人間の終わり バイオテクノロジーはなぜ危険か

フランシス・フクヤマ 著 鈴木 淑美 訳
定価:本体2,000円+税
発行年月: 2002年9月
判型/造本:46上製
頁数:304
ISBN:978-4-478-18035-8

内容紹介

飛躍的に進歩した生殖医療とゲノムビジネスによって、“人間の次の生き物”が生み出されようとしている。

ブック検索

タイトル、著者名、キーワードなどから検索できます。

  • 最新の新聞広告
  • 週刊ダイヤモンド定期購読バナー(常設・CP)
  • 書籍オンライン245px
  • 図書目録バナー
  • ドラッカー日本公式サイト