が心地よいもの」を着る

パーティ服では、「自分が心地よい服を着る」
メンズのものを着たいと思ったら
招かれたら、ファッションでお返しする
迷ったら、オードリー・ヘップバーンを真似するのがいちばん
パーティでエレガントに「外れる」アイテム

 コラム 花の美しさを服にも生かそう

第7章 抜けがあるとセクシー

「わざと出す、わざと隠す」がセクシーの基本
色気は、「女性自らがつくっている」という気配の中から生まれる
セクシーさを間違うと、女性がモノ扱いされる
モラルは譲らない
毎日起こる出来事の中、一貫して自分を愛することは難しい
「パワフル」と「セクシー」を五分五分に表現するといい

第8章 カジュアルな服は「かっこいい」以外認めません

「動きやすい服」は「かっこいい」以外は認めません
まずは、一緒に過ごす人に合わせた服を着る
モデルが参考にする着こなしとは
個性に「エフォートレス」を足すのがカジュアル
カジュアルシックのテクニック

第9章 トレンドは関係ない

ランウェイが過剰なのはなぜなのか
ファッション雑誌とはそもそも何か
影響を与えるのは「流行」だけではない
「自分らしく生きる」にはリスクがあることを知っておく
「無難」な服に飽きたら「コスプレ」を意識する
映画にヒントをもらう
ファッション雑誌以外の雑誌を買う

第10章 おしゃれな女性が持つべき小物

アクセサリーは、「見た人を夢中にさせるファッション」をくれる
自分のテイストから外れない

特別付録 大切なアイテムのケア

アイロンより、スチーマーを使う
靴の保護とケア
むりなサイズでもなんとかなる ── お直し
ブラの美学
毎朝快適なクロゼットのつくりかた
最大のミスはクロゼットのスペースを使い切っていないこと






著者

レイチェル・ロイ(Rachel Roy)
ファッションデザイナー、ブランド「Rachel Roy」創立者、クリエイティブディレクター。2004年に自身の名前を冠したブランド「Rachel Roy」を立ち上げ、洋服だけでなく、ライフスタイル関連のアイテムも国内外で大人気になる。また、起業や慈善活動についてのスピーカーとしても人気があり、世界各地で講演を行い、ホワイトハウスにも招かれた。慈善団体“Kindness Is Always Fashionable”を設立し、職人が安定した収入を生み出すための活動を行っている。アメリカファッション協議会(CFDA)会員。


訳者

鹿田昌美(しかた・まさみ)
翻訳者。国際基督教大学卒。訳書に『フランスの子どもは夜泣きをしない ── パリ発「子育て」の秘密』(集英社)、『レディ・レッスン ── ポジティブガールの教科書』(大和書房)、『いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55 ── IQが上がり、心と体が強くなるすごい方法』(ダイヤモンド社)などがある。

プリント版書籍は下記のストアでご購入いただけます。
  • Amazon で購入
  • e-hon で購入
  • HMV&BOOKS online で購入
  • 紀伊国屋BookWeb で購入
  • セブンネットショッピング で購入
  • TSUTAYAオンラインショッピング で購入
  • BOOKFAN で購入
  • honto で購入
  • Honya Club で購入
  • ヨドバシカメラ で購入
  • 楽天ブックス で購入

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるためお取り扱いがない場合がございます。)

電子書籍は下記のサイトでご購入いただけます。

(デジタル版では、プリント版と内容が一部異なる場合があります。また、著作権等の問題で一部ページが掲載されない場合があることを、あらかじめご了承ください。)

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック