• twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

ありえないレベルで人を大切にしたら23年連続黒字になった仕組み

  • 紙版
  • 電子版

ありえないレベルで人を大切にしたら23年連続黒字になった仕組み

書籍情報

  • 紙版
  • 電子版
  • 近藤 宣之 著
  • 定価:1650円(本体1500円+税10%)
  • 発行年月:2017年03月
  • 判型/造本:46並製
  • 頁数:268
  • ISBN:978-4-478-10159-9

内容紹介

倒産寸前から年商4倍、10年以上離職率ほぼゼロ、23年連続黒字の仕組み。女性管理職が3割!世界初のMEBOで注目される著者が、「7つの崖っぷち」にめげずに人を大切にしながら、「連続黒字」「人が辞めない」「ダイバーシティ」「運」の視点から解く。「黒字化はモチベーションが10割」の理由とは? 

目次・著者紹介詳細を見る▼

目次

プロローグ どんな会社も必ず再建できる!

■ 人を大切にしながら利益を上げる会社
■ 私が直面した「7度」の崖っぷち

1度目の崖っぷち
28歳で労組執行委員長に推され、29〜30歳で社員1000人のリストラに直面

2度目の崖っぷち
28歳のとき、生後3日の双子が病死

3度目の崖っぷち
米国法人リストラ中に、「二度の胃潰瘍」と「大腸ガン」に

4度目の崖っぷち
帰国後、本社の国内営業担当として幹部のリストラに直面

5度目の崖っぷち
瀕死の子会社「日本レーザー」への出向・再建指令

6度目の崖っぷち
社長就任直後に右腕の常務が部下と独立! 人材と商権を同時喪失

7度目の崖っぷち
親会社から独立する際、銀行が「6億円」の個人保証を要求

■ 会社が伸びる「たったひとつの方法」
■ なぜ、リストラ、サービス残業、セクハラ、マタハラはなくならないのか?
■ 亡くなった社員の子まで面倒を見る会社
■ 「強くてやさしい会社」が社員のモチベーションを引き出す

第1章 23年連続黒字は社員のモチベーションが10割!

社長の決意が「会社」を変える 社長の本気が「社員」を変える
   ■ なぜ、主力銀行からも見放されたのか?
   ■ 想定外の事態にどう対応するか
   ■ 会社が黒字転換しても、社員の不満が消えなかった理由

お金をかけずに、社員のモチベーションを高める「2つ」の方法
   ■ トラブルなどの悪い報告ほど、笑顔で聞く
   ■ 笑顔は性格ではなく「能力」
   ■ 社長の「なにげない声がけ」が社員を動かす

「今週の気づき」と「今週の頑張り」で5万5000通の社員メールと向き合う
   ■ 「今週の気づき」は、自分が成長するための決意表明
   ■ 「今週の気づき」では、どんなやりとりをしているのか?
   ■ 「今週の頑張り」は、社員の承認欲求を満たす施策
   ■ 「今週の頑張り」にはこんなことを書く

会議は「社員教育」の場であり社長の「広報宣伝活動」の場
   ■ 会社の成長は、社員の成長によって決まる
   ■ 社内でできる教育、できない教育
   ■ 「社長塾」を開催し、社長の思いを浸透させる
   ■ あえて社員を「えこひいき」することも
   ■ 会議も教育の場
   ■ 会議は、社長の「広報宣伝活動」でもある

海外出張を経験した分だけ社員が成長する理由
   ■ 社外研修でマネジメントを徹底して学ぶ
   ■ 出張する必要がない事務の女性社員も海外出張に派遣

社長の役割は、社員に「自己成長の機会」を与えること
   ■ 頼まれごとを断らずにやってみる
   ■ 社長23年で26社の商権喪失!
   ■ 覚悟が人を育てる
   ■ 最年少役員に抜擢された理由

どうしたら、社員が自発的に仕事をするようになるか
   ■ トップダウンでは組織は成長しない

第2章 10年以上離職率ほぼゼロ! 人が辞めない仕組みはこうつくる

“人を切り続けてきた私”がたどり着いた結論
   ■ 「1000人リストラ」に直面
   ■ 「去るも地獄、残るも地獄」で味わった2つの教訓
   ■ どんな理由があろうと「赤字は犯罪」

会社の目的はたった2つ! 「社員の雇用」と「社員の成長」
   ■ 「仕事」でなければ得られない3つの喜び
   ■ 会社は何のためにあるのか?
   ■ なぜ、「70歳まで再雇用」するのか

なぜ、「赤字は犯罪」なのか?
   ■ どんな環境でも利益が大事な理由
   ■ 会社の規模を大きくすることに意味はない

「社長」第一主義と「社員」第一主義を両立させる魔法の「働き方の契約書」クレド
   ■ 社長が志を明言しなければ、人を大切にできない
   ■ 「社長」第一主義と「社員」第一主義を両立させるには

なぜ、「2-6-2」の「下の20%」を切ってはいけないのか?
   ■ 「下の20%」は宝!
   ■ 「下位20%」は社員に気づきを与えてくれる
   ■ 週3回、人工透析をしながら、腎臓がなくても働く59歳の課長
   ■ 日本レーザーの社員が「好待遇の引き抜き」に応じない理由

「言いたいことが言える雰囲気」があれば、給料が安くても社員は辞めない
   ■ あなたは、社長批判を受け止める度量があるか?
   ■ 社員が絶対に辞めない「3つ」の条件
   ■ 強い組織をつくる「おぬし、やるな」という共感

「SOFT」な職場のつくり方
   ■ 社長が理想とする職場を示す

ダイバーシティ経営でいちばん大切なこと
   ■ ダイバーシティの2つのメリット
   ■ ダイバーシティをつくる「3つ」の条件

どうすれば、小さな会社でもグローバル人材が育つか?
   ■ 中小企業のグローバル化が急務

これからの時代、小さな会社こそ「英語力」なしでは生き残れない理由
   ■ 企業の命運を決める「2つ」の力
   ■ 飛行機に乗ったこともない社員でもTOEIC985点が取れた秘密
   ■ 私が英会話につまずいたいちばんの理由
   ■ 「社長塾」や「覚悟塾」で会話力を鍛える

60歳定年後も70歳まで再雇用できる仕組み
   ■ 60歳超の社員比率が2割
   ■ 女性社員には「貢献」を、高齢社員には「献身」を求める

社員が辞めないのは、会社がもうひとつの「家族」だから
   ■ 38歳「初産社員」が出産後も仕事を続けた理由
   ■ MEBOが成功した背景
   ■ ハイテクながらアナログな社風

第3章 なぜ、女性を大切にすると利益が上がるのか?

第一子妊娠・出産で女性社員が退職した例は「ゼロ」
   ■ 育児休暇後に復帰したくなる4つの理由

雇用契約は、「人によってバラバラ」が正しい
   ■ 成果を出してもらえば、働き方が他者と違ってもかまわない

なぜ、ひとつの業務に2人の担当者を配置するのか?
   ■ 特定の人しかできない「属人的な仕事」をなくす
   ■ マルチタスクは社員のためにある

なぜ、出産しても辞めないのか?
   ■ ロールモデルは、日本レーザーの宝
   ■ 妊娠・出産しても「辞めよう」と思わない理由

年収格差があっても、文句が出ない本当の理由
   ■ 納得性と透明性のある人事評価制度を構築
   ■ 家族手当と住宅手当を廃止、能力別に手当を支給
   ■ 粗利額の3%を当事者同士で分配する
   ■ 「総合評価表」で企業理念の実践度を評価

第4章 どん底から運をたぐり寄せるコツ

すべての問題は、自分の中にある
   ■ 社長が変わらなければ、社員も会社も変わらない
   ■ 「よからんは不思議、悪からんは一定とおもえ」
   ■ 経営危機が起きる5つの理由
   ■ 他責から「自責」の考え方が23年連続黒字を支えた

なぜ、「得か損かだけでない」選択をしたほうが結果的にうまくいくのか?
   ■ 自分の位置を確認する
   ■ 意思決定には「善良かどうか」が必要
   ■ 私が「一見損な」選択をする理由

わが子2人の死をどう受け止めたか
   ■ 試練があるから、成長がある
   ■ 苦難、試練、逆風、困難という砥石で自分を磨く

「修羅場」は最高の社員教育
   ■ リーダーに必要な5つの危機管理能力
   ■ トラブルは自分を磨く砥石

今やらねばいつやるのか? ここでやらねばどこでやるのか?
   ■ 無理難題に直面したら、「今、ここ、自分」と唱えてみる
   ■ 人生において2点間の最短距離は直線ではない
   ■ 遠回りこそ人生の最短ルート

エピローグ

   ■ 成功を引き寄せる4条件
   ■ どうすれば「運」がよくなるか

特別付録 「人を大切にしながら利益を上げる」問答集





著者プロフィール

近藤 宣之 (Nobuyuki Kondo)
株式会社日本レーザー代表取締役社長
1944年生まれ。慶應義塾大学工学部卒業後、日本電子株式会社入社。28歳のとき異例の若さで労働組合執行委員長に推され11年務める。そこで1000名のリストラに直面した後、取締役米国法人支配人、取締役国内営業担当などを歴任。
1994年、その手腕が評価され、債務超過に陥り、主力銀行からも見放された子会社の株式会社日本レーザー代表取締役社長に就任。
人を大切にしながら利益を上げる改革で、就任1年目から黒字化させ、現在まで23年連続黒字、10年以上離職率ほぼゼロに導く。
社員数55名、年商約40億円の会社ながら、女性管理職が3割。
2007年、社員のモチベーションをさらに高める狙いから、ファンドを入れずに役員・正社員・嘱託社員が株主となる日本初の「MEBO」(Management and Employee Buyout)を実施。親会社から完全独立する。
現役社長でありながら、日本経営合理化協会、松下幸之助経営塾、ダイヤモンド経営塾、慶應義塾大学大学院ビジネス・スクールなどでも講師を務め、年間50回ほど講演。その笑顔を絶やさない人柄と、質問に対する真摯な姿勢が評判を呼び、全国から講演依頼が絶えない。東京商工会議所1号議員。
第1回「日本でいちばん大切にしたい会社」大賞の「中小企業庁長官賞」を皮切りに、経済産業省の「ダイバーシティ経営企業100選」「『おもてなし経営企業選』50社」「がんばる中小企業・小規模事業者300社」、厚生労働省の「キャリア支援企業表彰2015」厚生労働大臣表彰、東京商工会議所の第10回「勇気ある経営大賞」、第3回「ホワイト企業大賞」など受賞多数。

プリント版書籍は下記のストアでご購入いただけます。
  • Amazon で購入
  • e-hon で購入
  • HMV&BOOKS online で購入
  • 紀伊国屋BookWeb で購入
  • セブンネットショッピング で購入
  • TSUTAYAオンラインショッピング で購入
  • BOOKFAN で購入
  • honto で購入
  • Honya Club で購入
  • ヨドバシカメラ で購入
  • 楽天ブックス で購入

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるためお取り扱いがない場合がございます。)

電子書籍は下記のサイトでご購入いただけます。

(デジタル版では、プリント版と内容が一部異なる場合があります。また、著作権等の問題で一部ページが掲載されない場合があることを、あらかじめご了承ください。)

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック